幼児食資格|幼児食マイスターになって子育てマスターに

諒設計アーキテクトラーニングで取得できる幼児食資格は、幼児食マイスターとベビーフードインストラクターの2つです。この幼児食資格を取得し、家庭でも幼児食を実践すれば少しずつでも子育てマスターになれるでしょう。子育ての経験があればいずれは保育関係や福祉関係、カルチャースクールでも活躍できるはずです。

 

幼児食マイスターとは?

日本安全食料料理協会という協会をご存知でしょうか。 こちらの協会はチーズマイスターやコーヒーソムリエ、あるいはお米ソムリエなどテレビでよく耳にする資格認定も行なっている日本国内で安全な料理や食事を提供するために必要な知識を認定する資格団体です。

 

こちらが提供している資格の中に幼児食マイスターがあります。 この資格は大きく説明すると幼児食の知識を持っていると認定される人に与えられる資格となっており、具体的には赤ちゃんに対して使用して良い食材とそうでない食材の分類や栄養バランスが整った献立の立案といった部分の知識に関する認定を行っています。

 

その他に、 幼児の成長に合わせた食事 アレルギーの予防や対策 幼児特有の食べ方やしつけ など離乳食や幼児食の知識があることが求められるというのもこの資格の特徴です。 諒設計アーキテクトラーニングでは初心者もこれらの知識をしっかり学べるように講座テキストが作られているので安心です。

 

よくある資格講座では学習内容が非常に難しすぎて最初から授業についていくことができず、あるいは授業になんとかついて行くことはできたとしても最終試験で試験に不合格となってしまい、結局その資格を取得することができなかったというケースもあります。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングでは決して初心者を見捨てるようなことはしません。

初心者の方でも着実にステップアップができるように非常に洗練された講座カリキュラムを備えています。

 

幼児食資格講座概要

講座名 幼児食資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 幼児食マイスター

ベビーフードインストラクター

 

ベビーフードインストラクターとは?

 

幼児食マイスターとの違いは?

ピラティスやリフレクソロジーなどに関連する分野や、建築、趣味など様々な部分のインストラクターを養成するために必要な資格を認定しているのが日本インストラクター協会です。 そして、こちらの日本インストラクター協会が認定する資格の中にはベビーフードインストラクターというものも存在します。

 

ベビーフードインストラクターは読んで字の如し、お子様の食事に関して知識の披露や指導をすることができるインストラクターの資格となります。 幼児食についてはやはり日々成長するお子様に合わせて様々な献立立案ができるようにならなければなりませんし、これには栄養学の知識や幼児の体質に関する知識などが必要となります。

 

このように大人の食事とはまた少し異なる部分で知識を持っているという証明が幼児食インストラクターというわけです。 もちろん履歴書に書いてアピールすることができる資格となっていますので、幼児食に関連する分野でこれから働こうとしている方、あるいはこれから職場復帰を果たそうという方にも非常に人気の資格となっています。

 

先ほどご紹介した幼児食マイスターの資格も幼児食資格という観点では同じような資格となっていますが、ベビーフードインストラクターはより桃の節句やクリスマスといった行事イベントと幼児食のトータルバランスを兼ね揃えた献立の作成ができるという特徴があります。

 

赤ちゃん向け料理のレシピを提案するスキルになる

このような幼児食資格を持っていると、赤ちゃん向け料理のレシピを提案するスキルを得ることができるようになります。 やはり大人の食事と赤ちゃんの食事を全く同じにするというわけにもいかないもので、かと言って赤ちゃん向けレシピというのはあまり多くはありません。

 

そのため毎日同じような食事を赤ちゃんにさせてしまうというケースも多々あるのではないでしょうか。 そういった部分についてもベビーフードインストラクターなどの幼児食に関連する資格を持っていれば問題は解決します。

様々な知識を駆使することで赤ちゃんに日々さまざまな食事を提供することができるようになるというわけです。

 

幼児食の作り方を指導できるようになる

幼児食の作り方は大人が食べる通常の食事のそれとはかなり異なります。幼児食に使って良い食材と使ってはいけない食材などもあることから、幼児食作りというのは正しい知識がないと難しく苦手意識を持つママやパパも多いでしょう。 しかし、幼児食資格を持っていることにより、幼児食の作り方を他の方に指導をできます。

 

これは先生としてのキャリアを開花させていく一つの有効な手段でもあるのではないでしょうか。 特にあなたが今後の子供に関する分野でキャリア形成し、ビジネスなどを展開しても良いのではと考えているのであれば、この資格を取得しておいて決して損はありません。

 

料理教室を開くのにおすすめ

ベビーフード専門の料理教室を開くのもあり

幼児食資格取得後は、ベビーフード専門の料理教室を開くというのも良いのではないでしょうか。 ベビーフードは意外とマンネリになりがちで、こういった教室があると非常に人気を呼びやすいという傾向にあります。もちろんこの料理教室は子連れOKにしてしまいましょう。

 

また、季節のイベントに合わせたレシピを参加者全員で一緒に作り、ランチを一緒にとるというクラスも存在します。これにより料理教室の提供という他にもパパ友ママ友の交流の場を提供するということもできます。 特にパパ友ママ友が少ない方にとってはこのお教室が大きな出会いの場になることも考えられます。

 

人間関係が何かと希薄になりかけている現代社会で、こういった出会いの場を提供できるというのは、料理に関する知識や技術の提供だけでなく社会的な意義のあることではないでしょうか。

 

3歳までの子ども向け料理教室も需要がある

また3歳までの子供向け料理教室というのも非常に需要があります。 3歳までのお子様が食べれる幼児食の料理教室も非常に人気がありますが、場合によってはお子様に早い段階から食事と料理という食育を施すという目的で、お母様やお父様と一緒に料理教室に来てもらうという教室展開も大変人気なのです。

 

簡単な言葉で野菜や果物を覚えたり、簡単で安全な調理を一緒に楽しむといういわゆる親子教室もパパ友ママ友、また子供同士の交流の場として人気です。

 

好き嫌いをなくす子育て料理教室も人気が高い

子供にとって必要な栄養は様々ありますが、その中には野菜という食材が大きな壁となって立ちはだかることも多々あります。 「好き嫌い」が激しくて、お子様が必要な栄養を含む野菜を食べてくれないと悩む方も多いのではないでしょうか?

 

無理に食べさせてしまうと食事自体を嫌がるようになる可能性もありますし、大人になってからトラウマという形でその食材を避けるようになってしまう可能性だって十分に考えられます。 もちろんアレルギーということであれば無理に食べさせるのは絶対にいけませんが、好き嫌いという部分に関してはある程度大人が調整をする必要があります。

 

そのために好き嫌いの克服をするための料理教室を展開するというのも非常に喜ばれます。もし子連れOKの料理教室に親子で参加した場合、普段は食べたがらない野菜も他のお子さんが食べている姿を見ると自分も食べる!とお子さまの苦手克服になるかもしれません。

 

また料理教室を展開しながらその傍らでブログや本にまとめて情報を展開していくというのもおすすめの方法となります。

最近はYouTubeなど様々なSNSでデビューするチャンスもありますので、こういった知識の整理という部分で情報の公開を行っていくというのも良いでしょう。

 

幼児食資格以外に求められるスキル

子どもの食事のとり方の実情を知っていること

成長にあわせたベビーフードを作り、いざ食べさせようとしても思うように食べてくれないことがあります。 こうなると食べなさい!ときつく言ってしまいがちですが、頭ごなしに叱ってはいけません。 好き嫌いもあれば、お子様にとって食べづらい硬さや味である可能性もあるからです。

 

また、場合によっては手づかみでの食事がずっと続いていて悩んでいるということもあるのではないでしょうか。 このような子育てならではの悩みを知り、その対処法を知ってこそのベビーフードインストラクターや幼児食資格を持つ先生でもあります。

  • 今食べさせているベビーフードは子供にあった内容か
  • お腹が空いていない、遊びに興味があるから食べないのではないか
  • パパやママも一緒に手づかみで食べて視覚から食べ方を見せる
  • パパやママも同じ料理をスプーンで食べ、食べ方を教える
  • フォークやスプーンは赤ちゃんにあったものか

など、お子様がベビーフードが食べられるようになるまで確認してみるポイントはいくつもあります。 せっかく作っても食べてもらえなければ宝の持ち腐れとなりますから、なんとか食べてもらえるようにしなければなりません。

 

諒設計アーキテクトラーニングで学習することができる幼児食に関する資格はこの辺りの部分もしっかり学ぶことができますので、より実践的に幼児食という部分について知識を振るうことができるようになります。

 

コスパの良い食材、かつ、子どもの好きな食材を知ること

赤ちゃんに適切な食材を学ぶことは基本ですが、一歩踏み込んでコスパの良い食材はなにか、特に子供が好きな料理はなにかというポイントも実際は重要です。 高い食材を使ってばかりではお金が足りなくなるというリスクもありますし、これは避けなければならないことです。

 

そのため子供向けコスパ食材のニーズもありますが、アレンジ・使い回せる食材のニーズも高いのが現状でしょう。 少ない手間とお金で食事を用意できたらこれほど嬉しいものはありませんよね。

 

このあたりもテキストではツナ、キャベツ、クリームコーン、かぼちゃなど様々なコスパ食材を諒設計アーキテクトラーニングで学ぶことができるようになっています。

特にツナ缶やクリームコーン缶は保存がきくので忙しい主婦(主夫)におすすめです。

 

レシピを分かりやすく資料にまとめるスキル

そして、諒設計アーキテクトラーニングで学習することができる幼児食資格については 「レシピを分かりやすく資料にまとめる」 というスキルを得ることができるようになっています。これは非常に重要なスキルです。 なぜならレシピが頭の中にあっても、分かりやすくまとまっていなければ人に伝えることができないからです。

 

人に何か指導をするという時には、その情報をよりわかりやすく「インプットしやすい形」でアウトプットする必要があります。 このあたりのついての技術も諒設計アーキテクトラーニングでは課題提出が5回、6回とあるわけですから、しっかり学んだうえで実践できるようになりましょう。

 

幼児食資格で子育ての予習をしてみよう

今後、お子様を出産するという場合には子育ての予習という位置づけで幼児食資格を受講してみてはいかがでしょうか? お子供が生まれれば昼も夜も忙しくなり、暫くの間は学習する時間の確保が難しくなるでしょう。そうなる前にしっかり知識を吸収し、実践できるように準備しておくことも出産準備の1つと言えるかもしれません。

 

また、諒設計アーキテクトラーニングでは紙のテキストで勉強していきます。講座修了後もそのテキストは捨てず、キッチンの近くなどすぐ取り出せるところに置いておくと、子育てに忙しい最中でもさっとお子さまに最適な食材や料理を確認し、すぐ実践することができるのでおすすめです。

 

健康で力強い子どもになってもらうために

また幼児食資格を持ち、幼児食をきちんと適切にお子様に食べさせるということは健康で力強い子供になってもらうためのステップでもあります。 幼児は口から摂取したエネルギーや栄養をもとにぐんぐん成長していきますから、成長時に必要な食材を適切に与え、しっかり成長できるようにサポートすることも保護者や福祉施設の役割でもあります。

 

諒設計アーキテクトラーニングではこのような強いお子様を育てるための知識を得ようとしている人を全力で応援しています。 様々な資格をよりリーズナブルな価格で受講できるような制度も整えていますし、場合によってはより多くの資格を非常に安い金額で受講することができるようになる特別なお知らせをしているということもあります。

 

しかし、これらについてはまず資料請求という形で受講者側から働きかけなければチャンスはやってきません。 諒設計アーキテクトラーニングではよくあるセールスの電話などを四六時中かけているわけではありません。

そのため自分からチャンスを掴みに行かなくてはならないというわけです。 まずは資料請求から始めてみましょう。