タイ古式マッサージ資格は試験免除で一発取得

タイ古式マッサージ資格はタイ王国公式のものを取得しようとするととても大変ですが、初心者の方が趣味感覚で、自分で自分に施術するために学びたい場合は諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格を取得するのがおすすめです。ハーブボールなどをもっと工夫して使いたいときなどには特に役立つでしょう。

 

タイ古式マッサージ資格とは?

タイ古式マッサージという言葉をご存知の方はきっと多いでしょう。日本でも幅広い世代に支持されているのがタイのマッサージです。街を歩けば、1~2件はタイ式マッサージのサロンを見かけますし、最近はスーパー銭湯などでもタイ古式マッサージのブースが出ていることがありますよね。

 

実はタイのマッサージの歴史は紀元前にさかのぼり、その歴史は2500年。 2500年前の地球がどうだったかと言うと、ちょうど 「地球はどうやら丸いようだ」 ということが人類に認識され始めたあたりです。

 

タイは仏教国で有名ですが、その昔、インドから仏教徒とともに医師がタイに渡り、タイに仏教徒ともにマッサージも伝わったとされています。長い歴史のなかで口頭で脈々と受け継がれた伝統あるマッサージがタイ古式マッサージで、タイでは病気の治療にも用いれられ、タイの国家資格を持つ人が治療にあたります。

 

そのようなタイ古式マッサージですが、日本でも民間資格で資格を取ることができます。タイ古式マッサージ資格があれば、タイ古式マッサージに関する知識があると証明になります。 当然のことながら、タイ古式マッサージ資格を取得するにはタイ古式マッサージの勉強をする必要があります。

 

その勉強ですが、タイ古式マッサージは仏教徒と深い繋がりがあり治療にも用いられることから、マッサージの知識の他に瞑想方法やマントラ、伝統医学としてのハーブ、アロマテラピー、アーユルヴェーダ、ホットストーン、ハーブボールなど様々な知識が必要となります。

 

これらを幅広く学ぶには独学では時間がかかりますので、タイ古式マッサージの専門講座を受講し、正しい知識を身につけることがタイ古式マッサージ資格取得の近道です。

 

また、無事に資格取得後ですが、マッサージ師を名乗ることができるのは日本の国家資格保持者のみですので、民間資格では取得した資格の名称、例えばタイ古式整体ボディセラピーアドバイザーや、タイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターを名乗ることになります。

 

もし施術をする際、なにも資格がない人ではなくこういった資格があることでよりお客様から信頼を得られますし、タイ古式マッサージは根強い人気がありますから、タイ古式マッサージ資格は人気となっています。

 

タイ古式マッサージ資格講座概要

諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格スペシャル講座の概要はこちらです。一括で79800円が高いという方は、分割での支払いにも対応されているので工夫して申し込みましょう。

 

支払い方法は複数用意されていて、教育ローンやクレジットカードなどでも支払い可能です。クレジットカードで申し込んで、この支払いだけ分割払いにするのもよいかもしれません。できれば一括で支払ったほうがお得です。

講座名 タイ古式マッサージ・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 タイ古式整体ボディセラピー
アドバイザータイ古式ヨガボディヒーリング
インストラクター

カリキュラム詳細

カリキュラムの詳細はこちらです。タイ古式マッサージの基本から、施術の応用、アロマテラピーにつながる内容やヨガの種類との関係、ハーブボールやホットストーンなどの施術方法についても学べます。

 

タイ古式マッサージ資格講座のカリキュラムでは、お店において接客の仕方や対応の仕方、施術を始める時の注意なども学ぶことができます。心構えや注意点、人体の構造についての知識も得られますので、講座修了し、資格取得できた後でもスキルアップやステップアップは可能です。

タイに関する基礎知識/タイ古式マッサージとは/タイ古式マッサージの歴史/発祥国のタイ国の概要/タイ古式マッサージと仏教の深い関係/仏教の教えの基本/瞑想とマントラ/瞑想の方法/タイの伝統医学/タイ伝統医学のハーブ/食べるマッサージ/タイ料理/タイ古式マッサージの基礎/タイ古式マッサージの種類/タイ古式マッサージの目的と効果/タイ古式マッサージが目指す健康な体とは/他のマッサージとの違い//タイ古式マッサージでは下半身が重要/マッサージに共通する解剖生理学の重要性/私達の体内を巡る3つの流れ/もみ返しのメカニズム/私達の体にある重要な10本の「SEN」/タイ古式マッサージの別名2人ヨーガ/アーユルヴェーダとは/3種類のドーシャとその特徴//アロマテラピーと主な精油の効能/タイマッサージで使用するオイル/ハーブボールの中身と効果/ハーブボールの作り方/足裏マッサージの効果/タイ式ヨーガ ルーシーダットン/口頭伝承でタイに伝わるトークセン/内臓のマッサージチネイザン/ホットストーンマッサージ/タイのベビーマッサージ事情/店を開く際に/入店から退店までの流れ 接客と注意点/施術を行う上での注意点/施術禁忌事項/施術者としてのセルフメンテナンス/ワンランク上のサービス提供のために/コリの正体と原因/お客様におすすめできるホームケア/お客様が抱く疑問点や不安とその対応例/手技/施術のやり方/施術の流れ/心構え/実践編/指圧のコツとポイント/ストレッチのコツとポイント/手や腕を使った手技/足や脚を使った手技/道具を使った手技/仰向けでの施術/うつ伏せでの施術/横向きでの施術/施術に必要な身体に関する知識/骨と筋肉/神経系/免疫系/内分泌系/消化器系/泌尿器系/循環器系/タイ古式マッサージ上級編

学べる内容は充実している課題提出式の資格講座

タイ古式マッサージ資格は課題提出がノルマ

タイ古式マッサージ資格は、諒設計アーキテクトラーニングで学習するのが一番です。 なぜなら、諒設計アーキテクトではタイ古式マッサージ資格を 「課題提出」で取得することができるようになっているからです。 通常こういった資格については、取得のための最終試験などがあります。

 

これらを受験して合格しなければ、資格をゲットすることはできません。 しかし、諒設計アーキテクトラーニングでは非常に洗練されたカリキュラムを持っていることから、課題を提出することによりノルマ達成が可能です。

 

その結果、晴れて資格を取得することができるような仕組みとなっています。 これは受験などが苦手という方でも、安心して資格取得に向けて学習を進めることができるような仕組みである、ということもできますね。

 

試験なしでも課題提出できちんと学べばOK

資格取得のための試験がない、つまり「受験をする必要がない」となってくると、少し心配になるかもしれません。諒設計アーキテクトラーニングでは、試験なしでも課題を提出することが必要です。 このために学習を進めることで、結果として資格を取得することができるというわけです。

 

試験を受けてタイ古式マッサージ資格を取得しても、一番大切な実技が身についていることを証明はできません。諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格はあくまで通信講座で、タイ古式マッサージの基本を身につけるものですので、課題提出、レポート提出だけでも十分です。

 

学べる内容は多く、資格取得後に個人で学んだ内容を深めていけば良いので、諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式マッサージ資格は、最初の一歩として活用するのが良いでしょう。

 

添削課題5回は再提出にされないように注意

諒設計アーキテクトラーニングでタイ古式マッサージ資格を取得する場合は、受験をする必要がありません。 しかし、その代わりに添削課題を5回ほど提出しなければなりません。 この添削課題の5回にプラスして卒業課題などを提出することになるわけです。

 

そして、この課題は添削課題であるという部分がポイントです。 添削課題ということは、きちんと添削を受け、その上でフィードバックがあるということになります。 フィードバックがあるということは、最悪の場合は再提出もあるということです。

 

もちろんこの再提出は無いに越したことはありませんが、添削の課題に問題点がある場合は再提出もやむなしということになりますので注意しましょう。

 

保有している資格の数が多いということは、 「それだけすぐにビジネスに直結する」 ということに他ならないでしょう。

 

また就職という部分を目標として資格取得に専念されている方にとっても、これほど嬉しいポイントはないのではないでしょうか? なぜなら、履歴書に「複数の資格」を持っているということを記載することができるからです。

 

国家資格ではない民間資格は、保有が1つのみだとあまり良い印象を持たない面接官もいらっしゃいます。 しかし、複数の資格を持っていれば採用側にもこのような疑念を抱かせないで済みますね。

 

好きな講座を組み合わせてお得に学べる

当然のことですが、複数の資格を取得したいということであれば複数の講座を受講する必要があります。そして、これらの講座は同時に受講することができず、1つの講座の合格を待ってから新たな講座に登録する必要があるケースもあります。 

 

支払い方法も充実しているので学びやすい

タイ古式マッサージ資格を取得するのに、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか? また、支払い方法に疑問を持っている、支払いの方法について心配だという方もいらっしゃることでしょう。

 

タイ古式マッサージ資格のみならず、こういった民間資格は取得するのにある程度のコストがかかります。 そして、往々にして、その支払い方法は銀行振込のみとされているケースもあります。

 

もう少し気が利くスクールでも、 「コンビニ払いが可能かどうか」というところでしょう。 諒設計アーキテクトラーニングでは、これらの問題のために「本当に資格取得に向けて学習したい人が学習できない」という状況を打破するため、様々な支払い方法が用意されています。

 

 

●代金引換(現金またはクレジットカード、デビットカード)

●後払い(コンビニ払いの他、郵便振替と銀行振込)

●各種クレジットカード

●オリコの教育ローン(最大で24回/2年払い)

 

 

一度にたくさんの資格を取れる匠コースやマスターコースで一気に勉強したいけど、お金が心配という方もこれなら安心ですね。教育ローンも選択できるので自分への将来の投資にぴったりと言えるでしょう。 むしろ、このオリコの教育ローンを最大24回払いで利用できるというスクールはそこまで多くはありません。

 

また信販会社であるオリコが教育ローンというジャンルでこの支払い方法を提供しているというのは、諒設計アーキテクトラーニングが認可を受けた金融会社による審査を受け、それに通過しているスクールであるという証明でもあります。

 

またコンビニの郵便振替、あるいは銀行振込による後払いが利用できるのも嬉しいポイントではないでしょうか? もちろん支払いに遅れてしまうのは良いことではありませんが、来月の給料日まで先立つものがなく、しかし、出来る限り早い段階で講座の受講を開始したいという場合には有効な方法と言えるでしょう。

 

初心者向けのタイ古式マッサージ資格は諒設計アーキテクトラーニングが効率的でお得

初心者向けのタイ古式マッサージ資格は諒設計アーキテクトラーニングで受講するのが一番効率的で、一番お得な方法のひとつです。 特にタイ古式マッサージ資格は取得するにあたり基本の部分から学習をする必要があり、またこれらの基本的な知識は他の様々な資格と共通するというものもあります。

 

つまり、初心者だからこそ様々な知識を、まるで乾ききったスポンジのように吸収することができるというわけです。 知識がない=水分のないスポンジです。 今が、もっとも効率的に知識を吸収できるチャンスというわけです。

 

まずはタイ古式マッサージ資格の資料請求を

タイ古式マッサージ資格を取りたい、諒設計アーキテクトラーニングでの受講に少しでも興味がある という場合は、今すぐにでも資料請求を行いましょう。 資料請求はあなたがきちんと受講の希望を持っていれば、このあと5分程度で完了します。