食育資格は諒設計アーキテクトラーニングで同時に2資格ダブル取得

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格は、スペシャル講座を選んで受講すれば2資格、試験免除で取得できます。同時に2資格取得できるのは、諒設計アーキテクトラーニングのメリットでもあるので、課題提出、試験免除などを生かして、賢く受講しましょう。

 

食育資格は2資格取れる

21世紀に入ってから新しく設けられた学校の先生をご存知でしょうか? 栄養教諭と言います。 

 

栄養教諭は学校の栄養の先生として(正規教員)、児童に「食の自己管理能力」「望ましい食習慣」、つまり食育を教えることを役目としています。 教育現場でも近年注目されている食育。 その食育資格を完全在宅で、しかも2つの資格を同時に取得できるのが諒設計アーキテクトラーニングの食育スペシャル講座なのです!

 

諒設計アーキテクトラーニングの食育スペシャル講座を受講すると、食育健康アドバイザー資格、管理健康栄養インストラクター資格、という二つの資格をW取得することができるようになっています。

 

これらは食育や栄養、食材や食品表示に関する知識があることの証明になる資格ですから、特に下記のようなる条件に該当する方は取得がおすすめです。 食育資格取得におすすめの方は、

  • 健康に気を配りたい方
  • 食育に興味がある方
  • 食事制限など食事に配慮を配っている方
  • 栄養士や管理栄養士などを目指してる方
  • 栄養の資格は持っているけど差別化や視野を拡げたい方
  • 料理教室など食の分野で独立開業したい方

などです。

 

食育資格講座概要

講座名 食育資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 食育健康アドバイザー

管理健康栄養インストラクター

カリキュラム詳細

食育の基本/食育とは食育という言葉の意味/食育とは食育基本法/食育とは食育推進基本計画/食育とは食育月間と食育の日/食育とは厚生労働省の取組/食育とは地方の活動/食育とは諸外国での取組/食事と生活習慣病/高血圧/食事と生活習慣病/糖尿病/食事と生活習慣病/脂質異常症/食事と生活習慣病/メタボリックシンドローム/食事バランスガイド/栄養管理妊産婦/栄養管理乳幼児・小児/虫歯予防8020運動/虫歯予防子どもの虫歯予防法/虫歯予防成人/栄養素のはたらき炭水化物とは/栄養素のはたらきタンパク質とは/栄養素のはたらき脂肪とは/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンA/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンD/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンE/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンK/水溶性ビタミンとは ビタミンB1/水溶性ビタミンとは ビタミンB2/水溶性ビタミンとは ナイアシン/ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸/パントテン酸/ビオチン/ビタミンC/多量ミネラルとは/微量ミネラルとは/食育と身体/老化と酸化/老化と酸化の関係/老化と酸化/抗酸化物質のはたらき/老化と酸化/抗酸化作用による老化予防は可能か/腸内細菌叢について/腸内細菌叢とは/腸内細菌叢と疾患/善玉菌のはたらき/善玉菌の増やすには/食育と社会/学校教育における食育について/企業における食育/食育に関する話題/コレステロールを含む食品の制限の必要性/食育に関する話題/夕食と就寝時間/食育に関する話題/魚油摂取と脂肪燃焼細胞/食育に関する話題/口腔用の健康食品/食育に関する話題/体質を測定する/ながら食事はなぜダメなのか/世界保健機構が推奨する地中海食とは/日本食のすすめ/WHOの食育/医薬品と健康食品(サプリメント)の違い

1資格40000円相当の資格講座

スペシャル講座は79,800円

多くの場合、食育に関する資格を取得しようとすると、1つの講座で4万円相当の金額がかかります。 スクールに実際に足を運んで学習するタイプの資格取得講座の場合は、これに交通費などがプラスされることになることでしょう。

 

また場合によっては受講料とは別に受験料が必要になるケースもあり、その場合はさらに受験料として1万円から2万円程度がかかることになります。 合計すると8万円から9万円程度のコストが1資格あたりかかってしまうケースもあるのではないでしょうか。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングは違います。諒設計アーキテクトラーニングにはスペシャル講座というものが用意されています。 このスペシャルコースを受講すると2つの講座を合計79,800円で取得することができるようになっているのです。

 

また79,800円の中には受験料が含まれていますので、W資格を取得する際に別途受験費用がかかるということもありません。

また大変嬉しいことにスペシャル講座は完全在宅で学習を進めることができ、さらに資格取得も在宅で行うことができるような仕組みを持っています。

 

そのため交通費なども0円で取り組むことができます。こうなると最終的なコストとしては交通費は0円、受験料もコミコミで79,800円で資格取得まで全て完結できてしまいます

 

また試験免除で取得することができますので、すべての資格において受験は必要ありません。

 

それでいて資格の内容は非常に充実しており、資格の内容を履歴書に書くこともできるわけですから、迷わず資格を取得するために諒設計アーキテクトラーニングの匠コースを受講したいところです。

 

通常講座は59,800円で受験が別になる

諒設計アーキテクトラーニングで受講できる資格にはスペシャル講座と通常講座の2種類が存在します。 通常講座は59,800円から受講が可能になっていますが、これは試験が別になります。つまり別に受験を受けなくてはならないということです。

 

この受験には費用が別途1万円ほどかかりますし、2資格受験するとなると受験料に別途2万円かかり、合計79,800円かかる計算になります。 79,800円というとスペシャル講座と同じ値段ですね。 また、せっかく受験した試験が不合格になるとさらに受験料を払って再受験するケースもあります。

 

そうなる試験免除で資格が取れるスペシャル講座よりも高額なコストがかかってしまう可能性があります。 「自分は試験に1発で合格できる」 という絶対的な自信を持っている方以外は、

最初からスペシャル講座を受講しておく方が実際にはコストパフォーマンスに優れると言ってよいでしょう。

 

またスペシャル講座は試験免除ということになりますので、特別な受験対策勉強などに時間を割くことなく限られた時間の中でより本質に踏み込んだ部分を学習することができるというのも、諒設計アーキテクトラーニングが展開しているスペシャル講座の良いところといえます。 事実として受講生からの評判が上々なのもこちらのスペシャル講座です。

 

カリキュラムで2資格分学習できる

まとめて勉強できるので負担は少ない

スペシャル講座を受講すると1つのカリキュラムで2つの資格のための学習をできます。 通常の場合はダブル資格の取得に向けて学習を行うと、それぞれの資格について別個に学習を進める必要があります。

 

そのため非常に時間が取られることになり、結局モチベーションを維持することができずに挫折してしまうというケースもあるほどですが、諒設計アーキテクトラーニングでは様々な経験からこのようなモチベーションの低下を引き起こす原因をすでに把握しています。

 

それらを打破するため、1つのカリキュラムで2つの資格を同時に学習できるような洗練されたカリキュラムを立ち上げたというわけです。 これによりまとめて効率的に勉強することができますので、本人の負担は少なく、そして、学習は楽しく進めることができるようになっています。

 

また学習の内容や進み具合については、それぞれの課題で添削課題というものが存在しますので、課題提出を行うことでどのくらい自分が学習内容を理解しているかという学習進度を確認することができるようになっています。

 

課題提出がちょうどよい知識のまとめになる

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格はスペシャル講座を受講すると課題提出が受験の代わりになります。 つまり資格取得のためのテスト勉強などが必要ない、というわけです。

 

しかし、これでは試験勉強を行わないということになりますので、知識の確認ができないという疑問や懸念を抱かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ご安心ください。諒設計アーキテクトラーニングで展開している食育資格については、課題提出をスペシャル講座で義務付けています

 

つまりこのスペシャル講座で課題を全て提出しないと資格が取れないということになります。 また、提出しなければならない課題はちょうど良い知識のまとめになるように設計もされています。

 

自分で学んできた内容を課題提出という方法で再度整理することができるようになっており、これにより学習の段階を進めることが可能となっています。

無理なく頭に記憶させ・無理なく知識をすぐに取り出すことができるような記憶の結びつきを脳内に構築することができる、というわけです。

 

マイペースに学べるので辛くない

多くのスクールでは学習を進めるのにある程度のカリキュラムを学校側で組み立てるケースが大多数です。そのため自分のペースで学習するというのが非常に難しく、場合によっては学校で進んでいる進み具合と自分の中での進み具合にズレが生じてしまい、結果的に学校を辞めてしまったり資格取得を諦めてしまうというケースが多々報告されています。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングはマイペースに学ぶということも非常に重要視していますので、マイペースに学ぶことができるようなカリキュラムを作りました。 つまり決められた期間の中であれば、自分のスケジュール・ペースに合わせて学習することができるようになっている、というわけです。

 

もちろんスペシャル講座を受講している場合は最後まで課題の提出が求められますが、それでもそこまで短期集中型で学習をしなければならないということではありませんので、安心して学習を進めることが可能です。

 

途中で挫折しないか心配な方へ

課題提出が目標になるから安心

今までたくさんの資格取得の講座を受けてきた・あるいは資格勉強をしてきたけれどもなかなかゴールにたどり着くことができなかった、または途中で挫折してしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そして、そういった方については、今回諒設計アーキテクトラーニングで食育の勉強をしても同じように挫折してしまうのではないかと心配ではありませんか? こちらもご安心ください。諒設計アーキテクトラーニングではスペシャル講座を受講することにより課題提出という定期的な目標が定まります

 

この課題提出は講座の最後にまとめて出せば良いというものではなく、一定期間ごとに提出していかなければそもそも資格が取れませんので、モチベーションが切れることなく適度に学習のためのストレスがかかります。 そのため一定のペースで継続して学習を進めることができるようになっています。

 

反対にこのような目標さえあれば、きちんと学習を進めることができ、そして、資格取得まで走りきることができる自信があるという方についてはこの諒設計アーキテクトラーニングが展開している食育資格の通信講座を受講されると良いでしょう。

 

試験がないので圧迫感も少なめ

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格は、スペシャル講座を受講して資格取得を行うと試験がありません。そのため受験勉強をしなければならない・あるいは受験当日を迎えてとても緊張するというような心理的な圧迫感を軽減できます。 それでいてきちんと資格は取得できるという至れり尽くせりのカリキュラムを持っています。

 

特に、受験というものにトラウマを持っていらっしゃる方についてはこのような受験イベントが発生する取り組みを避けてきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座では受験がありませんが、資格を取得できます。安心して受講しましょう。

 

短期集中でも学べるので一気に進めるのもあり

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は決められた時間の中で課題提出を行うことにより資格を取得することが可能となっています。 それはつまり自分で学習のペースを組み立てることができる、というわけです。

 

そのため万が一のアクシデントがあった場合にもある程度、余裕を持ったスケジュール設定をすることによって自分で調整をすることができるというわけです。 しかし、ある程度ゆったりとしたスケジュールを組むことができるということは反対に 「短期集中型で学ぶ」ことができるということになります。

 

諒設計アーキテクトラーニングはじっくりと時間をかけて学習したいという人から人気を集めていますが、それと同じくらい短期集中型でとにかく、最速で資格を取得したいという方からの人気も集めています。

 

諒設計アーキテクトラーニングで食育資格を取ろうとするとスペシャル講座を受講した場合に限り、最短で2ヶ月から2ヶ月半程度で資格を取得することができるようになっています。 最長で半年程度の時間が与えられていますが、この半分以下の時間で資格を取得することができるというのも、非常に自由度の高い講座と言えるでしょう。