スポーツフード資格は諒設計アーキテクトラーニングで同時に2資格ダブル取得

アスリートやスポーツ少年の方におすすめのスポーツフード資格は、スポーツマンや保護者様の負担を無駄に増やさないように在宅で、試験無しで、同時に2資格取得できるように工夫されています。スポーツに熱中、家事と子育てに熱中したい方には特に嬉しい資格です。

 

スポーツフード資格は在宅でマイペースに学べる

資格の取得と聞くと、スクールに通ったり試験を受けたりと時間と手間がかかるのが特徴的ですが、最近では手間がかからないように在宅でマイペースに学べる資格試験も存在しています。特にスポーツフード資格は在宅で学べるものも多く、中には課題を提出するだけで資格を取得できるものもあります。

 

具体的に代表的なスポーツフード資格は下記の通りです。 ・スポーツフードマイスター ・アスリート栄養食インストラクター これらの2資格は、アスリートをサポートするために必要な食事や栄養の知識が学べるスポーツフード資格になります。

 

アスリート自身が食事の知識を身につけたい場合や、スポーツフードインストラクターの職に就きたいと思っている方は、スポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターをご検討ください。スポーツフード資格には、その他に子どもの健康面を支えるためのママ向けの資格も存在しています。

 

将来的にスポーツをやらせたい場合や、スポーツ少年として既に始めている場合で食事の知識を身につけたい親御さんは下記の資格取得を検討してください。
  • 食育健康アドバイザー
  • 管理健康栄養インストラクター
  • 幼児食マイスター
  • ベビーフードインストラクター

 

これらの4資格は、子どもを支えるための親御さん向けのスポーツフード資格ですが、スポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターと同様、在宅でマイペースに学ぶことができる資格なので、子育てなどで忙しい親御さんも取得しやすくなっておりおすすめです。

 

スポーツフード資格の取得を検討しており、マイペースで取得できるものを探している方は、説明した6つの資格の中から選んでみてはいかがでしょうか。

 

スポーツフードを2資格学べる価値

トレーナーやインストラクターになるためのステップアップに

スポーツフード資格は、基本的にスポーツと食事について興味がある方におすすめの内容となっています。具体的にスポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターでは、スポーツ栄養の基本やスポーツ選手が把握しておきたい栄養素、スポーツ選手にとって食事が大切な理由、目的別の食事の取り方など他にも食事に関する様々な内容を学ぶことができます。

 

スポーツフード資格を取得する方の目的は様々ですが、多くがアスリートをサポートするトレーナーやインストラクターです。

スポーツフード資格があれば、食事の面でも選手をサポートすることが可能になります。

 

また、将来的にトレーナーやインストラクターになりたいという方にとってもステップアップになるおすすめの資格なので、選手をサポートする立場になりたいと思っている方も、取得について考えてみてください。

 

2資格あるので就職や転職にも役立つ

スポーツ資格はいくつかのコースに分かれていますが、諒設計アーキテクトラーニングの場合は2資格同時に取得できるメリットがあります。講座の種類は大きく分けると通常の講座とスペシャル講座の2つです。通常コースの特徴としては、自身で学習をして試験に合格することで2資格取得できます。

 

スペシャル講座は通常コースとは異なり、試験ではなく卒業課題を提出することで2資格取得が可能です。人それぞれ好みのコースは異なりますが、2資格同時に取得できるので、就職や転職の際にも十分アピールできます。

 

これからアスリートをサポートするためにインストラクターの仕事をしたいと思っている方は、まずは2資格同時に取得できる諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

スポーツマンとしての経験があれば仕事には困らなさそう

小さい頃からスポーツを長年してきている方は、できればプロの道で活躍をしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、プロになれる方はごく僅かで、どの職業よりも難しいのが現実です。スポーツ選手になることができず諦める方がほとんどですが、引退をした時に不安になるのが次の就職先ではないでしょうか。

 

通常の仕事ができるのか不安を抱えている方がたくさんいますが、

スポーツマンとして長い経験がある方なら、裏方やトレーナー、インストラクターとしての活躍の場があります。

特にスポーツフードなどの資格を取得している方なら活躍できる場はたくさんあるので仕事に困ることはほとんどありません。

 

資格があれば引退をしてからもスポーツ業界に携わることができる可能性も高くなるので、引退をして就職を考えている方は資格の取得も選択肢の1つに入れておくと良いでしょう。

 

2資格あれば自信につながる

 

スポーツマン・アスリートとしての道が広がる

スポーツフード資格は、サポート側の人間が取得する資格というイメージがあるかと思いますが、実はアスリート自身も資格を取得している場合があります。なぜ、アスリートやスポーツマンが資格を取得するのかと言うと、技術力アップや体力作りに役立てることができるからです。

 

食事とスポーツは大切な関係性となっているため、これからスポーツマンやアスリートとして道を広げていきたいと思った時に必要な知識となります。

効率よくレベルアップをしていきたいと思っている方は、できればスポーツフードマイスターやアスリート栄養食インストラクターの資格は取得した方がいいでしょう。

 

自己管理にもプロの食事管理にも役立つ資格・スキル

アスリートのパフォーマンスやコンディションの維持、向上のためには食事が大きく関係していると言われています。近年ではアスリートへの栄養サポートに対する関心が強くなっており、トップアスリートは食生活の管理がトレーナーによって徹底されていることもあります。

 

しかし、食生活を管理してくれるトレーナーが付くのは、基本的にはトップアスリートのみです。プロの選手でもトレーナーによるサポートが受けられないスポーツも存在しています。プロの選手でサポートが受けられないのであれば、もちろん学生などは高い技術力や才能があっても食事の管理をしてもらえません。

 

こういった状況の中でもしっかりとパフォーマンスやコンディションを維持していくためには、アスリート自身が知識を身につけておく必要があります。トレーニングと勉強の両立は大変ですが、諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格なら、在宅のみで資格が取得できるなどアスリートへの負担を軽減できます。

 

無事に資格が取得できて知識を身につけることができれば、しっかりと自己管理をすることが可能です。

これからもアスリートとして活躍したい方や、プロになりたい方はスポーツフードの知識を身につけておくことをおすすめします。

 

自信があればメンタル面も余裕が出るかも

人間はストレスを必ず感じて生活している生き物です。ストレスの大きな原因は人間関係や環境の変化ですが、食生活も無関係ではありません。ストレスを感じる場所は脳ですが、脳の働きに大切なのが食事です。そのため、食生活が乱れていると、ストレスを溜めやすくメンタルが不安定になることがあります。

 

食事でメンタルを崩しやすい原因は様々ですが、その中でも特に崩しやすいと言われているのが、偏った食生活で栄養が不足している場合です。例えばタンパク質が不足してしまうと、神経伝達がうまくできなくなりますし、鉄分不足になると、貧血になる恐れがあるので脳に十分な酸素が送れなくなり、脳の機能が低下してしまうことがあります。

 

食事のバランスはとても大切ですが、スポーツフード資格を取得できれば、スポーツに必要な栄養素などを学べるので、メンタル面を崩しにくくなります。

メンタル面を強くしたい方は、食事に関する知識も身につけてみてはいかがでしょうか。

 

スポーツ資格:スペシャル講座の特徴

6ヶ月で課題6個を提出すれば合格

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格には、通常講座とスペシャル講座があり、その中でも試験を受けずに資格を取得したい方はスペシャル講座をセレクトするかと思います。スペシャル講座は、添削課題を5つ提出し、卒業課題を提出することで資格を取得できます。

 

合計で6つの課題を提出することになりますが、期間は全部で6か月あります。早くて2か月で資格を取得する方もいるので、早く取得したい方にもおすすめですし、最長で6か月あるのでゆっくりマイペースに学習しながら取得したいという方にもおすすめです。

 

試験が実施されない分、添削課題や卒業課題の難易度は高いと思われる方も多いですが、スポーツフードの一般的な内容を理解できていれば初心者でも合格できます。そのため、初めてスポーツフードに関する知識を身につけたい方にもおすすめの資格となっています。

 

完全在宅で学べる便利なシステム

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格の中でも、スペシャル講座をセレクトしている方は課題を提出するシステムで資格を取得することができますが、本当に在宅で学べるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

スポーツフード資格のスペシャル講座は、学習はもちろん在宅でできますし、試験が実施されないので課題も自宅で作成して送信するだけという流れになっています。

 

基本的にはパソコンやスマホがあれば課題提出まで終えることができるので、完全在宅で学べるシステムとなっています。

 

とても便利なシステムなので、近年ではアスリートや学生、インストラクターとして活躍したい方など様々な人たちから人気を集めているスポーツフード資格です。

 

例えば子どもがいる家庭で、将来的にスポーツ選手として活躍してほしいと思っている場合は、幼児食資格とスポーツフード資格の両方を取得するなど様々な目的に合わせて選ぶことができます。

 

スポーツフード資格はスキルアップに活用しよう

スポーツフード資格を取得したいと思っている方には、様々な目的があるかと思います。例えば、自分自身の能力アップや健康管理のために取得する方、アスリートを食事の面でサポートしたい方、子どものために栄養満点な食事を提供したい方など、様々な目的に活用できます。

 

就職や転職にも役立つ資格なので、スポーツフードに興味がある方は取得して損をすることはありません。

興味がある方は是非スポーツフード資格にチャレンジしてみてください。

 

2資格同時取得できるから効率的

勉強しやすく、資格も取りやすい

スポーツをしながら、資格の勉強もして、しかも、2資格一気に取得するのは非常に難しいことです。時間が取れないだけでなく、暗記や計算などが苦手な方にとっては栄養の計算や、用語の暗記などでかなりストレスを抱えてしまうかもしれません。

 

脳みそを使うよりも筋肉を使うほうが良いという方にとって、座学は苦痛になってしまいそうですので、学びやすさは重要です。諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座の場合は、取得しやすく課題提出だけで良いのでストレスなく取得できるでしょう。

 

1つだけでも資格は十分かもしれませんが、やはり肩書きは多いほうが良いです。2資格一気に取得できれば履歴書やポートフォリオ、スキルの項目にかけることが多くなるため、他のスポーツマンに比べるとより魅力的に見てもらえるでしょう。

 

一気にステップアップできる

スポーツフード資格を取得して、スポーツマンのサポートやスポーツ少年のサポートをする時は、地道に経験を積んでいる余裕がない事が多いです。プロのトレーナーのもとで経験を積むのも良いですが、スポーツフード資格を取得すれば一気にステップアップできて、実力も身につきます。

 

料理の選び方、食材の選び方などきっとすぐに役立つ情報を見つけられますので、スポーツフード資格を取得すればすぐに現場での活躍もできるでしょう。スポーツフード資格でできることはそこまで難しくはありませんので、既にトレーナーとして働いている方には更にスキルアップになる資格です。

 

RIZAPのような個人トレーナーの仕事をする時や、ダイエットサポートをするような仕事をするときにもこのスポーツフード資格が役立つはずです。