タイ古式マッサージ資格は通信講座で簡単取得

世間でよく知られているタイ古式マッサージは外部の会場で、講習や試験を受けて取得するものばかりで、自分で基本を学んでスキルアップするのに適した講座はほとんどありません。そこで初心者向けに最適なのが、諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格通信講座です。

 

タイ古式マッサージも基本を通信講座で学べる

一般的に資格というものは講習や試験などを受けて初めて資格を取得することができるわけですが、特にタイ古式マッサージのようなFace to faceでの学習が必要なカリキュラムを持っている資格は通信講座という形で受講するのが大変厳しい状況です。

 

しかし、設計アーキテクトラーニングでご紹介するこのタイ古式マッサージは基本的な部分を通信講座で学ぶことができるという画期的な方法を取っています。 そのため自宅でコツコツと自分のペースで学習を進めることができるようになっています。

 

スキルアップは必要なのだけれども中々自宅から出て学習に取り組むというのが難しいという方も安心して学習することができますね。

 

在宅で通信制だから気軽に練習できる

一人でも基本を学べるカリキュラム

タイ古式マッサージ資格を諒設計アーキテクトラーニングで取得しようとすると完全在宅の通信制という形で学習できます。

 

そのため多くの人たちと一緒に同じ教室で一括して授業を受けるという形でもなく、あるいは自宅学習と言ってもいわゆるビデオ通話などで講師とマンツーマンで話をしながら学習を進めなければならないというケースもありません。一人でも基本を学ぶことができるのです。

 

そして、これらのカリキュラムは洗練されたテキストに凝縮されていますので、先ほど紹介したような誰かと実際にテレビ電話などをしながら授業を受けなくてはならないと言った心配もご無用です。 女性の方などは特にクラスに出かけるためだけに様々な準備をしなければなりませんが、こういった心配も必要ありません。

 

施術までは身につかないので注意

タイ古式マッサージでは知識的な部分、そして、施術、つまり実技的な部分で知識を身につけなければ実際にセラピストとして活躍することは難しいと言ってよいでしょう。 そして、諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるタイ古式マッサージはどうしても知識的な部分のみというのが限界点となります。

 

施術の方法や、施術を実際にしてお客様から得られるフィードバックなどをもとにスキルアップするということはできませんので注意が必要です。 しかし、タイ古式マッサージの知識的な部分を基本から学ぶことができるというのは非常に大きいメリットではないでしょうか。

 

実際にタイ古式マッサージを施術することができるセラピストになったとしても、実質的な知識部分がなければそれは素人とほぼ同じこと。

 

施術という部分でのテクニックやスキルを身につけたり、お客様からフィードバックをいただいてより高い次元での施術ができるよう自己を高めていく前に、諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格講座で基本的な知識を身に着けてみてはいかがでしょうか。

 

タイ古式マッサージ資格を取得する上でセラピストとしての第一歩を踏み出して行けるようになります。

 

基本をマスターして一気に中級者に

タイ古式マッサージはタイでは非常に有名なマッサージの技法で、医療行為として認められている部分もあります。そのためタイ古式マッサージをすることができる人はタイで国家資格を取得することができるケースもあります。

 

実はタイではタイ古式マッサージに関する国家資格というものも存在し、大学でタイ古式マッサージを学習するということも非常に一般的です。 諒設計アーキテクトラーニングで取得できるタイ古式マッサージ資格は、あくまでも基本をマスターすることができるという講座です。

 

この講座をマスターしたからといっていきなり上級者の仲間入り、あるいはタイ古式マッサージの全てを知る上級者になることにはなりません。 しかし、千里の道も一歩からと昔から言うように、基本的な部分をマスターしていなければ上級者になることすらできないわけです。

 

諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格の講座は極めて短いスパンで学習できるよう設計がなされており、これらを元にしてタイ古式マッサージの基本をマスターできます。 タイ古式マッサージの基本をマスターするということは、初級者を飛ばして一気に中級者としてデビューすることができるというわけです。

 

初級者から始めるのと、中級者からそのキャリアをスタートさせるのでは大きく話は違います。中級者であれば基本的な部分を全て押さえていますので、一気に上級者へのステップを駆け上がることも十分に可能というわけです。

 

資格取得は課題提出式だから簡単

タイ古式マッサージ資格は課題提出だけでOK

実際にスクールに通ったり、何回もセッションに臨まなければならないようなタイ古式マッサージのスクールが多く存在します。そして、これらのクールは最終課題や最終試験などを受験しなければならないケースが非常に多く、試験に不合格になってしまうとストレートに資格取得まで突き進むことができないといったケースもよく聞かれる話です。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングでスペシャル講座を受講すると、課題提出という方法で資格取得まで一気に突き抜けることが可能となっています。 また、多くのタイ古式マッサージ資格のスクールとは違い、完全在宅学習の通信制という形で学習を行うことができますので今までの生活リズムを大きく崩すと言う必要もありません。

 

ライフスタイルにスクールに通うというスケジュールが入ってくると、場合によっては1週間単位でのスケジュールに変動が出る可能性もあります。これらの時間的な制約を極限まで排除したのが諒設計アーキテクトラーニングというわけです。 また、通学に必要な交通費もカットできるという点も嬉しいポイントです。

 

合計5回の添削課題と卒業課題1回が必須

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は最終的に実技試験を受けて資格を取るというものではありません。合計5回の添削課題と卒業課題1回を提出することにより卒業試験は免除という形で資格を取ることができます。

 

これらの合計5回の添削課題と卒業課題1回はどうしても提出しなければならないものですが、それでも実際にスクールに通って実技試験などをパスしながら資格取得を目指すという従来の方法よりは遥かにスピーディーに、そして、遥かにスムーズに資格を取得できます。

 

再提出に備えて早めに提出しよう

課題を提出するだけでタイ古式マッサージ資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニングですが、その課題の提出はいわゆるザル審査ということではありません。

 

したがって、空欄を多くして提出しても合格できた、名前だけ書いていれば合格できた、課題を提出しなくても何とかなった …と言った事は絶対にありえません。 きちんと学習には取り組みましょう。

 

もちろん課題の提出が不十分であった場合にはその部分のフィードバックを受け、さらに再提出を求められるケースも存在します。このように一度課題を出したからといってすぐにそれが審査を通過するとは限りません。再提出の可能性なども考えて早めに課題を提出するようにしていきたいところです。

 

また、完全在宅学習ということは自分自身で学習のスケジュールなどを設計・調整できる反面、一度学習時間がストップしてしまうと中々学習が進まず、課題の提出を後回しにしてしまうという方も多くいらっしゃることでしょう。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングはあくまでもやる気があり、きちんと学習をする意欲があるにも関わらず自宅学習の方が都合が良いという方のための講座です。きちんと学習に取り組み、そして、課題を提出し合格を勝ち取れるように頑張りましょう。

 

既にお店や教室がある方の新たな肩書きにできる

肩書きが増えれば集客や宣伝にも生かせる

タイ古式マッサージ資格を取得しようと考えている方の中には、すでにお店や教室を運営しているいわゆる自営業者の方もいらっしゃいます。自営業の方は特にこのタイ古式マッサージ資格を諒設計アーキテクトラーニングで取得するメリットがあります。

 

タイ古式マッサージ資格を取得していれば1つの肩書きを得るということになります。いわゆるタイ古式マッサージに関する有資格者がいるお店を宣伝し、新しいお客様を獲得することができますよね。

 

それ以外にも現在何かしらの教室を運営されている方については、一見するとタイ古式マッサージとは何の関係もないような教室であったとしても 「先生はタイ古式マッサージをすることもできる有資格者なんですよ」 とアピールすることによってまた新しい客層の集客に繋がる可能性もあると言ってよいでしょう。

 

特にセミナービジネスや教室ビジネスは受講者や生徒さんの数が多ければ多いほど売上もアップし、また予約という形で先の売り上げスケジュールを立てやすいという特性があります。一般的に予約がたくさん入って中々予約が取れないような教室は繁盛していると言えるでしょう。

 

また、これは売上が安定し経済的な基盤も盤石になることと同じことです。 資格を持っているだけでここまで将来のビジョンを描きやすくなるのであれば、もう資格を取らない理由はどこにもありません。

 

特にタイ古式マッサージは最近のアジアブームの最先端を行く資格でもありますので、これらの資格を取得して現代社会に疲れてしまっている人の癒しをお手伝いできる存在になりましょう。

 

課題提出だけなので仕事が忙しくても学べる

資格取得の学習と言ってもなかなか仕事が忙しく学校に通うことができない、あるいは課題の提出数が多すぎて中々学習に取り組むことができず資格の勉強を諦めてしまったという過去をお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか。

 

そういった方についてもタイ古式マッサージのスペシャル講座での学習がおすすめです。こちらの講座は課題提出のみで最終試験などはありませんので、特別な試験勉強に時間を極端に割かなければいけないという必要はありません。

 

さらに完全在宅学習というメリットがありますので、仕事帰りに定期的にスクールに寄るという考えただけでも憂鬱になるようなスケジュールを組み立てる必要がどこにもありません。自宅に帰ってから深夜でも早朝でも、好きな時間帯にこの学習に取り組むことができます。

 

場合によってはお休みの日にまとめて集中的に学習や課題に取り組むというスケジュールの組み立て方も有効です。とにかく忙しい現代人のライフスタイルに合わせてスキマ時間で学習ができるような形でカリキュラムが組まれていますので、安心して取り組めます。

 

あなたの既知の知識に肩書きをつけてもらえる感覚

タイ古式マッサージでなくとも体に興味があったり、マッサージやアジア文化に興味があり少し知識を持っているという方については、既に持っているその知識に正式な肩書きを付けてもらえる感覚で学習に取り組むことができると言ってよいでしょう。

 

実はタイ古式マッサージは仏教に深く結びついており、身体のケアに関する知識も同時に求められる奥深い手技です。 タイ古式マッサージ資格はあなたの知識がきちんと裏付けされたものであるということを証明してくれる何よりも強力なツールです。これらのツールがあればあなたのキャリアはより一層輝くと言ってよいでしょう。

 

通信講座でタイ古式マッサージ資格を取得できるのは諒設計だけ?!

当たり前のようにタイ古式マッサージ資格を通信学習や完全在宅といった形で取得することができるところまでお伝えしてきたところではありますが、通信講座でタイ古式マッサージ資格を取得することができるスクールを他にご存知でしょうか? おそらく多くの方が「ノー」とお答えになることでしょう。

 

それほどまでにタイ古式マッサージを通信講座、そして、完全在宅学習という形で資格取得までサポートしてくれるスクールは非常に少ないのです。 また、ここまで知名度があり安心して受講できるスクールというフィルターをかけるとすれば、ほぼ諒設計アーキテクトラーニングの講座のみが該当します。

 

これは専門家が監修する洗練されたカリキュラムで、きちんと認められた資格を取ることができる提携校と言う肩書きを持つ諒設計アーキテクトラーニングだからこそ実現可能な資格取得方法なのです。