幼児食資格の取り方と主な仕事・業務内容

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は、スペシャル講座で受ければ十分取得しやすいですが、それでも子育て中、妊娠中の方はなかなか時間が取れず、仕事もしていると勉強時間の確保は難しいでしょう。ここでは、幼児食資格を取得した方々の工夫なども参考にしながら学び方や資格取得後の仕事についてまとめました。

 

スペシャル講座79,800円を受けること

諒設計アーキテクトラーニングで幼児食資格を取得しようとすると、まず最初に二つの選択肢の中からどちらの講座を受講するかを決める必要があります。 通常の受講講座とスペシャル講座のどちらを受講するかという部分です。 結論から言うとスペシャル講座の受講の方を強くおすすめします

 

スペシャル講座は通常の講座と比べて多少割高の79,800円という金額にはなりますが、その分だけ時間をより効率的に、そして、最短のルートで幼児食資格を取得するためのカリキュラムが揃っています。

 

またスペシャル講座で諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格を受講しようとすると、本来は受験しなければならない資格取得試験を免除してもらうことができるようになっています。 つまり課題の提出のみで幼児食資格の取得まで一気に完了できます。

 

課題提出は毎週土日にすると良い

1日の最初に学習を始めればOK

諒設計アーキテクトの幼児食資格はスペシャル講座を受講することで課題提出のみで資格を取得することが可能です。この課題ですが、提出は毎週土曜日あるいは日曜日に行うとよいでしょう。

 

なぜならば毎週土日に集中してある程度の時間を確保して学習に取り組むことにより、より短期集中で効率的に、またより学習の内容を整理しやすい状況で勉強を進めることができるからです。 また人間の脳は朝早い時間あるいは朝起きた直後の時間が、最も脳の疲労具合が少なく集中して効率的に学習を進めることができるというデータがあります。

 

そのため1日の最初に学習を始めるというのが一番効率的で最も負担のない勉強方法ということになります。

その上1日の最初に学習を行うというスケジュールさえ設定してしまえば、なかなかやる気が起きないあるいは予定を後回しにしてしまうということも避けることが可能です。

 

予定を後回しにするとサボる可能性あり

幼児食資格を試験免除という形で取得するには諒設計アーキテクトラーニングが提供する幼児食資格のスペシャル講座を受講するのが最もおすすめですが、その理由はやはり課題提出のみで資格を取得することができるという部分にあります。

 

この課題提出のみで資格を取得することができるという要素は大きな自由を受講者に与えると同時に、大きな責任も同時に与えています。 どういうことかと言いますと、これらの学習は全て自分で予定を組み立ててスケジュール通りに学習を進めなければゴールにたどり着くことができないということです。

 

結論から言うと、どうしようもない場合を除き、資格の勉強やプライベートなど様々な予定を後回しにすると課題の提出あるいはその課題の提出に必要な学習をサボってしまう可能性があるというわけです。時間の調整がつかなくなり、学習時間が削れてしまうというようなケースですね。

 

人間はどうしても楽な方向に流れやすい生き物ですから、よほど気をつけていないと予定を後回しにして課題の提出が遅れがちになるといった悪循環に陥ってしまう可能性があります。これではよくありません。

 

また諒設計アーキテクトラーニングは厳格な審査基準を持っていることから、場合によっては課題が提出遅れになるということで講座の受講が継続不可能になる可能性もあります。

そうなると資格を取得することができなくなりますので、きちんとスケジュールを組み立てて予定通りに学習を進めるようにしていきましょう。

 

土日に課題提出すれば6週で完了する

予定通りに物事が全て進めば皆さん誰も苦労しないわけで、特に自分で組み立てたスケジュールを完璧に遂行したりこなしていくというのは非常に難しいものでもあります。 充分にやる気やモチベーションがあったとしても、自分の周りで様々なアクシデントなどが起こらないとも限りません。

 

例えばお子様が急に発熱し予定が大きく変わってしまうこともあるでしょう。このような状況を考えるのであれば、事前にリスク回避としてある程度前倒しにスケジュールを組んで行った方が良いでしょう。

 

例えば毎週土日に課題を提出することができるように学習を進めていった場合は、完全にスケジュール通りに物事が進めばわずか6週間で講座の資格取得に必要な学習を全て終えることができるようになっています。

 

もちろんこの通り学習が進めば6週間、つまり一か月半程度で資格を取得することができるようになるというわけです。また万が一スケジュールに遅れが生じた場合でも、このように前倒しを心掛けて学習を進めておくことによりスケジュールの狂いから発生した学習の遅れが最低限になるように調整することも可能です。

 

手帳とカレンダーで日程管理

あなたは毎日コツコツ派?一気に短期集中派?

スケジュール管理は自分の頭の中だけで行うとしばしば失敗します。 なぜなら人間は忘れる生き物だからです。 ただでさえ日々何かと忙しいスケジュールや予定、あるいはTO DOなどを頭に詰め込んでいるのですから、幼児食資格を新たに取得するとなるとそれらのスケジュールも一気に頭に入ってきて結局パンクしてしまうことが考えられます。

 

こういった場合には、幼児食資格の学習スケジュールはカレンダーや手帳などで日程を管理しておくと非常に楽になります。

またその時考えたいのはあなたは毎日コツコツ派の方なのか、一気に短期集中型で勉強をしてしまう派かという部分です。 例えば学生時代のことを少し思い出してみてください。

 

夏休みの課題が出たとして、夏休みの初日からコツコツとスケジュールを組み立てて課題に取り組んでいくタイプだったという方については、毎日コツコツ派としてカウントすることができるでしょう。

 

反対に課題を夏休みの後半あるいは最後の数日間まで貯めておいてラスト二日間ぐらいで一気に取り組む、あるいは夏休みの期間が終了して学校が始まって1日2日に全ての勝負をかけるというタイプの方については、短期集中派の勉強法が体に身についていると言えるでしょう。

 

毎日コツコツ学習を組み立てるタイプの方については、カレンダーや手帳などで毎日少しずつ時間を取るようにして配分をすると良いでしょう。 短期集中型の方については、毎週土曜日、日曜日あるいはお休みの日に数時間分時間を取って学習に取り組むようなスケジュールを組み立てておくと、精神的な負担なく学習を進めることができるようになります。

 

また、短期集中型の方が強制的に毎日コツコツ型に勉強を変えようとしても、精神的に負担がかかってしまったりあるいはモチベーションの関係で長続きしないということもありますので、自分のスタイルを崩さずにより効率的に勉強できる方法を見つけていきましょう。

 

手帳で日程調整しておこう

幼児食資格の取得というゴールに向けて動き出したあなたは、もはや今までの生活よりは忙しい毎日を送ることになります。そのため様々なスケジュールや兼ね合いを考えつつ、学習のスケジュールもそこに入れていかなくてはなりません。

 

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は自分で学習スケジュールを組み立てることができるという魅力がありますが、それゆえにきちんと自分で日程を調整したり学習に取り組む日を管理しなければなりません。

 

もしあなたがアナログの手帳などで日程を管理している場合には、手帳に新しいページを追加しても良いでしょうし、デジタルで学習の進捗を管理する方が得意だという方については、 Google カレンダーなどを使ってデジタル上で学習スケジュールを構築しておきましょう。

 

特に学習スケジュールなどは実際に人と会うなどの性質を持つスケジュールではありませんので、この場合はリマインダーなどを設定するなど工夫をしてみても良いでしょう。

 

壁掛けカレンダーに記入していつでも見れるように

手帳以外にも、壁掛けカレンダーに記入をしていつでも見られるようにしておくとスケジュールの管理は格段に楽になりますよ。 設計アーキテクトラーニングで学習することができる幼児食資格の受講スケジュールは自分でスケジューリングする必要があります。

 

自分で作り上げた学習スケジュールは、普段目にするカレンダーの最たるものである壁掛けカレンダーに記入するというのも良いでしょう。壁掛けカレンダーというのは無意識に何度も見るものですから、その分だけスケジュールが頭に入りやすいという特徴があります。

 

特に携帯のカレンダーだけだと何かと忘れてしまいやすいという方については、ダブルでアナログなカレンダーにも記録をしておくと良いでしょう。

 

学ぶのは難しくないので地道に続けて

6ヶ月かけて学び終えるつもりでOK

幼児食資格は自分で1から独学をしようとすると非常に難しい内容となりますが、諒設計アーキテクトラーニングで提供している幼児食資格はカリキュラムが非常に洗練されており、難しく考える必要はありません。簡単に学ぶことができるようになっていますので、とにかく地道にカリキュラムをこなしていくことを考えましょう。

 

特に最短であれば、1か月半から2ヶ月程度で受講を修了することができる幼児食資格ですが、最長で6ヶ月という長い期間をかけることができるようになっています。 人によってはじっくりと時間をかけたいと思っていらっしゃる方もいることでしょう。

 

そういった場合には6ヶ月間という流れ時間をかけてじっくりと、そして、着実に自分のペースで学習を終えるつもりで取り掛かってもOKです。

 

添削課題づくりに時間を割くように

諒設計アーキテクトラーニングの最大の魅力はスペシャル講座にあります。スペシャル講座は受験をする必要なしに資格を取得することができるようになっているからです。 そして、このスペシャル講座では受験をする必要がない代わりに、添削課題を受講中複数回提出する必要があります。

 

普段の学習に加えてこの添削課題作りに時間を取られることになるわけですが、添削課題はできる限り時間をかけてじっくりと作成した方が良いでしょう。 ペース配分という部分では基礎的な学習を半分添削課題作りという実践的な部分を半分という配分にすると、丁度良く学習を進めることができるといえます。

 

できれば料理しながら学習すると効率的

幼児食資格は料理に関連する資格です。そのためできれば料理しながら学習を進めていくと効率的に、そして、比較的あるいは感覚的に勉強を進めることができます。 特に料理関係の資格の場合は実際に手を動かしたり、料理を作らなければ仕組みが分からないという部分もあることでしょう。

 

こういった部分のことを考えるのであれば、テキストで学習をしながら実際に料理もして理解を深めていくのが一番効率的ということができます。

 

幼児食資格講座概要

講座名 幼児食資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 幼児食マイスター

ベビーフードインストラクター

幼児食資格カリキュラム詳細

はじめての離乳食/離乳食開始の適した時期/離乳食のすすめ方/幼児食とは/必要な栄養素と量/幼児の身体の成長に合わせた生活/月齢によるごはんの量の目安/食事時間の目安/幼児食に向く食材/幼児食に不向きな食材(食品添加物)/幼児食に不向きな食材(要注意食材)/食中毒について/幼児の食事マナーについて(手づかみ食べ、遊び食べ編)/幼児の食事マナーについて(好き嫌い編)/味覚について/食物アレルギー/特定アレルギーとは/アレルギー食材の代替え/アナフィラキシーショックから幼児を守る/アレルギーが発症したときの対処法/幼児食の基礎/栄養の話エネルギーになる栄養素/栄養の話身体を作る栄養素/牛乳の話/ミルクの種類/牛乳の危険性/お茶の話/赤ちゃんの飲み物/ジュース・清涼飲料水について/カフェイン含有量比較/糖尿病とは/間食について/幼児への間食の与え方/食品添加物について/魚を生で与える時期/豊かな食生活を築く/幼児のための献立作り/旬の食材を使う/幼児食の応用レシピ集/春の献立例/夏の献立例/秋の献立例/冬の献立例/幼児へ与える簡単食材 -ツナ缶/幼児へ与える簡単食材 -クリームコーン/幼児へ与えるのにおすすめな食材高野豆腐/幼児へ与えるのにおすすめな食材キャベツ/幼児へ与えるのにおすすめな食材じゃがいも/幼児へ与えるのにおすすめな食材さつまいも/幼児へ与えるのにおすすめな食材れんこん/幼児へ与えるのにおすすめな食材かぼちゃ/レシピ集(離乳食)/レシピ集(幼児食)/ハレの日の食事/幼児と過ごすお正月/幼児と過ごす節分/幼児と過ごす桃の節句/幼児と過ごすクリスマス

 

確実に幼児食資格を取るなら諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座

幼児食資格は初心者の方の場合、1から学習を始め、知識が身についてきた段階で試験を受けなければなりません。試験に合格して初めて資格を得ることができるようになるわけですが、諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座では幼児食資格を試験免除という形で取得することができるようになっています。

 

つまり、課題さえ提出していれば確実に幼児食資格を取得することができる、というわけです。 逆に通常の幼児食資格の講座ではテキストで学習はできますが、肝心の資格試験については別途自分で申し込み、受験料を払って受験する必要があります。

スペシャル講座ではこういった煩わしさがないので、忙しいあなたにもおすすめです。

 

今現在なかなか時間を取ることができない、あるいは出来る限り短いスパンで資格を取得したいという方については、諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座がおすすめです。こちらの講座は資料請求をすることから申し込みが可能となっていますので、まずは夢の第一歩としてスペシャル講座に関連する資料請求からスタートしましょう。