ヨガ資格は諒設計アーキテクトラーニングで同時に2資格ダブル取得

ヨガ資格は通信講座を通して学べば、試験免除で同時に2つの資格を取得できます。このお得なサービスを行っているのは諒設計アーキテクトラーニングというスクールで、ここのスペシャル講座を受講すれば課題提出だけで2資格取得できます。時短で2資格取得できるという、ここだけのお得な資格講座です。

 

2資格W取得できる特別なヨガ資格講座

多くの場合資格を取得するとなると、どうしてもひとつずつステップをこなしていかなくてはなりません。 つまり、複数の資格を取得するためにはまず最初の資格の学習を進め、きちんと受験を行って、資格を取得してから次の資格取得へのステップを踏まなければならないということです。

 

しかし、これではあまりにも時間が多くかかりすぎてしまいます。「時短」という言葉が何よりも重要視される昨今、これでは効率が良いとは言えませんね。 この問題点を解決し、ブレークスルーとも言える新たなソリューションを生み出したのが諒設計アーキテクトラーニングです。

 

こちらでは2つの資格をダブル取得することができる、特別なヨガ資格講座が用意されています。 2つの資格をダブルで取得することができれば、従来かかっていた時間の文字通り半分でステップアップを目指すことができるようになります。

 

この時点で非常に価値ある講座なのですが、実はもうひとつ、あるいはそれ以上に諒設計アーキテクトラーニングにはメリットが存在します。 こちらについては追ってご紹介していきます。

 

ヨガ資格講座で2資格の中身をきっちり学べる

カリキュラムが充実しているから安心

2つの資格をダブルで一気に受講することができるとなると、まず間違いなく 「この講座は大丈夫なの?」 という心配を抱かれることでしょう。 しかし、そういった心配は一切ご無用です。

 

諒設計アーキテクトで学習することができる資格講座は、大変しっかりした中身を伴っており、またカリキュラムも充実しているため安心して勉強に取り組むことができるようになっています。

 

またヨガ資格となると非常に専門的な知識などを学習しなければならないわけですが、諒設計アーキテクトで学習することができるヨガ資格講座は2つの資格の中身をきっちりと基本から学ぶことができるような設計になっています。

 

ヨガ資格スペシャル講座の課題提出は合計6回

先ほど記事の冒頭で、 諒設計アーキテクトラーニングには 「2つの講座をダブルで受講することができる」 というメリット以外にももう一つ、あるいはそれ以上のメリットがあるとお伝えしました。

 

ここでご紹介するのは「もうひとつのメリット」です。 諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるヨガ資格スペシャル講座は、実は最終的な受験というものが必要ありません。 つまり試験なしにヨガ資格を取得することができるということです。

 

この講座はスペシャル講座と呼ばれており、こちらの講座では何とヨガ資格を取得するのに課題を合計6回ほど提出するだけ、という大変お手軽な講座設計を持っています。 従来のスクール型の資格取得講座では、こういったことはまずありえないと言ってよいでしょう。

 

従来型のスクールではまず間違いなく、最終試験を受けなければなりませんし、場合によってはそもそもスクールなどに通って規定の時間数の授業を受けなければならないというのが大前提となっていることもあります。

 

しかし、諒設計アーキテクトでは、この後ご紹介するような形で完全在宅学習というカリキュラムを実現しており、この部分でも大変な人気を集めています。

 

ヨガ資格で学べる&講座の詳細

ここでは諒設計アーキテクトラーニングの講座で学習することができる内容、および講座の詳細についてご紹介します。 詳細を確認した上できちんとした知識を諒設計アーキテクトラーニングの講座で習得することができる、ということを確認なさってみてください。

 

講座名 ヨガ資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 美ヨガライフセラピスト

美ヨガライフインストラクター

学べるカリキュラム

ヨガとは/ヨガの歴史/ヨガでの注意事項/ヨガの効果/効果を上げるには/ヨーガスートラの8つの考え方/ヨガの呼吸法/朝昼晩のヨガ効果の違い/ヨガの食事法/ハタ・ヨガから派生したヨガたち/陰ヨガと陽ヨガ/アーユルヴェーダとは/ドーシャチェックとタイプ別の特徴/チャクラとは/瞑想とは/ヨガと気功/ヨガとピラティス/ヨガとストレッチ/ヨガグッズについて/マタニティヨガとは/常温ヨガとホットヨガ/循環器を刺激してむくみ改善!肩立ちのポーズ/腰回りのシェイプアップ&ケアには三日月のポーズ/しなやかなポーズで背中の筋肉強化!弓のポーズ/ダイナミックな肩こり改善ヨガ!英雄のポーズ/しっかりとした体の土台作りに…英雄のポーズ/筋力とバランス力アップ!英雄のポーズ/肩まわりを柔らかくして肩コリ改善!牛の顔のポーズ/バランス感覚UP!立木のポーズ/便秘やガスでお悩みの方に…赤ちゃんのポーズ/ここぞという時に集中力&やる気UP!山のポーズ/腹筋を鍛えて美ボティーに!V字バランスのポーズ/股関節調整でむくみ解消!合せきのポーズ/レベル別にチャレンジ!肩こり解消にワシのポーズ/体全体をリセット&リフレッシュ!ねじりのポーズ/呼吸を整えリラックス!眠れない夜は魚のポーズ/気持ちを入れ変えてくれるツルのポーズ/骨盤のゆがみ解消!ハトのポーズ/美しく引き締まっている腕に…カラスのポーズ/逆転のポーズでむくみ・肩こり解消!鋤のポーズ/心を元気にしてくれる半月のポーズ/目と頭の疲れ解消に!頭を刺激するうさぎのポーズ/猫背の改善に下を向いた犬のポーズ/血行促進&反り腰改善で姿勢美人に!らくだのポーズ/胸を開いて腰痛改善!コブラのポーズ/ウエストの引き締まるネコのポーズ/時間の切り替えに…子供のポーズ/心を無にして内なる自分と向き合う!無空のポーズ/美しいウエストに…ねじった三角のポーズ/引き締まった美脚に!椅子のポーズ

 

 

これは裏を返せば、諒設計アーキテクトラーニング側がより安心して講座の受講に取り組んでもらえるようにと努力をしている結果だということもできますね。

また多くの資格を持っていると、履歴書の資格欄に書くことができる資格の数が当然のことながら増えます。

 

仮にもしこれから何らかの職業に関する面接を受けるとして、あなたは履歴書を書かなくてはなりません。 その履歴書に、今現在書くことができる資格はどれほどあるでしょうか? おそらく多くても4つ、あるいは5つ程度の資格ではないでしょうか。

 

人によっては普通自動車免許の資格くらいしかないという方もいらっしゃることでしょう。

 

非常に華やかで、非常に充実した仕上がりになることが容易に想像できます。 また、この履歴書を受け取った時の面接官の驚くような顔も目に浮かぶようではありませんか? 一般的にアルバイトやパート、または正社員などの採用という業務に携わる面接官はできる限り有能な人材を雇用したいと思っているものです。

 

そして、深く卓越した知識を何らかの分野において持っている人も採用したい人材のひとつです。 こういった部分を考えると、やはり資格を多く保持しているということはそれだけ強力にあなた自身をアピールすることができるわけです。

 

事実として複数以上の資格を持っている人については採用されやすいというデータもあり、将来的にキャリアアップという部分を考えるのであれば諒設計アーキテクトラーニングでリーズナブルに複数の資格を取得するというのは非常に賢い選択肢と言えます。

 

100%取得できるから安心して受講できる

諒設計アーキテクトラーニングが他の資格取得スクールと異なる点は、もう1つあります。 従来の資格取得スクールではどうしても最終試験など複数の試験が存在することがあり、これらの試験に合格しなければ資格を取得することはできないというルールを課しているところが大多数です。

 

こうなると合格するかどうかわからないという五里霧中の状態で学習に取り組まざるを得ないという状況が続き、結果的にモチベーションの低下を招いてしまう危険性すらあります。 実際問題としてどうでしょうか?

 

もし、あなたが二つの資格取得スクールを比較・検討している段階だとして、

 

授業に参加することで知識を学ぶことができるが、最終試験に合格しなければ資格を取得することはできないというスクール

着実に知識を学ぶことができ、さらに最終課題を提出することにより100%資格を取得することができるスクール

 

この2つのスクールが最終候補に残った場合、あなたが選択するのはどちらのスクールでしょうか。 まず間違いなく後者のスクールでしょう。

在宅で学べるヨガ資格も課題提出がある

添削課題は5回。卒業課題は1回必要

諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるヨガ講座では、当然ですがヨガ資格を取得できます。 カフェに行けば珈琲が出てくるように、ハワイやグアムに行けば自動的にトロピカルな雰囲気を味わうことができるように、諒設計アーキテクトラーニングでヨガ講座を受講すればヨガ資格を取得できます。

 

それも、驚いてはいけませんが、完全在宅の通信制です。 諒設計アーキテクトラーニングでヨガ講座を受講すると完全在宅の通信制で学習を進めることになります。 ヨガとなるとやはり、実際にスクールや教室に通って ・先生の指導のもとで実技なども実践したうえで 直接学習を進めなければならないというイメージがあります。

 

実際、様々なスクールではこのような学習形態をとっており、諒設計アーキテクトラーニングが非常に珍しい存在なのです。

諒設計アーキテクトラーニングはヨガ講座という非常に難しい内容の講座のカリキュラムを設計し、専門家の監修のもと洗練された内容に仕上げました。

 

これにより、完全自宅学習が可能なようにチューニングすることに成功したのです。 また諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座でヨガ資格を取得するために講座を受講すると最終試験などを受ける必要がありません。

 

資格を取得するのに受験がないのは怪しいのではないか? と思われる方もいらっしゃいますが、ここもまた諒設計アーキテクトラーニングの非常に完成度の高いカリキュラムのなせる「ワザ」なのです。

 

諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格スペシャル講座は、学習を開始してからヨガ資格を取得するまで5回の添削課題の提出と1回の最終課題の提出が求められます。 この添削課題の提出や、卒業課題の提出がいわゆる資格試験と同じような学習確認効果を持つものになっているわけです。

 

つまりきちんと学習した内容が頭に入っていて、いつでもその知識を使うことができるような状態であるかどうかをオリジナルの添削課題で評価しているというわけです。 これは裏を返すと興味深い事実を物語ります。

 

諒設計アーキテクトラーニングでヨガ講座を受講して資格を取ろうとすると、テストあるいは受験という非常に緊張する関門を突破せずともよい、 ということです。

特にテストや試験となるとどうしても緊張してしまい、普段から持っているスキルや知識を十分に発揮することができないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

学生時代から本番に弱く、どうしてもテストなどで落ちてしまうため本来はそれ相応の学習をしてきているのに結果を出すことができないとお悩みの方もいらっしゃることでしょう。 こういった方々にも、諒設計アーキテクトラーニングは強くおすすめできます。

 

受験という一発本番、あるいは一発勝負での環境で資格を取得することができるかどうかが決まるのではなく、 「今までの積み重ねがきちんと評価された上で、試験免除」 という形を経て資格を取ることができるのですから。 コツコツと努力をして積み重ねるタイプの方には特におすすめの講座だと言えるわけです。

 

試験がないのは課題提出ノルマがあるから

諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格は、確かに試験はありません。 試験を受けることなくヨガ資格を取得することが可能です。 しかし、これは全く何もせずとも自動的に資格を取ることができるというわけではありません。 当然のことながら課題提出をしなければなりませんし、この課題提出にはノルマが存在します。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは最終試験を免除するという特別なカリキュラムを実施しています。 そのためきちんと学習をしているかどうか、あるいはきちんと課題に取り組んでいるかどうかという部分は最も厳しく審査します。

 

この部分は最終試験がある資格スクールの方が反対に優しい基準を持っているかもしれません。 諒設計アーキテクトラーニングでは添削式の課題を提出しなければ資格を取得することはできません

 

課題は添削式なため早めに提出しよう

課題を提出するのは課題提出の前日くらいで良いでしょうか? あるいは当日の朝でしょうか? どちらも違います。 添削式ということはあなたが提出した課題をきちんとチェックし、その上でフィードバックなどを受け、場合によっては再提出をしなければならないというケースもあります。

 

この場合再提出をしなければ当然のことながら資格を取得することができません。 また再提出期限についても設定されるケースがありますので、出来る限り課題は早めに取り組み、そして、早めに提出しフィードバックを待つようにしましょう。

 

ここで問題になるのは、やはり学習スケジュールの組み立てになります。 完全在宅学習で自分で好きにスケジュールを組み立てることができるのは、大きな自由でもあります。 しかし、大きな自由には大きな責任が伴います。

 

スケジュールに強制的に縛られるということはない代わりに、きちんと自分でスケジュールを管理しなければなりません。

課題の提出が遅れてしまうと資格取得に重大な影響を及ぼすこともありますので、きちんとできる限り早めに課題に取り組むようにし、そして、前倒し・前倒しで課題を提出するようにしていきましょう。

 

ヨガ資格取得後の実技スキルも高めて

ヨガ資格では、様々なことを学び取ることが可能となっています。 ただし、これらはあくまでも基礎的な部分のみとなります。 やはりヨガ資格は完全在宅で受講するタイプの学習方法を採用していますので、実技や実際に誰かに施術をしてそのフィードバックを受けながら高みを目指して行くというタイプの学習を行うことができません。

 

ヨガ資格を取得したら様々な部分で活躍することができるようになりますが、その一方で実技スキルもきちんと高めて行かなくてはなりません。

 

資格取得後は認定証発行にお金がかかるかも

諒設計アーキテクトラーニングで資格を取得した後には、あなたはまさしくヨガ資格を持っている有資格者ということになります。 しかし、場合によっては認定証などを発行してもらい、きちんとあなたが有資格者であることを証明できるツールを持つ必要があるケースもあります。

 

この場合には認定証について、資格を発行している機関から取り寄せることになります。 この場合にのみ認定証発行という部分で事務手数料が発生する可能性があります。

 

こちらについては諒設計アーキテクトラーニングの範囲を超えた部分での話になりますので、認定証発行が必要な場合には事前に認定証発行にどのくらいのコストが発生するのかという部分も含めて問い合わせなどを行っておくようにしましょう。