幼児食資格を総まとめ|幼児食・ベビーフードの完全ガイド

幼児食資格の通信講座や民間資格の情報をまとめて紹介しています。諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格以外にも、幼児食をきちんと学べる所はあります。同時に2資格取得できて、試験免除になるというような仕組み、初心者の最初の一歩を支えるのに適しているのは諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格です。

 

赤ちゃんに食べさせるから幼児食

私たちは成長した大人であるからこそ、様々な食事を楽しむことができます。 ・和食 ・洋食 ・中華 それこそ世界中のジャンルの料理を楽しむことができるわけです。 しかし、赤ちゃんはどうでしょう。 赤ちゃんはまだ体の発達が未熟であることや胃腸などがしっかりと発達していないという理由からいきなり大人と同じ食事を食べるわけにはいきません。

 

だからこそ赤ちゃんのための食事が必要です。これを幼児食と言います。 店によっては離乳食などの食事もありますが、これらも大きな意味で見れば幼児食資格の一種ということができるでしょう。 このように幼児食は大人の食事とは異なるものと認識すべきなのです

 

そして、大人の食事のための様々な資格がある昨今、幼児向けの資格は存在しないのでしょうか。 いいえ、存在します。 それが幼児食資格なのです。

諒設計アーキテクトラーニングでは幼児食にフォーカスを当てた幼児食資格を複数取得することができるようになっています。

 

この幼児食資格を取得することができるスクールは様々ありますが、諒設計アーキテクトラーニングでは特に、スピーディーかつ効率的に、そして、料理の基本的な部分から学習できるようにチューニングされたカリキュラムを備えています。

 

幼児食資格一覧まとめ

幼児食マイスター(JSFCA)

諒設計アーキテクトラーニングではJFSCA、日本安全食料料理協会が提供する幼児食マイスターという資格を取ることができるようになっています。 幼児食マイスターは日本安全食料料理協会が認定する食に関する資格の一つです。

 

日本安全食料料理協会は他にも紅茶マイスターや漢方コーディネーター、カフェオーナースペシャリストなど食に特化した資格認定も行っている協会で、大変権威のある協会です。

 

幼児食マイスターという幼児食資格はベビーフードに最適な食材の選定方法という部分から勉強することができるほか、その他バランスのとれた献立、そして、子供のアレルギー対策やその対処法についても学習することができるようになっています。

 

それに加えて幼児食という部分にスポットライトを当てた学習内容も用意されています。 例えば、具体的には手づかみなど子供特有の食べ方をするお子様に対するしつけの方法など、一般的な食に関する資格学習の部分では学習することができないような具体的で実践に即した内容も学ぶことができます。

 

このためこの幼児食資格を持っているということは、そういった「子どもと食」に関する部分の知識が専門的にあるということの証明に他なりません。 こういった事情から今まさに子育て中の方や、妊娠中にこれからの育児に向けて勉強したいという方が目指す人気の資格となっています。

 

他にも料理教室や保育園食品関係の企業または管理栄養士医療機関などで働く人にも、スキルアップのための講座として人気です。 こちらの資格は在宅で受験をすることができ、受験料は1万円と高くもなく安くもない「いわゆる標準的」な金額となっています。

 

ただし、在宅受験というポイントがありますので自宅やカフェなど場所を問わず、自分のペースでコツコツと勉強してから受験をするという流れになります。 この辺りについては時間的な制約がなかなか多い現代社会の中では非常に嬉しいポイントの一つと言えるのではないでしょうか?

 

受験資格 なし
受験料 税込10,000円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅受験
合格基準 評価点70%以上で合格
試験日程 毎年6回開催(偶数月に開催)

ベビーフードインストラクター(JIA)

日本インストラクター協会が認定するベビーフードインストラクターという幼児食資格が存在しますこの協会は食事という部分以外にも美容・ヘルス関係、あるいはトリマーや建築に至るまで職業と密接に関連する様々な分野のインストラクターの資格を認定しています。

 

またこの協会が認定する幼児食資格は実務ですぐ使える内容となっているのも人気のポイントです。 特にこのベビーフードインストラクターでは、成長する赤ちゃんに合わせてベビーフードの知識を持っている人であるという証明をすることができるようになっています。

 

具体的な例を挙げてみましょう。 赤ちゃんの食事と一口に言ってしまうとそれまでですが、実は母乳を飲んだり、母乳と補完食を組み合わせることで食事を取ってもらったり、あるいは母乳を卒業、つまり卒乳をして次のステップに進むなど、短い幼児期の期間の中でも体の成長に合わせて食べるものや栄養の取り方は様々に変化することがあります。

 

そして、赤ちゃんに必要な栄養に関する知識や、どのように調理をすることで赤ちゃんが食べやすい状態になるのかあるいは赤ちゃんが食べるのに適切な調理方法とは何かといった部分も突き詰めてきちんと知識を持っているというのは非常に重要なことです。

 

これにより赤ちゃんにも季節の旬や行事食もしっかり取り入れた食事を提供することになり、ひいては食を通じた食育という形での教育をすることができるようにもなります。 これらの事は、日本の社会の中で非常に重要視されていることでもあります。

 

こういった部分に全て対応してくれるのがこの幼児食資格というわけです。 子育て中のお母様やプレママ、その他にも ・託児所 ・幼稚園 ・料理教室 ・企業 ・保育/福祉/医療 など様々な分野で子供に関する部分の業務を担っている人にも人気の講座となっています。

 

こちらも在宅受験が可能となっており、受験料は1万円と標準的な幼児食資格になっています。 受験のために移動する時間や交通費を考える必要がないので、総合的なコストパフォーマンスは総じて高めと言えるでしょう。

 

受験資格 なし
受験料 税込10,000円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅受験
合格基準 評価点70%以上で合格
試験日程 毎年6回開催(偶数月に開催)

幼児食アドバイザー(母子栄養協会)

母子栄養協会では幼児食アドバイザーという資格を認定しています。 この母子栄養協会は母子の栄養に関わる知識の普及という部分で幼児食資格認定を通して社会貢献をしている協会です。 この協会が認定している資格の1つに幼児食アドバイザーというものが存在します。

 

その他にもこの業界では妊産婦食アドバイザー、あるいは学童食アドバイザー、その他母子の栄養という部分に特化した幼児食資格を認定しています。

 

その中でも幼児食アドバイザーでは、いわゆる幼児食の基本的な部分の知識の他にも、幼児食の中では特に見逃すことが厳禁とされているアレルギー、あるいは食を通して子供を育てる食育、そして、毎日の献立を通して食育を行うためのヒントなど様々な実践的な内容を学習することができるようになっています。

 

これらの学習内容を理解した上で認定を受ける、というわけです。 またこのカリキュラムでは5時間のカリキュラムを受講した後に筆記試験あるいは調理課題など実践的な試験を受けて合格することが資格取得の最低条件となっています。

 

またこれらは試験にかかる費用と講座受講料金が通常は別々になることが多いのですが、幼児食アドバイザーの資格では講座受講料と試験がセットとして最初から組み込まれていますので、受験料は合計で41040円という金額になっています。

 

受験資格 なし
受験料 税込41040円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅調理課題・在宅筆記受験
合格基準 不明:再提出何度でもOK
試験日程 1日受講後随時

幼児食インストラクター(JADP:日本能力開発推進協会)

ビジネスにおける実務能力の向上という部分を目標として資格を多数認定している日本能力開発推進協会が認定している資格の1つに幼児食インストラクターというものが存在します。

 

こちらの幼児食インストラクターという幼児食資格は幼児食に必要な食事の方法や基礎知識などの部分からさらに発展的な内容である、必要な栄養に関する知識、あるいはアレルギーなどに関する知識なども幅広く扱うことによりこの幼児食に関係する知識を審査する仕組みになっています。

 

これらの審査に通過して合格することにより、知識を有することを証明することになります。 そして、この幼児食資格は他の資格とは異なり、非常に幅広い分野で幼児食に関連する知識を持っているという証明をすることができるようになっています。

 

そのためこの幼児食資格を1つ持っていることにより医療現場などの高度な知識を求められる分野はもちろんのこと、商品開発に関わる業務及び保育園や料理教室など様々な部分で活躍することが可能です。 当然ですが、履歴書に記入することができる立派な資格となります。

 

この幼児食のインストラクターとしての資格を持っているということが決め手となり、採用が決まったという声も多数聞かれるほどになりました。 料理教室や幼児教室などでは幼児食のアドバイザーあるいはインストラクターとしての業務に従事することができるわけです。 受験料については、5600円とやや安めの設定がなされています。

 

受験資格 なし
受験料 ネット申し込み限定税込36000円+受検5600円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅受験
合格基準 評価点70%以上で合格
試験日程 随時試験可能

ベビーフードコンサルタント(formie)

ベビーフードコンサルタントという資格をご存知でしょうか。 こちらの資格は幼児食をできる限り時間的に効率よく作る方法の習得やレシピの習得、さらには幼児が食事をするときの方法などについての知識を証明する資格となります。

 

子育て中のママさんはもちろんのこと、管理栄養士などの「食」、あるいは食育関連のお仕事の方にも非常にスキルアップのために便利だと人気です。 その他幼児と接する機会の多い仕事である、保育園や福祉施設などでもこの資格を持っているとより安心して働くことができます。

 

そして、この幼児食資格には非常に大きな特徴があります。 どこかの学校に通う必要はなく、資格取得のためにやるべきことはスマホのウェブ教材を使って学ぶだけなのです。

 

パソコンやスマホなどでも学ぶことができるようになっていますので、通勤途中あるいはお子様が寝ている時間帯など自分が使える好きな時間で講座の学習に取り組むことができるようになっています。

 

もちろんスキマ時間に少しずつ学習を進めるということも可能です。 試験についてもWeb受験ですので、外出する必要がなく外出のためにお子様のコンディションや仕事のスケジュールなどをあれこれ考える必要はありません。 こちらの幼児食資格は資格取得講座の受講と検定料がセットになって35000円となっています。

 

受験資格 なし
受験料 認定証&検定費用込み税込35000円
申請方法 WEB申込
受験方法 在宅受験
合格基準 不明。再受験1500円
試験日程 随時試験可能

安全で栄養満点なレシピを学ぼう

赤ちゃんの急成長を支える食事を

赤ちゃんはとにかく、すくすくと育つためにより多くの栄養を必要とします。 また赤ちゃんはある一定の時期に急成長します。急成長する時にはやはり体の中に栄養が豊富になくてはなりません。そのため赤ちゃんといえどもきちんと栄養をとる必要がある、というわけです。

 

そんな赤ちゃんの急成長を支えることができるのが「栄養」です。 安全で栄養満点なレシピを持つ食事を作ってあげることができる知識を持っていなければなりません。

 

諒設計アーキテクトラーニングで学習することができる幼児食資格では、赤ちゃんの急成長を支えるだけに必要充分な栄養満点なレシピを学ぶことができます。

これにより栄養状態に不足がある、というかわいそうな状態を避けることができるというわけです。

 

栄養バランス・栄養量は大人よりも必要な場合も

一般的なイメージとして赤ちゃんは大人ほどは栄養量が必要ない・あるいは大人ほどは栄養バランスに神経を使わなくても良いというイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、それは時によって異なります。

 

実は赤ちゃんの方が栄養量を一般的な大人よりも必要とするというケースもありますし、栄養バランスについても、大人よりもきちんと考えた上で摂取しなければならないというケースもあります。

 

これについては、大人であればある程度自分が既に持っている栄養を使うことで補うこともできるわけですが、赤ちゃんに関しては栄養量そのものが体のエネルギーや原動力に直結するという可能性もあるため、大人よりも栄養量を必要とする場合があります。

 

栄養バランスについても大人の体であればある程度バランスが崩れていても自分自身の体で何とかすることができますが、赤ちゃんはそうも言っていられません。

このように栄養バランスをしっかり考えたり栄養量をきちんと摂取することができるように調整するというのは子育てをする上で1番重要な要素となっています。

 

アレルギーや好き嫌いの個性にも気づいてあげて

赤ちゃんだから特に、料理の美味しい・美味しくないあるいはアレルギーなどは関係ないだろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。 事実、今から半世紀ほど前までの日本ではこういった考えが大変広まっており、学校給食でも絶対に残してはいけないと、アレルギーであっても食べさせることを強制するような光景が繰り広げられていました。

 

しかし、現在ではこれは違うとされています。当然ですが赤ちゃんにもアレルギーは存在します。 そして、赤ちゃんにも好き嫌いは存在します。 しかし、好き嫌いはわがままを言っているのではなくそれは個性です。

 

もっと言ってしまえば、アレルギーについては好き嫌いの範疇を大きく超え、時には人命に関わる大きな問題を引き起こすことも十分に考えられます。 このあたりのことについても、きちんと気づいてあげるのが親の役目と言えるでしょう。

 

特に、これらのアレルギーなどに関する知識についてはきちんと勉強をしなくてはなりません。

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格では幼児食の基本的な部分から幅広く学ぶことができるため、これらの乳幼児あるいは幼児のアレルギーという部分も学習するきっかけを得ることが可能となっています。

 

最初に学ぶなら諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格がおすすめ

6ヶ月かけてのんびり学べる

もしあなたが今最初の幼児食資格を取得しようとしているのであれば、諒設計アーキテクトで資格を取得するのが1番おすすめです。 なぜなら一般的に幼児食に関係する資格を取得することができる講座やスクールは実際に足を運んでスクールに通わなくてはならないという手間が発生します。

 

また同様に幼児食資格取得までの期間があらかじめ定められていることが多く、その期間は往々にしてあまり長い期間ではありません。 しかし、諒設計アーキテクトラーニングでは6ヶ月という期間をじっくりかけて幼児食資格を学ぶことができるようになっています。

 

6ヶ月もあれば、多少受講期間中に何かアクシデントがあったとしても十分にその遅れを取り戻すことができます。

また様々な調整もききやすい期間が与えられているので楽に授業を進めることも出来ますね。

 

試験免除&在宅受験なので赤ちゃんがいても学べる

諒設計アーキテクトラーニングで幼児食資格を取得しようとすると、コースによっては試験を受けることなく幼児食資格を取得できます。 いわゆる試験免除という形で資格を取得することができるようになっています。

 

あるいは受験が必要なコースを受講したとしても、完全在宅受験で幼児食資格を取得することができるようになっています。 つまり1度も自宅から出ることなく幼児食資格を取得するところまでたどり着くことができる、というわけです。

 

これは非常に画期的ではないでしょうか。 この在宅学習と在宅受験が可能になっていることから、お子様がまだ小さくて自宅から出ることができない、あるいは子連れで受講をするのがなんとなく難しいようだという場合にも安心して学習可能です。

 

資格は履歴書にかけて仕事にも繋げられる

幼児食資格は履歴書に書くことができます。諒設計アーキテクトラーニングで取得できる幼児食資格は履歴書にきちんと掲載することができる資格です。そのため仕事につなげることができるという特徴を持っています。

 

やはり企業の採用を担当する面接官も履歴書の資格欄にある程度の資格が記載されている人の方を優先的に・そして、積極的に採用したいと思うものです。

 

今現在履歴書の資格欄にあまり多くの資格が記載されていないという場合は、今こそ幼児食資格を取得するチャンスと言ってよいでしょう。

これから仕事に復帰するという場合には特に、幼児食資格を持っていた方が就職に有利となります。

 

幼児食資格は食育資格を合わせるのもあり

幼児食資格には食育資格を合わせるというテクニックもあります。つまり幼児食資格を取得した後で食育に関連する資格もダブル取得してしまうということです。 これにより幼児食に関連する資格を持っている有資格者でありながらにして、その後の子育てに必要になる知識である「食育」に関する資格も持っている人になることができます。

 

いわば、食で子供を育てることに関連するプロフェッショナルだということができますね。 このようにブルの資格を持っていると各種講演会やセミナーに先生として呼ばれるという可能性も開けてきます。こうなると就職に有利というよりは完全に独立開業して先生として活躍できます。

 

子育てには欠かせない豆知識を手に入れよう

ビジネス的なキャリアアップという部分では諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は大変おすすめです。また食育に関連する資格もコースによってはダブル取得することができるようになっていますので、もしキャリアアップという部分を見るのであれば資格はダブルで取得しておいた方が良いでしょう。

 

しかし、これらの部分以外にもまずはご自身のお子様を育てるための食育・あるいは幼児食資格を取得しておきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 こういう方たちにも諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格はおすすめです。

 

なぜなら基本的な部分から応用のきく部分まで幅広く学習することができるため、子育てには欠かせない食に関する豆知識を手に入れることができるからです。

資料請求を行うことにより諒設計アーキテクトで学習するための準備を行うことができます。

 

簡単に言ってしまえば、資料請求を行わなければ講座の詳細などを取り寄せることができませんので、思い立ったが吉日・今すぐにでも資料請求を行いましょう。