ピラティス資格は一発合格できる|試験免除の仕組み

ピラティス資格を主催している諒設計アーキテクトラーニングにはスペシャル講座という試験免除になるコースがあります。このスペシャル講座を受講すれば2資格同時に試験免除で取得できます。これはずるでも何でもなく、試験形式が在宅で行う課題提出式になっているだけです。

 

ピラティス資格は一発合格でコスト削減

ピラティス資格にはスペシャル講座があり、スペシャル講座を受講すれば一発合格しやすくなっています。その理由は試験が免除されるからです。通常、試験は資格を取得する際に避けては通れない道と言えるでしょう。しかし、試験がある資格は必ず合格得点を叩き出さなければ資格を取得することができません。

 

つまり、不合格になる可能性も高くなるということです。一方、ピラティス資格のスペシャル講座は試験が免除されるので、スムーズに資格を取得できます。また、スムーズに資格が取れることで、コストも削減できるでしょう。試験を受ける場合、試験料が必要になります。

 

しかし、ピラティス資格のスペシャル講座は講座料金に受験費用が含まれるため、別途試験料がかかりません。

また、通常の講座の場合、万が一不合格になったらもう一度受験をする必要があります。つまり、不合格になる度に費用がかさむことになります。

 

しかし、ピラティス資格のスペシャル講座であれば、費用がかさむこともなく、少ないコストでピラティス資格を取得できます。

 

ピラティス資格試験免除の仕組み

スペシャル講座は受験費用込みの講座システム

ピラティス資格のスペシャル講座は受験費用が講座システム料金の中に含まれています。そのため、資格取得までに追加料金を支払ったり、別途で試験料を準備したりする必要がありません。

 

資格取得にかかる料金がすべて講座システムの中に含まれているので、料金体系がわかりやすく、多くの人が安心して資格を取得することができるでしょう。また、スペシャル講座は2資格取得可能ですが、もちろんピラティス資格のスペシャル講座の料金は2資格分になります。

 

課題提出があり、出来栄えによっては再提出

ピラティス資格のスペシャル講座は、試験を受けることなく、ピラティスセラピーアドバイザーとピラティスエクササイズインストラクターの2資格を取得できるという魅力があります。しかし、当然ではありますが、ピラティス資格のスペシャル講座を受講しただけで資格を取得できるというわけではありません。

 

スペシャル講座で資格を取得するためには、スペシャル講座が用意する課題を提出する必要があります。ピラティス資格のスペシャル講座では、添削課題を5回分準備しています。受講生はその添削課題を1つ1つクリアしていく必要があります。

 

もちろん、課題を提出しなければ資格を取得することはできません。また、手を抜いて課題に取り組むと、再提出を促される場合があります。

そのため、ピラティス資格を取得するためには、しっかりと課題に取り組んで、1つ1つ添削課題を提出していく必要があるでしょう。

 

添削課題は真剣に取り組むことが求められますが、たったの5回で課題をクリアできます。そのため、時間に余裕がない人やはじめてピラティスを学ぶ人でもすべての課題をパスできるでしょう。

 

卒業課題もクリアできれば無事に2資格同時取得

ピラティス資格のスペシャル講座には、最後に卒業課題が準備されています。卒業課題は1回分です。もし、卒業課題をクリアしたら、ピラティスセラピーアドバイザーとピラティスエクササイズインストラクターの2資格取得できます。

 

しかし、卒業課題はどのような内容でも提出すれば資格を取得できるということではありません。もちろん、不適切に取り組めば再提出をしなければならないでしょう。できるだけ一発合格するためにも、真面目に取り組んで卒業課題を提出する必要があります。

 

しかし、卒業課題の難易度は高くありません。今までテキストで勉強してきたことや添削課題で得た知識を活かせば、十分に合格を狙うことができます。そのため、真剣に取り組めば多くの人が2資格を掴み取ることができるでしょう。

 

試験なしで実力を証明できる?

ピラティスは肩書きより現場での実力重視

ピラティスインストラクターは肩書きだけで評価されることは少ないです。基本的に、現場での実力が重視される職業と言えるでしょう。もちろん、ピラティスインストラクターにはピラティスに関する知識は必要不可欠です。

 

もし、知識が欠落しているとピラティスインストラクターとしてアドバイスをすることはできません。また、ピラティスに関する問いに応えることも難しいでしょう。ピラティスインストラクターにとってピラティスの知識は必要ですが、知識だけでは不十分です。

 

実際にピラティスインストラクターは指導をしなければなりませんので、指導力が求められます。また、エクササイズをしてピラティスを学んでいる人に動きを見せる必要もあるでしょう。

これらの技術はピラティス資格を取得しただけでは身に付けることができず、現場で学ぶ必要があります。

 

現場で技術を習得していないピラティスインストラクターは、指導をすることが難しいので、ピラティスインストラクターは肩書きよりも現場重視の職業と言えます。ピラティスインストラクターは知識よりも技術力が求められるので、ピラティス資格に試験があるかどうかという点は過度に気にするポイントではないでしょう。

 

エクササイズやポーズの美しさや指導力が大切

ピラティスインストラクターにとって指導力はとても大切です。しかし、指導力だけでなく、実際に自分のエクササイズやポーズが美しくなければなりません。もし、エクササイズやポーズが美しくない場合、そのようなインストラクターのもとで学びたいと思う方は少なくなります。

 

また、エクササイズやポーズが美しくないと、指導をしてもその言葉に説得力がないと思われる可能性もあります。そのため、ピラティスインストラクターにとって指導力だけでなく、エクササイズやポーズの美しさはとても重要な要素と言えるでしょう。

 

もし、ピラティス資格に合格して資格取得者になったとしても、自分のエクササイズやポーズが美しくなかったり、指導力がなかったりしたら、ピラティスインストラクターとして活躍していくことは難しくなります。

そのため、資格取得後もしっかりと自分のエクササイズやポーズの能力を高めていく必要があるでしょう。

 

世界中のどんな資格も肩書きより実力が大切

ピラティス資格だけでなく、世の中にあるすべての資格に言えることですが、肩書きよりも実力のほうが大切です。例えば、あなたがピラティスを学ぶとします。ピラティス資格を持っているだけのインストラクターと普段から生徒に教えているピラティスインストラクターがいた場合、どちらからピラティスを学びたいと思われますか。

 

恐らく、後者と言う人が多数のはずです。資格を所有することはとても重要ですが、同時に実践的な技術を身に付けることもピラティスインストラクターには求められます。そのため、ピラティスインストラクターも肩書きより実力が大切になります。

 

支持されるピラティスインストラクターを目指すために、資格取得だけでなく、エクササイズやポーズを美しくする努力や指導力を高める練習をすることをおすすめします。

 

試験免除のメリットはこれ

専業主婦・赤ちゃん育児中の方でも学習できる

試験免除のメリットは、専業主婦や赤ちゃんを育児中のママでも資格を取得しやすいことです。専業主婦は毎日家事や育児に追われており、くつろぐ時間もままならないほど忙しく生活している方もいます。

 

また、赤ちゃんを育児中の方は、3時間ごとに授乳しなければなりませんし、同時に家事もこなさなければならない人もいるでしょう。つまり、専業主婦や赤ちゃんを育児中の方は時間に余裕がありません。

 

もし、試験が設けられている資格を取得しようと思うと、試験対策に時間を充てなければなりません。また、試験を受ける際にはある程度まとまった時間を確保する必要があります。専業主婦や赤ちゃんの育児で忙しい人にとってこれらの時間を確保することは簡単ではありません

 

ピラティス資格のスペシャル講座を受講して試験を免除してもらうことで、試験対策に時間を割く必要がありませんので、忙しい人でもピラティス資格を取得しやすいです。

 

そのため、ピラティスに興味がある専業主婦や子育て中のママはピラティス資格のスペシャル講座を受講してピラティスセラピーアドバイザーとピラティスエクササイズインストラクターを取得してみてはいかがでしょうか。

 

足が不自由で試験会場に行けない人でも学習チャンスがある

試験免除がもたらすその他のメリットは、試験会場に行くことができない人でも学習チャンスがあるという点です。ピラティス資格のスペシャル講座を受講すれば、試験を受ける必要がありません。つまり、試験会場に行かなくても資格を取得できます。

 

実際に、ピラティス資格を取得したい人で、試験会場に足を運ぶことができない人もいるのではないでしょうか。例えば、足が不自由な人やお年寄りなどです。

 

そのような方でもピラティス資格のスペシャル講座であれば、資格を取得できるので、試験会場に足が運べないことで資格取得を諦めていた人でも、ピラティス資格のスペシャル講座を受講して学習チャンスを得てみてはいかがでしょうか。

 

地方や田舎在住の方でも学習&スキルアップのチャンスがある

地方や田舎暮らしをしている人にも学習できるチャンスがあるという点はメリットと言えるでしょう。地方や田舎で暮らしている人は資格取得に役立つ学習環境が整えられておらず、資格を取得したい人でも環境が原因で取得できない方もいます。

 

例えば、試験対策をしてくれるスクールが通える場所になかったり、地方には試験会場が設けられておらず試験を受けるためにはその都度上京しなければならなかったりするからです。このような環境下におかれている場合、学習チャンスを得ることも難しいでしょう。

 

一方、ピラティス資格であれば、試験が免除されるため、試験会場に足を運ぶ必要はありません。

また、ピラティス資格のスペシャル講座を受講すれば、テキストや課題を自宅まで郵送してくれるので、学ぶ環境を自宅で作り上げることができます。

ピラティス資格は住む場所に関わらず学べるので、地方や田舎暮らしの人でも取得しやすくなっています。

 

会場での試験が絶対ではないのがピラティス資格

 

ピラティス資格は会場での試験が絶対ではありません。メリットでも取り上げたように、ピラティス資格のスペシャル講座は試験を受ける必要がありません。自宅で課題を提出しながらピラティスについて学び、自宅で卒業課題に取り組み、それを提出して承認を得ることができれば合格できます。

 

つまり、自宅だけで合格を目指すことが可能なのです。ピラティス資格は会場での試験が絶対ではないので、子育てで家を空けることができないママやひとりで外出ができない足が不自由な人でも取得できる資格となっています。

 

ピラティス資格取得後も実力磨きを欠かさずに

ピラティスインストラクターとして活躍したい人は、ピラティス資格取得後も自分磨きを欠かしてはいけません。ピラティス資格を取得してからピラティスの勉強を全くしなくなると、資格勉強で得た知識を忘れてしまいます。そのため、せっかく習得した知識が水の泡になってしまう可能性があるでしょう。

 

また、ピラティスインストラクターとして活躍するためには知識だけでなく、指導力や美しいポーズとエクササイズが求められます。何故なら、ピラティスインストラクターには知識よりも実践力のほうが必要になるからです。もちろん、これらの技術は資格取得で習得することはできません。

 

そのため、資格取得後にこれらの技術を現場で高めていく必要があるでしょう。

ピラティス資格取得後も継続して自分磨きをすることで、ピラティスインストラクターとしての実力を高めていくことできます。

 

資格を取得することがゴール地点ではなく、資格を取得してからピラティスインストラクターとしての人生が始まります。積極的に実力を磨き、技術力の高いピラティスインストラクターを目指しましょう