タイ古式マッサージ資格|タイ古式ボディセラピーでスキルアップ

タイ古式マッサージやタイ古式セラピーなどを仕事にしていると、どうしても無資格での施術になり、時には言いがかりをつけられてしまうこともあります。しかし、タイ古式マッサージ資格を取得していれば、堂々とスキルをアピールできますので、まずは肩書きを固めて施術に集中できるようスキルアップしてみてはいかがでしょうか?

 

タイ古式ボディセラピーとは?

古代タイ王国と呼ばれていた時代から含めてタイでは2500年という非常に長いマッサージの歴史があります。インドの仏教徒がタイに移り住む際に、医師もまたインドから渡りました。これがタイでの医学の「祖」と呼ばれています。

 

そこから2500年という長い期間を経て伝統的なマッサージが発展し、そして、それらは代々継承され現在の形になっているというわけです。またルーツが医師という部分もあり、単なる世界的に呼ばれるマッサージというわけではなく、病気の治療としての役割も果たしてきたほどに重要な行為であると現地タイでは位置づけられています。

 

その非常に信頼できそうなマッサージを日本でも取り入れ、タイ式マッサージという形で人を癒すことができるボディトリートメントがあります。このボディトリートメントをタイ古式ボディセラピーと呼ぶことがあります。

 

ちなみに日本では各種法令の関係上マッサージ師は日本での国家資格を取得しなければ名乗ることができず、タイ式マッサージの場合はタイ古式ボディセラピーという呼称になっています。

 

特にタイ古式マッサージの歴史や理論を勉強し、その知識があると認定された人がこのタイ古式ボディセラピストになることができます。基本的に日本にはこの民間資格が存在しますのでその資格を取ってからタイ古式ボディセラピストと名乗ることが多いです。

 

タイ古式マッサージのスキルアップ

タイでは国家資格として大学で学ぶ

マッサージ大国タイでは古来からタイ古式マッサージは医療行為であるという認識をされていますので、タイ古式マッサージは現地で非常に重要な技術であると位置づけられています。

 

そのためタイ現地では国家資格としてタイ古式マッサージに関連する資格が存在し、大学で専用の学科に所属した上でタイ古式マッサージを学ぶというケースもよくあります。 このようにタイ現地では医療行為として古くから伝統的な信頼を集めているタイ古式マッサージ。

 

日本国内ではタイ古式マッサージに関連する国家資格及び公的な資格は存在しませんが民間資格については存在しますので、この機会に取得しておくと他のセラピストやマッサージを行う人との差別化を図ることができるようになるでしょう。

 

医学的根拠や効果は明確ではない

タイ古式マッサージはタイ現地でこそ医療行為として認められており、また古くから歴史のある医術だと位置づけられていますが、日本国内については医学的根拠は効果は明確ではないという立ち位置が一般的です。

 

日本国内では東洋医学という部分をあまり重視しないような風潮になってしまいましたので、この辺りの事情もやむなしといったところでしょうか。 しかし、タイ現地でタイ古式マッサージを受けることにより心身の不調を改善することができたという声も絶対に聞かれるものです。

 

日本国内でタイ古式マッサージ資格やタイ古式ボディセラピストになるための資格を取得するという場合にはこの辺りの事情にもよく注意を払い、そして、独立開業時の表現にも注意を払えるようにしていきたいところです。

 

マッサージを標榜すると法的に良くない

日本国内でマッサージあるいはマッサージ師として看板を掲げるには日本国内の国家資格を取得しなければなりません。整骨院や整体院も、柔道整復師や整体師の資格を持っているということが何よりも重要なポイントになるのと同じで、マッサージ師についてもきちんとした国家資格を取得していなければ名乗ることができないようになっています。

 

タイ古式マッサージも区分上は日本国内ではマッサージの一種ということになりますので ・タイ古式マッサージ師 ・タイ古式あんま師 などの名前で看板を掲げてしまったり名刺に記載をしてしまうと、少なくともイエローカードという扱いになることになります。

 

表現の方法や日本語の使い方にもよってイエローカードの可能性があるというだけで、実務上はほぼレッドカードだと思っていてください。

 

このようにタイ古式マッサージに関連する資格を持っていても国家資格でない限りはマッサージ師などと名乗ることはできませんので、タイ古式ボディセラピストなどとして開業することになると覚えておきましょう。

 

タイ古式マッサージ資格があれば教室も開きやすい

 

タイ古式教室で骨盤矯正指導もできる

タイ古式マッサージ資格があればタイ古式ボディセラピストという形で教室を開きやすくなるというメリットがあります。 教室を開くということはタイ古式マッサージの知識を習得したいという方々を受け付ける、あるいはタイ古式マッサージを体験してみたいという方々を集めてレッスンやセッションを行うことができるようになるわけです。

 

そして、もちろんこの場合は有料という形で行っても差し支えありませんので、きちんとお金という対価をいただいた上であなたのタイ古式マッサージに関する知識を使って活躍ができるようになります。 また、タイ古式マッサージ教室であれば骨盤矯正指導をすることもできます。

 

骨盤矯正指導というのは文字通り人体の肝心な部分である骨盤の歪みなどを強制する行為であり、この骨盤矯正を行うことで体の調子を改善することができたという感想を持たれる方も非常に多いのが特徴です。 そして、この骨盤矯正指導をすることができるようになればより多くの人があなたのタイ古式教室に参加するようになることでしょう。

 

また、タイ古式教室などという形ではタイに関する様々な文化の紹介やグッズの販売などをできるチャンスもあります。独立開業するのであればチャンスや収入の柱は多ければ多いほど良いものですよね。このような部分も考えてタイ古式マッサージ資格は早めに取得しておいた方が良いと言えるでしょう。

 

怪我をしにくい施術を指導する教室もおすすめ

タイ古式マッサージ資格を持っていると体の歪みを治す指導をしたり、あるいはどのような体の使い方をすることで怪我をしにくい体作りができるようになるかという指導をできます。 またこのような施術の方法自体を指導するという教室を開くこともできるようになります。

 

こうなればセラピストの先生という位置づけでブランディングをすることにも繋がります。 これだけの知識量を生徒さんに披露することができれば先生という形での評判も上々となり、実際に教室に通ってくださっている方々の満足度も向上することでしょう。

 

満足度が向上すればそれだけリピート率も上がりますし、また最近はインターネット全盛の時代ですから口コミなどで新たな生徒さんが入会してくるということも考えられます。

 

そうなるとあなた一人では対応しきれないということで予約でいっぱいのタイ古式教室になるか、あるいは暖簾分けという形であなたの弟子を独立開業させ、あなた自身はオーナーになるという選択肢も見えてきます。 いずれにしても収入という部分では飛躍的に色良い結果を求めることができるのではないでしょうか。

 

 

ストレス解消・リフレッシュできる教室もおすすめ

現在世界に生きる日本人はとにかくストレスを溜めがちです。そして、そのストレスというのは実は体の調子が悪かったり、あるいは毎日同じ姿勢を長時間続けることにより発生するケースもあります。 このような場合、タイ古式マッサージやタイ古式ボディセラピーでリフレッシュをはかるということもできるのではないでしょうか。

 

ストレス解消やリフレッシュにはタイで古くから伝わるタイ古式マッサージがおすすめです。 また、これらの方法を自分でいつでも行うことができる方法を教えますといった形で教室を運営するとどうでしょうか。もちろん料金設定や立地なども考えなくてはなりませんが、より多くの生徒さんが集まることでしょう。

 

ピラティス資格やヨガ資格を合わせれば最強かも

匠コースではタイ古式マッサージに合わせて様々な資格を取得することができますが、この資格はピラティス資格やヨガ資格を合わせてみるというのはいかがでしょうか。

 

ピラティスやヨガは心身のリフレッシュ、あるいはインナーセルフ、つまり内なる自分との対話という部分も扱います。

 

心身ともにアプローチを行うことで総合的にコンディションを整えるお手伝いができるようになります。

 

女性のダイエットサポートにも資格が役立つ

実は、ダイエットはカロリーを消費しカロリー計算を行うなどカロリーに関する部分だけでは中々解決しないというデータがあります。特に女性の場合はインナーマッスルの発達具合や体幹、そして、骨盤をはじめとする体の歪みが原因でなかなかダイエットの色良い結果を得ることができていないという方もいらっしゃるのが現状です。

 

もしタイ古式マッサージ資格とピラティスやヨガなどの資格を複数持っていると、これらの知識を総合して提供することにより女性のダイエットサポートという部分で多大なる貢献ができる可能性があります。例えば身体のむくみや、骨盤矯正、代謝、食事など様々な面でサポートできる可能性が広がります。

 

特にダイエットという部分は女性の体のお悩みの一つでもありますので、これらの部分にコミットして結果を残すことができれば口コミであなたの教室はより人気の教室へと進化を遂げていくことでしょう。

 

タイ古式マッサージとセラピーで癒やしを提供しよう

タイ古式マッサージとセラピーで癒しを提供するという目的で独立開業される方も多くいらっしゃいます。 とにかく現代人は疲れが溜まってしまい、何事も人生が楽しくないという方も多くいらっしゃいます。そういった方々を癒して差し上げたいという思いのもと、タイ古式マッサージ資格を取得し活動される方も多くいらっしゃるわけです。

 

一度タイ古式マッサージを受け身体がスッキリした体験をすると、その体験が忘れられずリピーターになる方が多いのもタイ古式マッサージの特徴の1つです。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは複数の講座を同時に受講し、資格もダブル、あるいはトリプルなどで取得することができるようになっていますので幅広い知識と高い技術で相談に訪れた方たちを癒すお手伝いができるのではないでしょうか。

 

スキルアップの第一歩は諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格から

タイ古式マッサージ資格やヨガ資格を取得したからといって、全ての人を癒して差し上げることができるというわけではありません。またタイ古式マッサージは冒頭でもご紹介したように、タイ国内では医療行為という形で国家資格も存在するほどの非常に奥深い技術でもあります。

 

スキルアップという部分を目指すのであれば何事もまず第一歩、基礎となる知識や経験が必要です。そういった第一歩として諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格は非常に有効と言えるでしょう。初心者にもわかりやすいよう作られていますので安心して初められます。 まずは資料請求という形で第1歩を踏み出すところからスタートしてみましょう。

 

ピラティス資格をあわせて取得するのもオススメ

ヨガを元にしたエクササイズとして「ピラティス」というものがあります。このピラティスもできるようになっていれば、ピラティスをヨガ教室で教えることもでき、ヨガ教室に新たにピラティス講座を追加して、事業拡大をすることもできます。

 

ヨガとピラティスで必要な道具、ストレッチなどは似ているので、負担は最小限にピラティス資格とこのタイ古式マッサージ資格、そして、ヨガ教室を合わせることで、よりエスニックな健康法を行う場所として大いに活躍できるようになるでしょう。

 

ヨガ資格も一緒に取得しよう

タイ古式マッサージ資格を取得していれば、マッサージやストレッチなどを個人でもできるようになります。それに合わせて、ヨガやピラティスを合わせて行えるようになれれば、確実にタイ古式マッサージ教室やヨガ教室も幅広くできますので、取得しておいて損はありません。

 

むしろ取得していないと他の教室と似たような内容になって差異化ができずに魅力が半減してしまうこともありますので、ぜひ複数の資格を取得してみてください。