心理カウンセラー資格の受験方法・資料請求方法

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は、在宅で受講でき、在宅で受験することもできます。スペシャル講座を選ぶと、受講するだけで心理カウンセラー資格を取得できるようになるため、とてもコスパも良いです。まずは無料の資料請求からはじめて、心理カウンセラー資格やそれ以外の魅力的な資格講座があるか探してみてください。

 

心理カウンセラー資格とは?

 

臨床心理士やセラピストなど人の心に関する資格は国家資格に始まり、民間資格、学会認定の資格など多種多様な資格が世の中にはあります。 その中でも心理カウンセラーは、クライエントの話にじっくり耳を傾け、心の悩みや苦しんでいることを取り除いたり、楽になるお手伝いをします

 

長い間生きていても、「心」というものがどういうものであるか分かる人はそう多くはないでしょう。また自分一人では整理しきれなかったり、抱えきれない悩みを持つこともあるでしょう。 そんな時、心理学などを専門的に学んだ知識や技術があるからこそ、困っている人を助けるお手伝いができることもあります。

 

このように心理カウンセラーは人々が生きていく上で支えとなり得る重要な役割で、このスキルを証明するものに資格としての心理カウンセラーがあります。

心理カウンセラーという名前の国家資格はありませんが、民間資格では多くの資格があります。

 

心理カウンセラー資格やそのスキルがあると教育機関や企業、医療機関など様々な場面で活躍する機会があります。心理カウンセラーというわかりやすい資格があると、就職や転職の時に有利に働くこともあります。

 

カウンセリングに求められること

相談者の悩みの本質を聞き出せるように

カウンセリングに求められることはまず相談者の悩みの本質を聞き出すことです。 人間は本能的に嘘をつくのが上手い生き物で、さらに悩みを相談したりあるいは自分の深いところを吐き出すと言うことにはなかなか抵抗があります。

 

これは本能的なものですので仕方がないことなのですが、どうしても相手がカウンセラーであり、さらにその場所がカウンセリングの場所だったとしても素直になれる限界というものがあります。

 

相談者が完全にリラックスをしていて、カウンセラーに対して深い信頼関係を持っていなければ、本質という部分で悩みを聞き出すことはほぼ不可能と言ってよいでしょう。

また中途半端に相談者の悩みがカウンセラーの耳に入ったという状況になると、そこから導き出される答えやセラピーの内容にブレが生じてしまう可能性も十分に考えられます。

 

つまり心理カウンセラーの本質は、いかに相談者と深い信頼関係を築き上げ、そして、安心して悩みを深いところから話すことができるような環境づくりをすることにある、ということになります。

 

相談者の気持ちに自分の感情を合わせること

相談者の気持ちにまずは自分の感情を合わせていくことがカウンセリングの第一歩です。 カウンセラーが全く違う感情を持っているのに、相談者の方が深刻な悩みを持ち込むということはまずできません。

 

また反対に相談者の方が沈んだ気持ちで深刻な悩みを打ち明けているのに、カウンセラーが楽観的に今日の夕飯のメニューなどについて考えているようでは、信頼関係を築くことはまず不可能と言ってよいでしょう。

 

このように相談者の気持ちに自分自身の感情をチューニングして同調することで、初めてカウンセラーは相談者の方の悩みの本質や心理的に深い部分まで診断をすることができるようになるというわけです。

 

この辺りのテクニックについては単純に気持ちを合わせるだけではなく、必要な部分のみ相談者に気持ちをチューニングし、その他の部分については心理的に引っ張られることのないように自分を強く持つというマインドセットも必要になります。

 

相談者が求めているのは解決ではなく共感かも

精神に深い悩みを持っていたり、現在心理的に体調が優れないという相談者の方がカウンセラー・あるいはカウンセリングそのものに求めているのは何でしょうか? 一般的にカウンセリングと言うと相談を受け、そして、それに対するアドバイスを与え、物事を解決に導くことというイメージがあります。

 

しかし、実際のところ、相談者の方がカウンセラー・あるいはカウンセリングそのものに求めているのは「解決」ではなく、カウンセラーそのものから得られる深い「共感」かもしれません。 精神的に深い傷を負っていたり、精神的に大変疲弊しているような状況だとカウンセラーからの共感を得たいという一心でカウンセリングを予約する方が多いというデータもあります。

 

実際にカウンセリング大国である米国では、カウンセリングの最中にカウンセラーが解決策やアドバイス助言などを与えることをせず、ただただ相談者さんの話を聞き真摯に耳を傾け、そして、共感することのみ行うというセラピーやカウンセリングも存在するのです。

 

特に女性の方はご経験があるかと思いますが、女性同士で恋愛相談をしている時は解決策が欲しいのではなく、共感してほしいから相談をしているというケースもあることでしょう。

 

こんな時に解決策をいきなり横の男性から提示されると、正直な話少しイライラとしてしまう…そんな経験をお持ちではありませんか? このように、時に精神に問題を抱えている人は解決策や助言が欲しいのではなく、共感を求めて相談やカウンセリングを求めるというケースもあるわけです。

 

心理カウンセラー資格ではこのように、相談者が求めているものの本質をきちんと見極めて対応するというスキルも得ることができるようになっています。 単純に相談を受けるのが上手い人ということではなく、きちんと専門的な教育を受け資格を持ったカウンセラーとしての仕事をするのであれば、やはりこのような専門知識と資格は必須と言ってよいでしょう。

 

理想は国家資格・認定心理士を取得すること

 

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は学習の最初の一歩

人の心や心理学を扱う資格には、国家資格として認定心理士というものが存在します。 認定心理士はやはり国家資格だけあり、非常に専門的で高度な知識を有する人でなければ試験に合格することはできません。

 

しかし、認定心理士という国家資格を持っていることで大変強い影響力を得ることも可能です。 特にキャリア形成という部分では認定心理士という国家資格を保有していることだけで、すぐに就職が決まったり、あるいはカウンセラー認定心理士という形で起業をすることもできます。

 

特に国家資格を持っているという信頼感から開業直後からお客さんが絶えず、人気のカウンセリングルームを運営することも可能です。

 

このようなカウンセリング関係の職業については、ビジネスという側面で考えても原価が非常に安く抑えることができるという側面があります。 このように原価が安いということは、ほぼ売上は利益に直結するというわけです。

 

そのため非常にビジネスを軌道に乗せやすいという性質があり、カウンセラーとして開業した後固定客を1か月から2か月程度でゲットして生活を安定させることができた、という方も多くいらっしゃいます。

 

心理学は大学で学ぶのが理想

国家資格である認定心理士などの「人の心を扱う仕事」については、非常に高度で専門的な教育を受け深い知識と卓越した技術を持っている必要があります。 そして、これらの専門教育を受けることができるのはやはり大学の心理学科です。

 

きちんと大学で四年間心理学科に所属して学習を積み重ねることにより、初めて国家資格レベルの深い知識を得ることができるようになるというわけです。 そのためもし心理学を本格的に今後勉強したいということであれば、大学に通いそこで勉強することが何よりも重要というわけです。

 

結果的には国家資格:認定心理士を目指して

心理カウンセラーという国家資格はありませんが、公認心理師という国家資格が最近誕生しました。こちらは大学、大学院と6年間心理学などを学び、国家試験に合格することで資格を取得できます。

 

似たものに臨床心理士もあります。こちらも大学、大学院と6年間勉強し、日本臨床心理士資格認定協会の試験に合格することでなることができます。厳密には国家試験ではありません。

 

また、認定心理士は大学を卒業した、または卒業見込みの人などが受験できる資格で、日本心理学会が認定している資格です。

こちらも厳密には国家試験ではありませんが、学会認定の資格として人気があります。

 

3つの有名な資格をご紹介しましたが、どちらもまずは大学を卒業しないと受験ができないという、専門性の高い資格です。数ヶ月勉強しただけでは取れないという点で、取得難易度の高い資格とも言えます。

 

資料請求は無料でWEBから申し込み

資料請求時に興味のある講座を3つまで選べる

こちらの口座は資料請求をするときに興味のある講座を3つまで選ぶことができます。そのため複数の講座が気になるが、制限があるため他の講座の資料請求は諦めたなどということはまず起こり得ません。

 

ネットから簡単に、3分もあれば申込みが完了するので忙しい合間でも十分に資料請求できます。 資料を送ってほしい住所、氏名、メールアドレス、電話番号を入力し、希望講座を選択するだけで簡単に終わります。

 

希望講座は3つまで選択できますので、気になる講座を複数資料請求できます。

また、自由に書き込めるメッセージ欄もありますので、もし4つ以上の資料請求をしたい場合はこちらに希望を書いてみるという方法もあります。 気になる資格の受講資料を取り寄せ、じっくり自分にあった資格を見つけてみると良いでしょう。

 

在宅受験(卒業課題)はテキストを見ながらでもOK

珍しいことに、心理カウンセラー資格は諒設計アーキテクトラーニングで取得した場合、試験を受ける必要はありません。 これはどういうことかというと、在宅受験、あるいは卒業課題の提出で資格取得をすることができるということを意味します。

 

つまり、実際に現場などに赴いて一発本番の試験を受け、結果がどうなるかという部分に関して一喜一憂する必要がどこにもないというわけです。 今までの積み重ねや実績を判断してもらえますので、本番に弱いという方や精神的にどうしても試験は緊張して辛い、という方については大変おすすめできる資格でもあります。

 

また在宅で卒業課題の提出に取り組むことになるわけですから、テキストを見ながら課題に取り組み、そして、資格を取得するということも十分に可能です。

 

これは実際に試験場などで行うと大変なことになりますが、こちらの講座ではきちんとそういった行動が認められていますので安心してテキストを見ながら取り組むことができるようになっているわけです。

 

受講しやすく取得しやすい心理カウンセラー資格

資格試験は取り組むことはもちろん重要ですが、それ以前にきちんと最終的に資格を取ることができなければ全く意味がありません。 そういった部分を考えると、今回ご紹介している心理カウンセラー資格は受講しやすく、さらに資格を取得しやすい試験だということが言えます。

 

とにかく即戦力で心理カウンセラーとして活動したいという場合には、こちらの講座を受講しスピーディーに、そして、自分のペースで心理カウンセラー資格を取ると良いでしょう。

 

心理カウンセラー資格ならセラピーもおすすめ

心理カウンセラーとカラーセラピーもおすすめ

心理カウンセリングと合わせるならば、カラーセラピー資格も取得しておくと良いでしょう。カラーセラピーは、人の心理にも良い影響を与えられるものですので、習得してあればカウンセリングに生かせることがあります。

 

カウンセリングルームのカラーを工夫できれば、相談者の気持ちをもっと確実に落ち着かせられるでしょう。他にもインテリアから人の心理をケアできるようにすれば、カウンセリングの効果もアップするはずです。

 

食育資格も応用できる

カウンセリングする時、日頃の食生活もアドバイスできれば、少しでも心理状態改善に役立ちます。食べているもの、食生活なども人間のストレス状態に影響がありますので、食事に関する提案もすれば、総合的なカウンセリング、アドバイスができます。

 

食事もカップ麺や、インスタント食品ばかりではなく、時にはケーキやスイーツを食べるのをありにし、無理なダイエットはしないように心理ケアするのが良いこともあります。生野菜を多く食べたほうが良いこともありますので、食生活の改善も合わせて提案できるようになりましょう。