ピラティス資格&ヨガ資格を完全マスター

ピラティスもヨガも、ヨガマットなどを使って床でできるエクササイズです。本格的にピラティス、ヨガをやりたい場合は、ピラティス資格、ヨガ資格講座を通して知識とテクニックを身につけましょう。指導する時にも資格があると自信を持って指導できます。

 

ヨガとピラティスは似ている動作が多い

ヨガとピラティスってどこか似ていて、同じようなエクササイズだと思っていませんか?確かにヨガにもピラティスにも同じような動作が多く似ています。ストレッチのような作用があり、ポーズによっては筋肉トレーニングの効果も期待できます。

 

しかし、実際にはヨガとピラティスは全く別のエクササイズです。どちらも良い効果があり、ヨガとピラティスの両方とも実践するとよりポーズも深まり体力アップやダイエット効果も高まります。

 

「ヨガとピラティスのどっちにしよう?」と悩んでいる人もいるかもしれませんが、どちらにも共通点があり、お互いのエクササイズを高めることにもなるので両方ともトライしてみるのも手です。

 

パワーヨガはピラティスに近いかも

ヨガにもいろいろな種類があり、「ハタヨガ」「ヴィンヤサヨガ」「リストラティブヨガ」「パワーヨガ」、さらに面白いものでは「薬膳ヨガ」「骨盤調整ヨガ」などの種類もあります。全てのヨガはインドで発祥したヨガが分岐して生まれたものです。

 

特にパワーヨガはエクササイズ的な要素が強く、運動量の多いヨガとして人気があります。ポーズによってはピラティスとも似ています。コアを鍛えたり、筋力アップしたい人におすすめのヨガと言えます。では、ピラティスとヨガにはどんな違いがあるのか、もっと詳しく見てみましょう。

 

ピラティスはヨガを生かしたもの

ピラティスとヨガを比べると歴史が断然古いのはヨガの方です。ヨガが誕生したのはなんと4000年以上の前のこと。ピラティスは戦争中の兵士の治療のために考えられたリハビリの一つです。つまり歴史はまだ短いのです。

 

ピラティスとヨガは似て非なるものですが、ヨガの要素を取り入れています。 ポーズをゆっくりと連続で取りながら、呼吸をしていく。この基本はヨガもピラティスも同じです。

 

しかし、ヨガの場合は腹式呼吸で自律神経の副交感神経を優位にさせることでリラックス効果が高い運動法です。一方、ピラティスはヨガよりもエクササイズ的な側面が強く、胸式呼吸で交感神経を優位にさせるため脂肪燃焼効果が高まり、頭をスッキリと明晰にさせる効果も期待できます。

 

ヨガは精神を、ピラティスは筋肉を重視

ヨガとピラティスの違いを比べてみると、特に大きく違うのがヨガの方が精神的なメソッドが大きな割合を占めているということです。ヨガはもともとインドのお坊さんが瞑想を深めるための身体のエクササイズとして導入したものです。

 

身体を動かして余計なエネルギーを発散させたり安定化させることで、脳をクリアにしていくことができます。その脳と身体の深いつながりに着目している点がヨガの特徴です。

 

そのため、ヨガを始めるとリラクゼーション効果が得られるのでストレスが減ったり、ストレスによる過食が落ち着くという人もいます。また、安眠効果がもたらされるので、よく眠れるようになる人も多いです。

 

一方でピラティスの場合は、精神面に効果がないわけではありませんが、どちらかというと筋肉を動かすことで、身体の正常な機能を取り戻すことが本来の目的です。もともと負傷した兵士のリハビリとして開発された運動法であり、身体に大きな負荷を与えずに筋肉トレーニングできるという点が特徴です。

 

もちろん、精神面にも良い影響を与えます。身体が思うように使えないと、どこかひっかかるようになり心もバランスを乱しがちになります。 身体の均整がとれるようになると、心のバランスも安定してくることも多いです

 

ピラティスしながらヨガできる

ピラティスとヨガは精神面へのアプローチの仕方こそ違いますが、身体を伸ばしたり縮めたりして、呼吸と連動させながら行うという点では同じです。そのため、ピラティスにもヨガと同じようなポーズが入っていることが多いです。

 

ヨガとピラティスのどっちに取り組もうかと悩んでいる人にとっては、ピラティスをするだけでもヨガ的な動きはできるのでピラティスにまずはトライしてみるのも手です。身体のコアの使い方や、動かし方、柔軟性が深まることでヨガの練習にも良い影響を与えるでしょう。 

 

ピラティスの特徴と魅力

ヨガはモデルやタレントさんが紹介していたり、テレビや雑誌、CMなどでも取り扱われることが多いので、何となく概要は知っているという方も多いのではないでしょうか。一方でピラティスについては、あまり日本ではまだ一般的には知られていません。 そこで、一体ピラティスとはどんなエクササイズなのか、その特徴と魅力を紹介していきます。

 

インナーマッスルを鍛えられる

ピラティスは欧米ハリウッドなどの女優さんやモデルたちが取り組んでいることが紹介されて日本でも知られるようになりました。なぜ彼女らがピラティスを行なっているのかというと、多いのはダイエットやお腹のコアを作るためだと言われています。

 

ピラティスの最大の魅力はコアを鍛えるのに非常に効果的だということです。ピラティスは表面的な筋肉では、奥深い所にある深層部筋肉を鍛えることができます。

主に脊柱や骨盤を意識して身体を動かすエクササイズであり、普段使っていないインナーマッスルを効果的に刺激できます。

 

下半身のむくみや足が太くて悩んでいるという場合に考えられる骨盤の歪みや猫背の原因となる脊柱のズレなどの調整に効果のあるエクササイズです。 ピラティスは主に胸式呼吸を使うことで深層部の筋肉を鍛えることができます。コルセットのような筋肉をつける効果もあるので、腰痛対策や姿勢矯正にも役立ちます。

 

かっこよくダイエットできる

ダイエットというと、汗を流して厳しい食事制限をして辛い思いをするイメージがありませんか?確かに筋トレや糖質制限などを組み合わせたダイエットは効果があります。しかし、一方で続かなくなってしまうと、急にリバウンドして元の状態に戻ってしまうことも少なくありません。

 

しかし、ピラティスは即効性こそ少ないですが、継続することでコアが鍛えられて新陳代謝を高めることができます。そのため、今までと同じような生活をしていても自然と痩せやすくなります。厳しい食事制限をしなくても痩せやすくなるので、周りにダイエット中と悟られる心配もいりません。

 

そして、何よりもピラティスには「おしゃれ」「かっこいい」といったプラスのイメージがあります。汗水だらして息を切らしながら運動するのと比べて、スマートで都会的な印象もあるので、友人に話すときにもちょっと優越感を感じられるかもしれません。お気に入りのウェアを着るのも楽しみの一つになるはずです。

 

激しい運動をしなくて済む

ピラティスは身体を筋トレほど激しく動かしたりはしません。ダンベルなどの負荷をかけたりすることもなく、基本は自分の身体やボールなどを使って筋肉を動かしていくことにより体幹部を主に鍛えられます。しかし、一見ゆっくりな動きでありながらも、じわじわと筋肉を動かすのでかなり運動としては効果が高い方法です

 

また、例えば腰痛を抱えていたり、何らかの病気を抱えているために激しい運動ができない人や、足が痛くて走ったり歩いたりする有酸素運動が行えない場合などにもピラティスはおすすめです。

激しい運動ではないにも拘らず、筋肉の回復や筋力アップができるので怪我の防止やリハビリなどにも役立つエクササイズです。

 

ヨガのメンタルを習得しよう

ピラティスと違ってヨガの場合は主に精神的な面のトレーニングに向いています。特にストレスを抱えがちな現代人やよく眠れないなどの睡眠トラブルを抱えている方におすすめのエクササイズです。では、どうしてヨガによって精神に良い影響がもたらされるのでしょうか。その理由と学び方についてお話していきます。

 

ヨガで呼吸を深めることができる

ヨガとストレッチが大きく違うのは、呼吸にフォーカスしているという点です。ヨガではとにかく身体を動かすということよりも呼吸を優先させます。呼吸に連動させるようにポーズを行うことで、ポーズも深まり身体中に良いエネルギーが充満するようになります。

 

ヨガでは様々な呼吸法があります。主には腹式呼吸を用いますが、その呼吸は吸う長さと吐く呼吸の長さをほぼ同じくらいに整えるようにします。誰もが経験があると思いますが、緊張すると呼吸は浅くなりますよね?その逆で深呼吸をすると、心が落ち着くと感じるでしょう。

 

このように呼吸には自律神経が関わっていて、心のバランスにも密接な関係があるのです。

ヨガで呼吸を整える練習を繰り返すことで、心のコントロールがうまくできるようになるとストレスへの耐性もついてきます。

 

ストレスを大幅に減らせるかも

ヨガを始めてからストレスが少なくなったと感じる人は多いようです。また、もともとストレス解消のためにヨガを始めたという人もいます。 ヨガをすると身体の固まった筋肉がほぐれて、血流が良くなります。その結果、脳が活性化することでストレスに強くなれるのです。

 

またヨガで良く言われるのが「内面に目を向ける」ということです。常日頃、私たちは周囲の環境や仕事、人間関係などに影響を受けていて、ついつい意識が外側に向きがちです。しかし、ヨガでは内側に意識を向けて、今ここにあることだけに集中します。そのためマインドがクリアになり、悩んでいたことが小さなことに感じられたり、前向きに捉えられるようになります。

 

ヨガとピラティスで骨盤調整もできる

身体が太りやすい、下半身だけ太くて悩んでいる、慢性的な腰痛に悩んでいるという場合に原因として考えられるのが「骨盤のずれ」です。

 

  • 足を同じ方向で組むことが多い
  • 片方でカバンを持つ癖がある
  • スカートが回ってしまう
  • かかとの片方だけがすり減る 

 

などの悩みがある場合には骨盤がズレているかもしれません。整体に通ってボキボキと調整してもらうこともできますが、通わなくなると元に戻ってしまう場合もあります。 そんな骨盤の悩みを抱えている方にもヨガとピラティスはおすすめです。

 

自身の骨盤や筋肉を動かすことで、身体のバランスを整えていき均整の取れたプロポーションづくりを助けてくれます。

整体と違って無理に動かすのではないため安全に矯正できることもメリットです。

 

ヨガ資格で心の持ち方を学ぼう

ヨガ資格を取得する講座を受けると、さらに座学によりヨガの深い教えに触れることができます。古いヨガの経典「ヨーガスートラ」などを読み解いて理解を深めることで、さらに奥深いヨガの世界を知れるのでおすすめです。

 

もちろんスタジオに通ったり独学で学ぶこともできますが、先生から直接お話を聞いたりグループ活動を行なったりできるのでヨガ資格の取得は自分の精神面にも良い影響をもたらしてくれます

 

ヨガを教えることを前提に考えた場合にも、心の持ち方を教えられるトレーナーの方が生徒さんも集まってきます。ヨガの理論を深く知りたいという方は資格取得のための講座を受講すると良いでしょう。

 

ヨガ資格&ピラティス資格で安全にエクササイズ

ヨガやピラティスの練習を深めるには、日々の継続したエクササイズが欠かせません。しかし、もっと早く上達したいという方や、ポーズを深めたい、人に教えられるようになりたい、心の持ち方を深く勉強したいという方には資格取得のトレーニング講座もおすすめです。

 

特に、講座では解剖学などの勉強も受けられるので、筋肉や骨格の使い方を基本から学ぶことができます。ヨガやピラティスを安全に怪我なく行えるようになるためにも、非常に有意義な学びの場となるでしょう。

 

さまざまなエクササイズやトレーニング法がありますが、ヨガとピラティスは激しい動きが少なく、誰でも比較的安全に取り組むことができる方法です。

継続して行うことで、体型の変化やストレスに強くなっている自分に気がつくことでしょう。

 

資格取得は周囲に教えたり、教室を開いたりするためだけでなく、あなた自身のためにもなります。練習を深めていきたいと考えている人は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?