ヨガ資格・通信講座で家にいながら簡単取得

ヨガ資格講座では、美ヨガライフセラピストと美ヨガライフインストラクターという2つの資格を取得できます。美ヨガのスキルがあることを証明できるため、ヨガ本来の呼吸法や心を大切にするヨガよりはエクササイズよりですが、家庭やヨガ教室でやるにはちょうどよいヨガ資格です。

 

ヨガ資格の詳細

本文ここ ヨガ資格は美容と健康にこだわる人が多い現代において、非常に人気かつおすすめの資格となっています。 自宅のスペースでも十分に練習・勉強ができ、資格取得のための準備を着実に行える点が魅力なので、今後も講座の受講によってスキルを身につける人が増えていくと考えられるでしょう。

 

主にヨガインストラクターとして働きたい場合に注目される資格と思われるかもしれませんが、美ヨガライフセラピストと美ヨガライフインストラクターは自分自身の体をヨガの力で整えるためにも利用可能です。 ヨガの初心者であっても問題なく始められることから、気負わずに申し込めるのもメリットだといえるでしょう。

 

知識を得ることは単純にヨガを楽しむことにもつながるので、興味がある人は1からしっかりと学んでいけるヨガ資格講座をチェックしておいてください。

 

ヨガ資格講座の概要

講座名 ヨガ資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 美ヨガライフセラピスト

完全在宅でヨガ資格を取得できる

資料請求から受験まで在宅でできる

本文ここ ヨガ資格講座の利用は、資料の請求から本番の受験までをすべて在宅で行うことができます。 そのため仕事や家事をしながらでも、比較的スムーズにスキルを身につけていくことができるでしょう。 見た目よりもずっとハードで体力も必要となるヨガの学習は、途中で挫折する人も決して珍しくはありません。

 

特に資格取得のために教室や専門のスクールに通わなければならないとなれば、そのハードルはさらに高くなるでしょう。 だからこそ在宅のまま勉強と受験を終えられる資格講座のメリットが、必然的に大きくなると予想できるのです。

 

「ヨガには興味がある。でもわざわざ習いにいくのは面倒」という人は、この機に資料請求から始めてみるといいでしょう。

 

課題作成は自宅で、課題提出は郵送で

本文ここ ヨガ資格講座から美ヨガライフセラピストと美ヨガライフインストラクターの資格を獲得するには、いくつかの学習課題をクリアする必要があります。 とはいえ学校の試験のように決められた時間に特定の場所を訪れる必要はなく、自宅にいながら課題の作成を進めることが可能です。

 

「長時間集中するのが苦手だ」「忙しくてまとまった時間を取れない」といった場合にも、安心して自分のペースのまま学んでいくことができるでしょう。 さらに完成した課題の提出も郵送でOKとなっているので、多忙な毎日が続いてもそれほど苦労することはありません。

 

1度中断してしまうとなかなか復帰が難しいこともある資格の学習において、このように自宅から離れずに課題の作成と郵送が行える点は大きな魅力ですね。

もちろん自宅ばかりではなく、外出先のカフェなどでも課題を作成できます。 煮詰まったときも気軽に気分転換が行えるので、学習効率を高くキープしていくことができるでしょう。

 

再提出の可能性があるので早めに提出

本文ここ 提出した課題は添削してチェックされるため、内容によっては修正しての再提出が求められる可能性もあります。 ギリギリに提出して学習が疎かにならないように、ヨガ資格講座ではなるべく早めに提出することがポイントとなるでしょう。

 

再提出は面倒な作業ではなく、むしろ自分の知識をさらに補強できるチャンスであるため、その後のプラスにすることもできます。 時間がないからといい加減な内容で再提出するのではなく、しっかりと足りなかった部分とこれから学ぶべき点を把握するように努めましょう

 

再提出ありきでかまえている方が、添削されたものが返ってきたときのショックを抑えることができます。 モチベーションを低下させないためにも、再提出を予想した早めの提出を普段から実行していきましょう。

 

添削課題5回+卒業課題1回が必須

添削課題は3ヶ月以内に終わらせたほうが良いかも

本文ここ ヨガ資格講座を受講した場合、全部で添削課題5回と卒業課題1回の提出が必要となります。 期間は全体で6ヶ月となっているため余裕に感じられるかもしれませんが、卒業課題にしっかりと取り組むためにも、添削課題は3ヶ月以内に終わらせることがおすすめです。

 

美ヨガライフセラピストと美ヨガライフインストラクターの資格をダブルで取得できるスペシャル講座の場合、最終試験が卒業課題によって免除されています。 当然ながらその分クオリティの高い課題の作成が求められるため、全力で最後の卒業課題に当たる必要があるのです。

 

余裕を持って時間を使ったせいで後半駆け足になるようなことがあれば、せっかくの学習結果を活かせなくなる可能性もあるでしょう。 講座から得たヨガのスキルを存分に発揮できるように、5回の添削課題は早めに提出していくことを意識してみてください。

 

学習期間6ヶ月は無料延長した場合の話

本文ここ 現在学習期間として表示されている6ヶ月という時間は、期間限定特典の「無料延長2倍」キャンペーンを含めた計算の結果となっています。 そのため本来ヨガ資格講座の学習期間は、3ヶ月を基本としているのです。

 

つまりは元々3ヶ月あればしっかりと学べる講座になっているため、無料延長を利用しなければ3ヶ月、効率良く学習していければ最短2ヶ月で資格取得まで進むことができるでしょう。 添削課題を3ヶ月以内で終わらせた方がいいという上記の内容も、この無料延長期間をフル活用するためのポイントとなっています。

 

本来なら3ヶ月ですべてを終わらせなければならないのに、その倍の6ヶ月を学習に使えるという今の状況は本当にお得です。

「3ヶ月で学びきれるか不安だ」という人は、スケジュールを調整しやすい今こそ申し込みに踏み切ってみることをおすすめします。

 

卒業課題は70%以上の評価がもらえるように

本文ここ 資格の取得を決定する卒業課題の合格には、70%以上の評価が必要となります。 明確な目標を作ってモチベーションを高めるためにも、卒業課題に挑戦するときはこの70%を目指すようにしましょう。

 

半分よりもさらに多くの評価が求められるということなので、中途半端な学習では落ちる可能性があります。 しっかり高得点まで達せられるように、ヨガについての見識や知識を講座のなかで積み重ねていきましょう

 

70%という基準はやや高めに感じられるかもしれませんが、逆にいえば100%の正解を作成する必要はないということでもあります。 「30%分の余裕がある」と考えることができれば、むしろヨガ資格講座の卒業課題に対する緊張感を緩和することができるでしょう。

 

評価を気にしすぎて実力を出せないのはもったいないので、卒業課題に取り掛かるときは気楽な心も忘れないようにするのがおすすめです。

 

在宅受講は主に子育て中の方におすすめ

育児中の方は在宅学習が適している

さまざまなメリットがあるヨガ資格講座の在宅受講ですが、特に子育て中の方はその利点を存分に体感することができるでしょう。 子供の機嫌やちょっとしたトラブルに振り回されるのが当たり前であるため、育児中はなかなかスクールなどに通うのは難しいです。

 

しかし、自分の家にいながら学べる在宅学習であれば、好きなタイミングで中断したり、子供の世話や家事を優先しながら勉強したりといったことも簡単に行えます。 子育てを理由にヨガ資格取得を諦めていた人は、この機に在宅学習という方法をチェックしてみましょう。

 

仮に子供のことを誰かに任せることができたとしても、その状態で学習に集中できるとは限りません。 むしろ育児を休んでいるという感覚が、スムーズな勉強を妨げることもあるでしょう。

 

それならいっそのこと、資格取得と育児を両立できる在宅学習を行う方がメリットを大きくできます。 どちらも中途半端にしてしまわないためにも、資格講座を使った自宅での学習スケジュールを計画してみることがおすすめです。

 

1日15分からでも学べるカリキュラム

ヨガ資格講座の学習内容は、1日15分から学べるカリキュラムによって組み立てられています。 そのため例えわずかな時間しか取れないとしても、少しずつ着実に学んでいくことが可能となっているのです。 ちょっとした休憩の隙間を利用していければ、15分の学習はあっという間に完了します。

 

「今日も勉強をすることができた」という実感は自信につながり、また明日の学習意欲を生む大切なポイントとなるでしょう。 これまで資格勉強を続けることが苦手だったという人も、ヨガ資格講座の15分カリキュラムなら、継続することができるかもしれません

 

無理なく毎日続けるということは大きな結果を作り出す一歩となるため、ぜひ有効に活用してみてください。

短い時間であれば復習も気楽に行えるので、勘違いやケアレスミスを的確になくしていくことができます。

 

そのため課題対策としても15分のカリキュラム学習はおすすめで、最終的に基本スタイルとして定着することになるかもしれません。 課題を上手くこなせるか不安に感じる人は、15分単位でのカリキュラム学習を特に実践していくといいでしょう。

 

短期集中で一気に学んでいくのもあり

育児や家事をしていると、どうしても学習の時間を確保できないこともあるでしょう。 そんなときはカリキュラムをまとめて、短期集中を目標に一気に学んでいくのもおすすめです。 「1日15分」という基準はあくまで最小単位であり、時間と気持ちに余裕があるのならもっとたくさん勉強しても問題ありません。

 

こまめに勉強の機会を作るよりも、限られたタイミングで集中するのが得意だという人は、「週○日」や「○曜日には○時間」といった短期集中型のカリキュラムを独自に組み立ててみましょう。 その結果早めに講座を終えることができたなら、また最初から勉強をやり直してみるのも1つの工夫となります。

 

勉強の成果をきちんと身につけることができているかどうか確かめるためにも、短期集中のスタイルで学習した際にはある程度テキストや問題集を遡ってみてください。 もしそこで不勉強が発覚したとしても、また集中して学び直せれば、課題のときに実力を発揮することが可能です。

 

課題に合格して資格を取得することこそが目的なので、短期集中の場合も繰り返しの学習は徹底して行っていきましょう。

いずれにせよまずは自分が15分のコツコツ勉強に向いているのか、短い期間で一気に勉強するのに向いているのか、見極めることから始めることがおすすめです。

 

メールフォームから課題提出する方法もある

先ほど課題の提出は郵送でも可能ということをご紹介しましたが、ヨガ資格講座ではさらに楽なメールフォームからの提出も推奨されています。 メールフォームを利用すれば夜中でも早朝でも関係なく課題を提出できるので、その日1日の予定を崩さずに済むのがメリットです。

 

家庭の事情で郵便局に行くのが難しい場合は、積極的にメールでの提出を利用していくといいでしょう。 特にパソコンでの文書作成に慣れている人や、紙よりもディスプレイを使った学習の方が頭に入りやすいという人は、データをそのまま送れるメールの方が便利となっています

 

印刷する手間を省けて、郵送中の事故や到着までの時間を考慮する必要がなくなるのも魅力。 添削結果をなるべくスピーディに確保することができれば、その後の学習をスムーズに進行できるので、この機にメールフォームを利用する方法があることは把握しておきましょう。

 

完全在宅学習ができるのが諒設計ヨガ資格の魅力

ここまでご紹介した諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格講座には、本当にたくさんのメリットがあります。 特に完全在宅での学習ができる点は、多くの人にとって有益なものとなるでしょう。 資格勉強で苦労する定番として、学習環境はよく挙げられます。

 

どれだけやる気や目標があっても、日々の仕事や家事に追われてしまうと、勉強は捗らなくなってしまうものです。 しかし、こちらのヨガ資格講座であれば、自宅にいるまま本格的な学習を行うことができます。 自分から動かなくても、最適な環境を自宅に用意することができるのです。

 

このことから資格取得のための近道は、在宅学習にあるのかもしれません。 ぜひ諒設計アーキテクトラーニングの講座をチェックして、完全な在宅による資格勉強に挑戦してみてはいかがでしょうか。

美ヨガライフセラピストと美ヨガライフインストラクターの資格取得が目標であるのなら、最高の学習環境となるかもしれません。