心理カウンセラー資格は試験免除で一発取得

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は、試験免除、試験無しで同時に2資格取得できると評判です。2つの資格を同時に取得できる「併願」のようなものと考えて頂くと良いでしょう。課題提出で特別に取得できるスペシャル講座を活用することをおすすめします。

 

課題提出だけで資格取得できる諒設計スペシャル講座

通常の心理カウンセラー資格の取得講座は、講座を受講した最後に試験を受けなければならないケースがあります。 そして、場合によっては実際に通学するなどの方法で講座を受講しなければならないケースすら存在します。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングのスペシャルコースであれば、心理カウンセラー資格をなんと課題提出のみで取得することができるようになっています。

 

資格取得のみで心理カウンセラー資格が取得できるということは、いわゆる実技試験や筆記試験などをパスすることができる特別なルートを持っているということに他なりません。 特に、じっくりと課題に取り組むことはできるものの、いわゆる一発勝負の試験など本番に弱い性格の方にはおすすめできる内容と言えるでしょう。

 

テキストを見ながら課題を作成できる

在宅だからテキストで確認しながらレポートを作れる

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は、テキストを見ながら提出すべき課題を作成することができるというメリットがあります。 通学の上で講座を受けている場合には、なかなかテキストを見ながら課題を作成するということが難しいのではないでしょうか。場合によってはルールとして禁止されているケースもあることでしょう。

 

しかし、こちらの講座であれば在宅だからこそテキストで重要な部分を確認しながら課題を作成することが可能です。 つまり制限時間も厳密には定められていませんし、自分のペースでコツコツと取り組むことができるということにもなります。

 

課題提出が知識の整理になって効率的

テキストを確認しながらレポートや課題の作成が行えるということは、それだけ知識の整理をするチャンスが通常の心理カウンセラー資格取得のコースよりも多く得られるということに他なりません。 人間の知識というのはテキストを読んだり、話を聞いたりするだけでは記憶として定着しません。 人間は記憶の段階が三つほどあります。

 

まず、目で見たり耳で聞いたり、あるいは紙に書いたものは短期記憶として一旦脳に入ります。 これは脳の中では短期記憶という位置付けの情報ですから、一定期間が経過するとその記憶は失われてしまいます。これが教科書を読んだだけではすぐに記憶が消えてしまうという現象となります。

 

しかし、課題提出などの状況が発生することにより、一度短期記憶というフォルダに入った情報を再び引き出して情報を整理する作業が発生します。

これにより人間の脳は教科書から入ってきた情報を自分にとって必要な情報である、あるいは重要な情報であると認識するようになり、中期記憶のフォルダあるいは長期記憶のフォルダに情報を再度収納することになります。

 

不思議なもので中期記憶や長期記憶のフォルダに入っている情報というのはなかなか忘れにくい仕組みとなっており、これがいわゆる知識が定着しているという状況になります。 諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格はこの部分を上手く利用しており、課題提出という目的の中で自分の記憶を再度整理したり、あるいは長期記憶に定着させる手助けをしてくれています。

 

併願受験のように2資格一気に取得できる

一般的に資格を受験するとなると講座を受講する必要がありますが、これらの受講講座は基本的に1つの資格の取得を目的としています。 つまり、1つの講座を受講している間は1つの資格のみを追いかけることになります。それでは資格取得まであまりにも時間がかかってしまいますし、効率もあまり良いとは言えませんよね。

 

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格はまるで高校や大学受験を併願で受験するように、2つの資格に一気にアプローチすることができるようになっています。 つまり、このメンタル心理ヘルスカウンセラーの講座を受講することで2つの資格を一気に取得することができるというわけです。

 

二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉が昔からありますが、どうやらこの言葉はすでに古い存在のようです。少なくとも、諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格受験に関しては当てはまらないと言ってよいでしょう。こちらの講座では堂々と2つの資格を1つの講座で追い求めることができるようになっています。

 

初心者向けの難易度なので学びやすい

ブランクがあっても良い復習になる

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格講座は、いきなり心理カウンセラーとして長い間キャリアを積んでいる人にしか理解できないような内容を取り扱うことはありません。 初心者向けの難易度で構成されていますので、学びやすいという特徴があります。

 

さらに、心理カウンセラーや心理関係の領域にいた人で一定期間のブランクがある人でも学びやすく、そして、良い復習になるような設計も持ち合わせています。 徹底的に計算されつくした講座設計ですので、初心者の方やブランクがあるという方でも安心して学ぶことができる環境が整備されています。

 

ここまで受講者のことを考えた心理カウンセラー資格の講座、そうそう見つけることはできないのではないでしょうか。

 

出産・育児中の趣味にもできるかも

新たな命を授かったり出産の後の育児期間というのは、一般的な会社についても産休あるいは育休という扱いでお休みをいただくことができます。 妊娠中から育児中にかけてお子さんのケアや子育てという部分に生活時間の大部分を割くことになるわけですが、それでもやはり人間ですから何か没頭できるものがあるとより生活のクオリティは向上します。

 

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は在宅で、しかも初心者でも学びやすい設計となっていますのでこういった出産前後の方やあるいは育児で毎日奮闘しているという方でも安心して学習することができます

 

また、多くの時間や労力を割かなくてはならないほど高度で専門的な内容というわけでもありませんので、いわゆるワークライフバランスを考えながら趣味や現場復帰のリハビリというような形で取り組むことができるのもまた魅力の一つです。

 

子育てに一段落がついていざ現場に復帰する時には心理カウンセラー資格を持っているとなると、復帰した先の現場での待遇や周りからの信頼度もまた一味違ったものになることでしょう。 これを機に新たなキャリアを切り拓くというのも、人生設計の中では良いかもしれませんね。

 

資格取得後は更新がないので一生使える

資格は取得後、数年単位での更新を行わなければならないというケースがあります。 代表的なものに運転免許証の更新などがあります。心理カウンセラー資格に関してもその例外ではありません。場合によっては数年に一度の更新が必要な資格も存在します。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は更新というシステムそのものが存在しません。 つまり、資格を取得した後には更新を行うことなく、一生その資格を使うことができるというわけです。

 

資格の更新はしばしば高額な更新手数料などがかかることもありますが、諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格についてはこう言った心配も一切ご無用です。

安心して一生使える心理カウンセラー資格をとるなら諒設計アーキテクトラーニングですね。

 

個別に受験すると再受験が必要かも

個別に受ける場合の受験概要

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格講座を受講せずに個別に心理カウンセラー資格を取得しようとして受験を行うと場合によっては再受験が必要なケースがあります。 つまり、独学で勉強教材を用意して、試験対策をして、受験料を振り込んでいざ試験を受けてみたけど落ちてしまった、というケースが考えられます。

 

こうなってくるともう一度勉強をし直し、もう一度試験対策をして、もう一度受験料を振り込んで受験することになります。これは時間的にも金銭面的にもなるべく避けたい事態です。 個別に受験を受ける場合の概要について下記にご紹介します。

 

受験資格 なし
受験料 税込10,000円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅受験
合格基準 評価点70%以上で合格
試験日程 毎年6回開催(偶数月に開催)

再受験には同じく10,000円かかる

一度試験を受験した後に状況によっては再受験を受けなければならないケースがありますが、この場合は受験料という形で通常の受験と同じく1万円というコストがかかります。 つまり再受験するために、また新たに受験料として1万円を振り込まなければいけないという状況になります。

 

1万円と言うとやはり大金ですから、こういったコストはかからないに越したことはありません。一発で試験に合格できるよう、最善の道を選択したいものですね。

 

スペシャル講座なら試験免除なので無駄な出費がない

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座であれば心理カウンセラー資格の試験は免除となります。 つまり、もしかし、たら不合格になるかもしれない試験を受験することなく、自宅で作成した課題を提出することで資格取得となります。

 

そのため、再受験の必要や一般的な受験の必要性はありません。これにより無駄な出費を抑え、もう一度勉強し直すというリスクを回避することが可能となります。 1万円という資金を出費せずに済むのであれば、これを様々な部分に使い回すことができるようになります。

 

1万円あれば食事に行くことだってできますし、カウンセラーとして活動していくのに必要な道具を揃える資金にすることだってできますよね。 諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は徹底して受講者のことを考えに考え抜いている講座ですので、このような部分でもその恩恵を受けることができるようになっています。

 

心理カウンセラー資格を取得することができる他の講座で、ここまで受講者のことを考え抜いたものを探し出すのは極めて困難と言っても決して過言ではありません。

 

初心者でも一発合格を狙えるのが諒設計アーキテクトラーニングの魅力

一般的に資格試験の受験というのは合格率があまり高くはありません。特に、受験が必要な資格の場合、1回目の受験は記念受験で本番は2回目、あるいは3回目以降の受験という資格も存在するほどです。

 

ですが諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座で心理カウンセラー資格を取得しようとすると、試験がそもそも免除ということになりますので、初心者でもいわゆる一発合格を狙えるという魅力があります。 これは明らかにメリットですが、ここではあえて魅力と表現させていただきます。

 

一発合格を狙えるということはそれだけ今後のキャリア形成もスムーズに行うことができますし、心理カウンセラーとしての開業を考えているのであれば、試験の結果で開業の時期が大きく左右されるということもほぼないと言ってよいでしょう。

 

特にビジネスとして心理カウンセラーとしてのキャリアをスタートしようと考えているのであれば、様々な助成金や創業融資金などの資金調達を考えているというケースもあることでしょう。

 

こういったケースでは開業時期がいつになるかという部分が非常に重要なウエイトを占めるものであり、開業時期がはっきりしなければ今後の計画に大きく差し障るというケースも存在します。 このように講座を受講した後は、すぐに心理カウンセラー資格で様々な活動ができるようにという心遣いがなされているのが諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座です。

 

合格が見えるから勉強もがんばれるのが諒設計アーキテクトラーニングの資格講座

資格試験を受験する時、合格するかどうかも全く分からず五里霧中といった状況の中で資格勉強を行うのと、ここまで頑張れば必ず合格することができると合格ラインが目前にはっきりと見えているのでは、どちらがモチベーションを維持できそうでしょうか。

 

おそらく日本人の99%の方は後者、つまり合格ラインが目前にはっきりと見えている方がモチベーションを維持できるとお答えになることでしょう。

 

事実、合格が見えなければ将来的な不安も残ることから、全力で資格試験の勉強に打ち込むということは難しいと言ってよいでしょう。 諒設計アーキテクトラーニングの資格講座であれば最初から合格ラインがきちんと見えています

 

さらに、資格試験が免除という特別ルールがあることから、きちんと課題を提出し知識を整理して習得することによりほぼ確実に心理カウンセラーとしての資格を習得することができるという約束された未来を得ることができます。

 

このように合格が見えていれば勉強も自然と頑張ることができるのではないでしょうか。合格までの導線をきちんと引いているのが諒設計アーキテクトラーニングの魅力の一つです。