心理カウンセラー資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は、通信制、6ヶ月以内に講座を修了し、課題を6回提出すれば2資格同時に取得できるというものです。課題提出ができれば資格を取得できるため、難易度は高くないですが、期間内に課題を提出しきらないといけないため、妊娠、出産、その他のトラブルなどの関係で予定がずれると卒業課題提出が難しいかもしれません。

 

難易度は低めの心理カウンセラー資格

 

世界各国には存在し数ある心理カウンセラー資格には様々な難易度のものが存在します。その中でも、諒設計アーキテクトラーニングが提供する心理カウンセラー資格は取り立てて難易度が高いというものではありません。 むしろ難易度は全体的に低めに設定されている心理カウンセラー資格で、非常に取得しやすい資格といえます。

 

そのため諒設計アーキテクトラーニングであれば心理カウンセラー資格を取得したいと思い立ったその日から、まっすぐに資格取得へ向けて突き進むことが可能となっています。 現時点で心理カウンセラーという学問に対して全く知識がないという場合でも心配は要りません。

 

難易度が低めに設定されていることから学習も緩やかに、そして、楽しく取り組むことができるようになっています。 全体的にきちんと講座を受講していれば資格を取得できるような設計となっていますので、よくある資格試験のように過去問題を必死に解くなどのいわゆるスパルタ的な学習は必要ありません。

 

資格取得の壁「試験」がない

スペシャル講座79,800円は試験免除

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座が79,800円で受講できるというコースですが、こちらの講座は心理カウンセラー資格の試験が免除になるという非常に珍しいコースでもあります。 非常に濃密な講座であることから、受講中に複数回の課題を提出することが試験の代わりとなるわけです。

 

これによりいわゆる試験本番などを迎えることなく、また合格するかわからないと言った不安を抱えながら心理カウンセラー資格の学習をする必要がなくなります。 試験が免除になる心理カウンセラー資格をお探しの場合は諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

 

スペシャル講座は課題提出が6回ある

スペシャル講座を受講する場合、試験が免除になる代わりに課題提出という機会が6回ほど存在します。 ただ、これらの課題も決して難しいものではありませんし、テキストを見ながら在宅でじっくりと取り組むことができるようになっています。

 

実際にスクールなどに通って課題に取り組む必要がある講座などではテキストを見ながら課題を取り組むということは到底不可能と言ってよいでしょう。

 

諒設計アーキテクトラーニングの課題であれば、気軽に家庭で、自分のペースで学びながらレポートにまとめて提出できますので、子育て中でもいつでも学習ができます。毎日決まった時間を確保できないという方にもオススメなのが、このスペシャル講座です。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座であれば誰に邪魔されることもなく自分のペースで、また一番リラックスできる環境である自宅などで取り組むことができるようになっています。

 

課題に取り組みながら学習した内容を再度整理することができるようにもなっていますので、より知識の定着という部分に重きを置いた学習内容であるということも理解できます。

 

特に心理カウンセラーという資格は多岐にわたるジャンルにおいて深い知識を持っている必要があります。 こういった深い知識についてはいくら学習をしても課題提出などで実際に使わなければ記憶や自分の体に定着することはありません。

 

このように学習内容の定着という部分まで考え抜いて設計されているのが諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラースペシャル講座ということです。

 

質問もできるので学習の質は本人次第

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー講座のスペシャル講座では、どのような学習の質で勉強を進めることができるのでしょうか。 いわゆる「教えっぱなし」の講座ではありませんので、もちろん受講者が質問をできます。

 

質問についてはきちんと専門家が回答をしますので、いつまでたっても質問に対する回答が得られず勉強を進めることができない!といった心配はありません。

 

しかし、質問ができる環境が用意されているからといって、100%学習の質が高いということはできません。 なぜなら、学習の質を決めるのは結局は本人の努力、あるいは本人の学習へ取り組む意欲次第だからです。

 

諒設計スペシャル講座では、本人にやる気があればきちんとそれに応えるだけのポテンシャルを持っています。 この講座で心理カウンセラーとしてのキャリアを開始できるかどうかは、受講者本人であるあなた次第です。

 

心理カウンセラー資格の平均受講期間は3ヶ月

最短2ヶ月、最大6ヶ月の期間がある

心理カウンセラー資格の平均的な受講期間は3ヶ月です。諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座では最短2ヶ月から心理カウンセラー資格を取得することができるようになっており、じっくりと学習に取り組みたい、または、様々な事情があって一旦学習を進めることをストップせざるを得ないという状況になった場合でも最大で6ヶ月間まで期間が設けられています。

 

つまり最短2ヶ月で心理カウンセラー資格を取得することもできれば、最大6ヶ月の期間をかけてじっくりと自分のペースで学習を進めるということもできるわけです。

 

心理カウンセラー資格は遅咲きだからといって決して悪いことはありません。 じっくりと時間をかけて学習した分、より相談者の方に寄り添う形でやさしいカウンセリングができる、そういったことも考えられるのではないでしょうか。

 

卒業課題の提出タイミングで受講期間は変わる

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座では心理カウンセラー資格を取得するにあたり、卒業課題を提出する必要があります。 この卒業課題の提出タイミングによって受講期間は変動することが予想されます。 つまり卒業課題を提出したタイミングで心理カウンセラー資格を取得できるというわけです。

 

2ヶ月から4ヶ月で余裕を持って合格できそう

またこちらの講座をすでに卒業した人のデータを集めてみると、およそ2ヶ月から4ヶ月程度で余裕を持って合格することができたというケースが多く聞かれます。 そのためこちらの講座は2ヶ月から4ヶ月程度で合格することができるという平均値を導き出すことができます。

 

学習内容は他社の通信講座とほぼ同じ

学べる内容は決して薄っぺらではない

このように大変簡単に心理カウンセラー資格を取得することができる諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格講座ですが、学ぶことができる内容は決して薄くはありません。 むしろ他社の通信講座とほぼ同じ水準・あるいはそれ以上の水準を保っています。

 

心理カウンセリングに必要な知識や手法などを幅広く体系的に勉強することができ、その上でスケジュールなどの面でも自由度高く学習することができるという理想的な状況を持っているわけです。

 

大学の心理学レベルには届かない

心理カウンセラー資格で勉強することができる内容は必ずしも国家資格としても通用するような水準というわけではありません。 やはり初歩的な内容や基本的な内容にウエイトを置いていることから、一般的に大学の心理学レベルで学習することができる講座の内容に踏み込むということはほぼありません。

 

そのため国家資格を取得しようと考えていらっしゃる方や、現段階で受講しようとしている資格を大学の心理学レベル・あるいはそれ以上のものを求めようとしている方についてはこちらの資格はおすすめできません。

 

ただし最初の一歩としてこの心理カウンセラー資格を取得しておくというのは大いに結構です。 なぜなら基礎的な部分を勉強していなければ、より高度な内容、あるいは発展的な内容に踏み込んでいくことは到底不可能だからです。

 

心理学は非常に多くの深い学問で、場合によっては海外のNLPのような神経言語プログラミングといった専門的な内容が絡んでくるケースもあります。

 

これらの内容を概念から理解するためにはまず、基本的な部分をカウンセラー資格の勉強を通して習得している必要があります。

 

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格では、基本を学ぶことになりますので、大学生や社会人の学び直し、新しい分野の学びにも役立てられます。新しい分野でもマイペースに学べますので、少しずつ確実に実力を高められるでしょう。ある程度の実力が身についてから専門学校などを目指すのも良いかもしれません。

 

心理カウンセラーを目指す初心者にちょうどよい内容

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格は心理カウンセラーを現在目指している初心者の方には大変ちょうど良い内容となっています。 なぜなら基本的な部分は全て網羅することができますし、それによって心理カウンセラーとしての第一歩を踏み出すことも十分に可能だからです。

 

当然のことですがこちらの心理カウンセラー資格は就職やパートの応募の際に履歴書に資格として明記することが可能となっています。 そのため履歴書に心理カウンセラー資格という文言があるということで高確率で採用を勝ち取ることができるケースも存在します。

 

経営側の視点から見てもやはり心理カウンセラー資格を持っている人は、積極的に採用したいものです。 彼らが会社に在籍してくれていれば社内の組織運営や組織の防衛にも大きく役立ちますし、万が一の際にはカウンセリングルームを開設して社員の心のケアにあたらせることもできるからです。

 

もちろんより高度な内容を勉強して発展的な心理カウンセラーとしてのキャリアを積みたいということであれば、この資格以外にも学習を積み重ねていく必要はあります。 しかし、それらのすべての土台となるのがこちらの心理カウンセラー資格となります。

 

「全ての道はローマに通ず」 という言葉がありますが、まず高度な知識を持ち第一線で活躍する心理カウンセラーといういわゆるローマを目指すには、そもそもローマに通ず道に立たなければなりません。

 

その道に立つ一番最初のステップが、諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格というわけです。

土俵に立たずして相撲を取ることはできません。 まずは心理カウンセラー資格を取得して高みを目指すための土俵に乗るところから目指していきましょう。

 

まずは資料請求を検討してみて

心理カウンセラー資格を取得し、キャリアの第一歩を踏み出すために必要なことがいくつかあります。 そして、その中で最も一番最初にやるべきことが資料請求です。 資料請求をしなければ当然学習をスタートすることができなくなるわけですから、心理カウンセラー資格を取得することはできません。

 

そのため、まずは第一歩である資料請求を行い、この心理カウンセラー資格の講座がどのような内容なのか?という詳細を確認してみるところから始めてみませんか。

 

実務に関わるときは資格よりカウンセリングスキルが重要

心理カウンセラー資格を持っているからといって、そこからいきなり実務が完璧にこなせるかと言えばそうではありません。 心理カウンセリングに関する実務に関わる際にはやはり、資格などの勉強で得ることができるいわゆる教科書の上での知識よりも重要なものがあります

 

実際に人と向き合い、きちんと相談者さんの心をほぐし、奥底にある感情を見抜くことができるカウンセリングスキルが何よりも重要となります。 そして、このカウンセリングスキルは深いところになればなるほど、教科書の勉強だけでは対応することができなくなります。

 

「十人十色」 という言葉があるように、それぞれ様々な特性や心理上のクセのようなものが存在しますので、これらの経験を積むことでこれに対するノウハウを保持しなければなりません

 

また精神疾患などを持っていらっしゃる方については通常の方と異なる心理的な反応を見せることもあります。 場合によっては錯乱状態になるなど大変リスキーな場面も想定されますが、これらもきちんと対応するノウハウを持っていてこそプロのカウンセラーです。

 

このような部分についてもカウンセリングスキルを磨き続けることによって対応力を持たなければならないことでしょう。

この際、中途半端な対応をするだけでは、相談者の心は閉じてしまいますので、資格取得後にもおごり高ぶらず、冷静に学び続ける必要があります。

 

相手の立場に立って、共感と悩みの共有に徹し、心理カウンセラーとしての知識を生かして、人々の役に立てるようにしましょう