スポーツフード資格|100%合格できる理由は課題提出式だから

スポーツフード資格は、2資格確実に取得できると評判です。特にスポーツの分野では、必ずしもアスリートとして売れるかわからないため、トレーナーやインストラクターとしての道を用意するため、スポーツフード資格があると可能性が広がります。課題提出式なので、スポーツに没頭しながらでも取得できる資格です。

 

スポーツフード資格は課題提出だけで合格できる

スポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターといったスポーツフード資格は、試験を受験して資格を取得するのが一般的です。そのため、スポーツフード資格を取得したいが、試験に合格できるかどうか不安を感じている人や試験がもともと苦手でスポーツフード資格の受験を躊躇している方もいるのではないでしょうか。

 

スポーツフードマイスター試験やアスリート栄養食インストラクター試験への受験に不安を感じている人は、日本安全食料料理協会や日本インストラクター協会指定のスペシャル講座の受講をおすすめします。各協会が指定するスペシャル講座を受講すれば、試験を受験することなく課題を提出するだけで資格を取得できます。

 

つまり、スペシャル講座を受講すれば、試験を受けなくてもスポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターの資格を得られるのです。スペシャル講座は試験を避けてスポーツフード資格を取得したい人にとって特にメリットがある講座と言えるでしょう。

 

スポーツフード資格の課題内容

5回の添削課題を早めに提出

スポーツフード資格の課題内容のひとつとして添削課題を挙げることができます。添削課題は5回分あり、スポーツフード資格を取得するためには必ず提出する必要があります。できるだけ早めに添削課題を提出して、課題をクリアすることをおすすめします。

 

また、添削してもらった箇所はしっかりと読み、もし間違えている箇所があるなら、正しい知識を覚え直すようにしましょう。添削課題5回を通して、知識の穴や欠点、覚えきれていない所、あなたの弱点も把握できますので、スポーツフード資格取得後にそれら弱点をカバーして仕事ができるようにしましょう。

 

1回の卒業課題を提出して合格

5回の添削課題を終えると、最後に卒業課題に取り組むことでスポーツフード資格取得を目指すことができます。添削課題とは異なり、卒業課題はたったの1回分です。卒業課題は1回だけですが、再提出になってしまわないようにきちんと提出しましょう。

 

この卒業課題は、大学や高校でいう最後のレポート提出、卒論のようなものです。総合的な知識が求められますので、それまで学んだことの総まとめとしてしっかりまとめ上げましょう。この卒業課題をクリアし、評価が70%以上もらえれば無事資格取得になります。

 

70%以上の評価があれば再提出なし

流石に卒業課題をただ単に提出すればスポーツフード資格に合格できるというわけではありません。スポーツフード資格を取得するためには、卒業課題で70%以上の評価を獲得する必要があります。

 

そのため、しっかりとテキストを理解した上で卒業課題に挑戦するようにしましょう。もし、卒業課題で70%以上の評価を得られなかった場合、卒業課題をやり直して再提出できます。

 

チャンスが1度だけではないので、安心して卒業課題に挑むことができるでしょう。

 

早めに添削課題、卒業課題を提出しておけば万が一再提出になっても、すぐに学習期間内に再提出できます。ギリギリの提出だと、時間が足りずに講座を修了できない可能性がありますので、早めの課題提出を心がけましょう。学習期間は6ヶ月はあるので、少しでも早めに課題提出すれば遅れることなく資格を取得できます。

 

マイペースにテキスト見ながら課題ができる

学校のレポート感覚で提出できる資格講座

スポーツフード資格取得を考えている人の中には、高校や大学でレポートを提出した経験があるという方もいるのではないでしょうか。スペシャル講座を受講すれば、学校と同じようにレポートを提出してスポーツフード資格を取得できます。実際にレポート提出した経験がある人なら、取り組みやすさを感じる方もいるのではないでしょうか。

 

外部の試験や、難しい試験、課題提出も何度も再提出させられるようなことは、よほどのことがなければ起こらないので、多くの方は真剣にスポーツフード資格講座を受講すればきちんと資格取得できます。

 

難易度は決して楽勝ではない

試験を受験する必要がなく、課題提出だけでスポーツフード資格を取得できますが、スポーツフード資格は誰でも簡単に取得できる楽勝な資格ではありません。もちろん、通常の講座とは違いスペシャル講座は受験の負担が軽減されますし、合格しやすくなっています。

 

しかし、スペシャル講座を受講した場合でも卒業課題で70%以上の評価を獲得する必要があります。卒業課題で70%以上の評価を得るためには、スポーツ栄養に関する知識をしっかりと身に付けることが求められます。決して無勉強で合格を目指せる資格ではないので、楽勝で合格できると考えるのは控えるようにしましょう。

 

きちんとスポーツフードの知識を身につけられる

スペシャル講座を受講すれば、スポーツフードに関する知識をしっかりと身に付けることができます。実際にどのような知識が身につけられるのかは下記の通りです。

 

  • スポーツ栄養の基礎
  • スポーツ選手の栄養を考えた献立
  • スポーツ選手のコンディションを考えた食事管理・指導
  • 運動量や競技に合わせてレシピを作るための知識
  • 持久力を上げるための食事
  • 疲労を回復させる食事
  • 風邪を予防する食事
  • 夏バテを予防する食事
  • 試合当日と前後の食事
  • 体重の減量や増量のコツ
  • 弁当に取り入れたいもの
  • サプリメントの使い方

 

これらの知識があれば、スポーツ選手に適切な食事指導、管理を行えるようになります。また、選手の悩みに合わせて食事のアドバイスもできるようになるので、アスリート栄養食のインストラクターとして活動していくことができるでしょう。

 

スポーツの時間を邪魔しないスポーツフード資格講座

マイペースにどこでも学べるから魅力的

スポーツフード資格取得を迷っている人の中には、勉強時間を確保できるかどうか不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そのような人でもスポーツフード資格講座は受講しやすくなっています。なぜなら、スポーツフード資格講座はいつでもどこでも自由に学ぶことができるからです。

 

スポーツフード資格講座は、テキストや添削課題にいつでも取り組めます。例えば、下記のようなケースでもスポーツフード資格講座を受講できます。

 

このように、いつでも自分のペースで勉強を開始できます。そのため、普段練習で忙しいスポーツ選手や合宿中の選手でも学びやすくなっています。また、いつでも学べるだけでなく、スポーツフード資格講座はどこにいても受講できます。例えば、下記のような場所を挙げることができます。

 

スポーツフード資格講座は学習場所を選びません。そのため、学ぶ意欲さえあれば、どこでも自由に講座を受講することができるでしょう。

 

最短2ヶ月、最長6ヶ月まで時間をかけられる

スポーツフード資格取得を目指す人によって、取得までにかかる時間は異なります。例えば、オフシーズンで時間に余裕がある人なら、1日に多くの勉強時間を確保できるため、早く添削課題に取り組んだり、卒業課題に挑戦したりできます。

 

そのため、時間に余裕がある人はスポーツフード資格取得までにあまり時間がかからないでしょう。一方、大会が控えていたり、合宿に参加したりしている選手は1日の中で確保できる勉強時間は限られます。そのため、資格取得までにかかる時間も自ずと長くなります。

 

スポーツフード資格講座を利用すれば、スポーツフード資格取得までのスパンをある程度自由に決めることができます。最短で2ヶ月、最長で6ヶ月まで時間をかけて取得を目指すことが可能です。資格取得までにかかられる時間があまりにも短いと忙しいスポーツ選手はスポーツフード資格取得が難しくなります。

 

また、あまりにも長いスパンが準備されていると受講を後回しにしがちになり、もっと早く取得できていたはずなのに長くかかりすぎてしまったという事態に陥る可能性があります。

スポーツフード資格講座は、早く取得したい選手や忙しい選手でも受講しやすいスパンが設けられているので、受講に魅力を感じられる人も多くいるのではないでしょうか。

 

受講開始のタイミングも工夫しよう

スポーツフード資格を通信講座で取得しようと考えている人の中には、いつから始めるのがベストなのかわからない方もいるでしょう。多くのスポーツフード資格講座は受講期間が設けられているため、受講開始のタイミングは非常に重要になってきます

 

もし、受講のタイミングを誤ってしまうと、期限切れになってしまたり、面接などスポーツフード資格で自分をアピールしたい時までに間に合わなくなってしまいます。そのため、しっかりと受講すべきタイミングは見定めることをおすすめします。

 

例えば、下記のようなタイミングでスポーツフード資格講座を受講すれば、時間に余裕を持って学習に取り組むことができるでしょう。

スポーツのオフシーズンや怪我をしている時 、1日の中で勉強時間を確保しやすい時にスポーツフード資格講座を受講することをおすすめします。

 

何故なら、時間に余裕がある時であれば、スポーツフード資格講座が提供している受講期間内にしっかりと取得することができるからです。逆に下記のような忙しいタイミングでスポーツフード資格講座を受講することは控えたほうがいいでしょう。

 

大会前の受講は避けたほうが良い

大会を控えているような時期は勉強時間を確保しづらく、スポーツフード資格講座を受講すべき適切なタイミングと言うことはできません。また、時間だけでなく身を置く環境にもしっかりと考慮すべきです。下記のような場合、勉強に集中しづらいためスポーツフード資格講座の受講はしっかりと検討する必要があります。

 

スポーツフード資格講座は無料ではなく、講座受講だけならば59,800円、試験が免除になるスペシャル講座ならば79,800円という料金がかかります。このスポーツフード資格講座は確実に資格を取得できるスペシャル講座を受けたほうがよく、試験免除、課題提出だけでクリアできるスペシャル講座の確認を忘れないようにして下さい。

 

「受講したが時間に余裕がなく取得できなかった」、「勉強に集中できずに最後まで卒業課題で70%以上の評価を得られなかった」というような結果にならないためにも、しっかりとスポーツフード資格講座受講のタイミングを見極める必要があるでしょう。

 

あなたもスポーツフード資格を100%取得できる

受講すべきタイミングを見極めてスポーツフード資格講座を受講すれば、多くの人がスポーツフード資格取得を目指すことができるでしょう。何故なら、スペシャル講座であれば、試験を受験することなく、課題提出すれば合格することができるからです。

 

試験をパスする必要がある通信講座よりも合格ハードルは下がりますので、学習が苦手な人でも合格しやすいでしょう。しかし、誰でも合格できるというわけではありません。スペシャル講座を受講した場合でも添削課題を提出する必要があります。

 

また、卒業課題で70%以上の評価を得なければなりません。スペシャル講座を受講すれば合格しやすいですが、テキストを読んだり、課題に取り組んだりしたりするなど、知識を身に付ける努力は必須です。そのため、努力しなくても誰でも取得できると考えるのは控えるようにしましょう。

 

一般の方へのアドバイスもできるように

また、これらの資格を取得すれば、スポーツ選手だけでなく、様々な人たちの食事管理や栄養に対してアドバイスをすることができるようになります。アドバイスできる人の対象がスポーツ選手の枠を超えて一般の人たちにも及ぶという点はメリットと言えるでしょう。

 

食事管理や栄養管理の資格を複数取得すれば、自ずと自分の実力がアップし、働ける場所が増えたり、アドバイザーやインストラクターとしての評価がアップしたりします。

そのため、スポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターだけでなく、ほかの資格への挑戦に魅力を感じられる人もいるのではないでしょうか。