食育資格は試験免除で一発取得|企業の福利厚生の一つとしても

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格は試験免除してもらえるスペシャル講座で取得することもできます。一発で取得できるためこのスペシャル講座を使って受講するのがおすすめです。試験免除になっても課題提出があるため、十分学習した上でのステップアップができます。

 

試験免除・試験なしの通信講座は割と多い

資格取得といえば学校に通って入学金を払い、そこからほぼ毎日通学して勉強し、その上で試験対策はみっちりこなしてやっと受験までこぎつけることができるというイメージがあります。 しかし、最近はそうではなくなってきました。

 

特にビジネスや心理関係、あるいは「食」、その他趣味関係など、初心者からでも通信講座でコツコツ勉強して試験免除で資格が取れるものは意外と存在します。 また、通信講座でなくとも専門性のある実務経験や類似資格を既に持っていると国家資格でも無試験で資格取得できたり、試験科目の一部免除というものすらあるほどです。

 

ちなみにこれは行政書士や司法書士、あるいは税理士、そして、社会保険労務士などの国家資格が該当します。 それほど現在は資格のニーズが上がり、資格がものをいう時代になりました。 このようにしっかりとした実務上の知識の証明がある場合には、試験免除あるいは試験科目の一部免除といった形で資格取得できるケースがあります。

 

試験免除・試験なしで良い理由

1.レポート提出があるため

試験がそもそも免除になったり、試験なしで資格を取得することができるのにはどのような理由があるでしょうか。 まず一つ目の理由として、レポート提出が存在するためというものがあります。

 

レポート提出を講座の受講中に義務付けることにより、 「きちんとカリキュラムで定められた知識を習得し、そして、その知識を正しく使うことができているかどうか」 という部分をチェックすることが可能です。

 

特にレポートで状況を確認することができてさえいれば最終試験をわざわざ行う必要まではないと判断する講座の提供元も存在し、これらによりレポート提出がある代わりに試験が免除になるというケースがあります。

 

2.在宅受験や在宅学習の仕組みがある

もう一つの大きな理由として、在宅受験及び在宅学習の仕組みがきちんと整備される時代になったという部分もあります。 最近は在宅受験あるいは在宅学習で資格を取得することができるスクールが増えてきており、諒設計アーキテクトラーニングはその先駆者とも言える存在です。

 

特に諒設計アーキテクトラーニングで学習できる資格は完全在宅受験のものが非常に多く、場合によっては在宅学習を行いレポートを提出することで試験がないというケースも存在するほどです。

 

これによりそもそも試験会場を設定することがないケースもあり、結果的に試験無しでOKということになるわけです。

 

主婦の方や子育てに忙しい方でもスキルアップや勉強をしたいと考えることは多いです。しかし、外出して講座を受けないといけないものは受講すらできないため、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座のような仕組みならばきちんとスキルアップすることができます。

 

半年かけて2つの資格を取得することになりますので、そこまで時間が取れなかったとしても、なんとか資格を取得できます。子育てに忙しすぎた場合でもきちんと講座を終えられますので、食育資格でステップアップしたい方は気軽にスタートできます。

 

3.大学の卒論のようなものだから

大学の卒業論文は受験というようなものではありませんし、卒業試験という性質のものでもありません。今まで学習してきた内容を卒業論文という形でまとめて提出することで、しっかり大学で学習したことを理解、発展させることができると証明になるものです。

 

そのため卒論が大学卒業の条件となっているケースもあります。 このように資格のレポートというのは大学の卒業論文のようなものと言うことができます。 つまり自分が学習してきた内容をきちんとレポートにまとめて提出し、それをチェックしてもらうことできちんと自分は学習してきて知識を習得しましたという証明ができるようになっています。

 

こういった性質の方が強い資格も存在することから、最近は課題を提出すれば試験なしで資格が取得できるような資格も増えてきました。

 

通信講座で取得できる資格の多くは、講座を終えるだけで資格取得できるものが多いです。諒設計アーキテクトラーニングに限らず、様々な講座で学習を終えるだけで資格になるものが一般的です。試験をうけるのは国家資格や公的資格で、通信講座として受けたい場合には試験がないのはおかしいことではありません。

 

食育資格で学べること

食育健康アドバイザー資格を取得できる

日本には食育基本法という法律があることをご存知でしょうか? 食育に関する基本方針や理念、保護者や教育機関などの役割などがまとめられ、国が食育の重要性を説いているというものです。 虫歯や生活習慣病など、普段の食事が身体に与える影響が大きい事は言うまでもありません。

 

食事の大事な役割を理解しなければ虫歯で痛い思いをしたり、高血圧や糖尿病など生活習慣病になるリスクが高くなるわけで、身体にとってもお財布にとっても良いことはなにもないというわけです。 また、21世紀に入り栄養教諭という新しい教師の形も新設されるなど食育は国をあげての重要課題の1つとなりました。

 

そのような食育の知識があることの証明が食育健康アドバイザーという資格です。 食育健康アドバイザーは他にも日本での食育の他に諸外国での食育や、生活習慣病など病気と食事との関係など食育の重要性を理解しているという証明にもなります。

 

ちなみにこの食育健康アドバイザーという資格は履歴書に書ける資格でもあり、諒設計アーキテクトラーニングの食育講座は食育健康アドバイザーの資格対策講座でもあります。 その中でも諒設計にはスペシャル講座という講座があり、この講座では課題を6回クリアすることで試験免除で資格取得をすることができるようになっています。

 

ちなみに、食育健康アドバイザーは日本安全食料料理協会が認定する食育資格の1つです。 日本安全食料料理協会は食や料理の各スキルがあることを証明する様々な資格認定を行っている団体で、ここが認定する資格ということでより専門性の高い食の資格となっています。

 

食育健康アドバイザーの資格取得がおすすめなのは下記のような方々です。

  • 教育機関で働いているので子供の食育に関わりたい
  • 食育を通して子供が将来健康に気を配るようになって欲しい
  • 健康的な食事の重要性をアドバイスをしたい
  • 子供やファミリー世帯、高齢者など相手によって適切な食育サポートをしたい
  • 栄養の資格は既に持っているが、食育の知識で視野を広げたい
  • 料理教室で働いているが、一歩踏み込んだ授業をしたい
  • 食品会社で商品開発をしているが、現代の食育問題を商品開発に役立てたい
  • 飲食店や食品販売の仕事をしているので、お客様との会話に役立てたい
  • 食に関する分野で独立開業したい

食育資格講座概要

講座名 食育資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 食育健康アドバイザー

管理健康栄養インストラクター

食育資格カリキュラム詳細

食育の基本/食育とは食育という言葉の意味/食育とは食育基本法/食育とは食育推進基本計画/食育とは食育月間と食育の日/食育とは厚生労働省の取組/食育とは地方の活動/食育とは諸外国での取組/食事と生活習慣病/高血圧/食事と生活習慣病/糖尿病/食事と生活習慣病/脂質異常症/食事と生活習慣病/メタボリックシンドローム/食事バランスガイド/栄養管理妊産婦/栄養管理乳幼児・小児/虫歯予防8020運動/虫歯予防子どもの虫歯予防法/虫歯予防成人/栄養素のはたらき炭水化物とは/栄養素のはたらきタンパク質とは/栄養素のはたらき脂肪とは/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンA/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンD/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンE/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンK/水溶性ビタミンとは ビタミンB1/水溶性ビタミンとは ビタミンB2/水溶性ビタミンとは ナイアシン/ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸/パントテン酸/ビオチン/ビタミンC/多量ミネラルとは/微量ミネラルとは/食育と身体/老化と酸化/老化と酸化の関係/老化と酸化/抗酸化物質のはたらき/老化と酸化/抗酸化作用による老化予防は可能か/腸内細菌叢について/腸内細菌叢とは/腸内細菌叢と疾患/善玉菌のはたらき/善玉菌の増やすには/食育と社会/学校教育における食育について/企業における食育/食育に関する話題/コレステロールを含む食品の制限の必要性/食育に関する話題/夕食と就寝時間/食育に関する話題/魚油摂取と脂肪燃焼細胞/食育に関する話題/口腔用の健康食品/食育に関する話題/体質を測定する/ながら食事はなぜダメなのか/世界保健機構が推奨する地中海食とは/日本食のすすめ/WHOの食育/医薬品と健康食品(サプリメント)の違い

管理健康栄養インストラクターも同時取得できる

諒設計食育講座では食育健康アドバイザーの他に、管理健康栄養インストラクターの資格対策講座でもあり、スペシャル講座なら課題提出でこの2つの資格が取得可能となっています。 管理健康栄養インストラクターとは、日本インストラクター技術協会が認定する資格の1つです。

 

栄養素や腸内細菌、食材、食品表示など食材が身体にどのような影響を与えるかといった知識を持っていることを証明する資格となっています。 また、大手日本インストラクター技術協会は他にも心理カウンセラー、デザイン、建築、ビジネス、整理収納、食、ペットなどなど幅広いジャンルで資格認定をしている人気の資格が多い協会でもあります。

 

そして、食育に関する栄養や食品の知識があるということで、その知識を日常生活に活かしたり、人に教えることに役立つことにも使える資格です。

 

管理健康栄養インストラクターにおすすめな人は 下記のような方々となります。

  • 自分や家族、パートナーの食生活に気を配りたい
  • 妊娠中や子供の食事に気を配りたい
  • スポーツをしているので栄養素や食事にもこだわりたい
  • 健康のため体に良いバランスの取れた食生活を送りたい
  • 飲食店で仕事をしているので調理やお客様との会話に役立てたい
  • 料理教室でより発展した授業を展開したい
  • 子供への食育に役立てたい
  • 高齢者やそのご家族に栄養アドバイスをしたい
  • 食の分野で独立開業したい

 

2資格試験免除になるのでお得

諒設計アーキテクトラーニングではスペシャル講座というものが用意されており、この講座を受講すると2つの資格を試験免除で取得できるようになっています。 試験免除ということは最終的な受験をすることなく、課題の提出のみで資格を取得することができるというわけです。

 

そして、このスペシャル講座は1つの講座でダブルの資格を取得することができるという部分でもスペシャルな要素を持っています。 通常は1つの講座を受講し資格を取得してから、もう1つの講座に参加するという流れを取ります。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは2つの資格の取得を最初から考慮に入れた形でカリキュラムを用意しており、このカリキュラムを受講することによって1つの講座で2つの資格の取得に向けて学習を進めることができるようになっています。 これにより時間的にも金銭的にもコストを最大限まで圧縮することができるようになったというわけです。

 

食育資格を取得するなら諒設計アーキテクトラーニングが魅力的

食育資格を取得するなら、諒設計アーキテクトラーニングがやはり魅力的であるということはお分かりいただけたのではないでしょうか。 ご紹介したようにスペシャル講座を受講すれば2つの資格を同時に、そして、試験免除という形で取得できます。

 

また通常多くの講座は受験料などが別途必要となりますが、こちらスペシャル講座は受験料込みになっています。

 

スペシャル講座ならばオトクな金額で2資格、100%取得できます。スキルアップや肩書き向上も確実にできる講座ですので、大いに役立ちます。時には企業の福利厚生の一つとして、社員に自由に取得できる資格として導入するのもおすすめです。