心理カウンセラー資格を仕事に生かすためのノウハウ完全攻略

心理カウンセラーを本格的に目指すには公認心理師という国家資格を目指すのが一番です。しかし、大学や専門学校を出て学ばないといけないため、最初の一歩を学ぶためには敷居が高すぎます。そこで、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座でも取得できる心理カウンセラー資格を取得して、カウンセリングの基本を学ぶようにしましょう。

 

国家資格を取得してからが本職

一般的に心理カウンセラーとして認められるのは、やはり国家資格を取得した一定の権威を有する人です。心理カウンセラーは非常に微妙な心理的問題を扱い、サポートを行いながら本人が回復していけるように、言わば“自立を教える”立場にあるため、中途半端な知識やカウンセリング技術はむしろ非難の対象となるでしょう。

 

そういった意味で、国家資格を取得してからこそが本当のスタートであり、心理カウンセラーは生半可な技術に基づいて始められるものではありません。しかし、心理学や精神医学のあまりにも膨大な知識や範囲に及ぶ学習内容でさえ、どこかの地点から始めなければいつまでたってもスタートできないのも事実です。

 

国家資格を取得してこそ周囲に認められるカウンセラーとなれるものの、どんなに些細なことでも構わないのでとにかくスタートを切ってみるという認識と心構えが必要です。
 

 

民間資格でできること

サロンや相談所でのヒアリングボランティア

主に話を聞く「傾聴」によって、利用者のストレス解消や安心感を得るためにサポートを行います。何かの身体的な病気が原因となっている方や、一時的にストレスが増大して逃れ道を探しておられる方などが対象となるでしょう。

 

本当に精神的・感情的な病を抱えておられる方の場合であれば、精神科や心療内科で国家資格を取得した医師による治療が必要です。しかし、そういった段階に至る手前の方や、病気ではないものの一時的な心の不調やバランスを失った状態に苦しんでおられる方の方が多いと言われています。

 

そして、そういったものを放置することで、はるかに長い時間やより専門的な治療が必要となる精神疾患や障害へと発展してしまうのが現状です。比較的軽い症状のうちに、カウンセリングを通して客観的な見方を提供したり、自分自身で解決策を考え見出していくためのサポートを行うのが心理カウンセラーの仕事です。

 

決して“治療”を謳うことはできませんが、一見ただの上手なコミュニケーションのように見えるカウンセリングは、今日本で認識されているよりもはるかに大きな力を持っています。サロンや相談所でのヒアリングボランティアを通して、より地域や利用者に密着したサービスを提供できれば、地域の精神医療の最先端の現場として活躍できるかもしれません。

 

自分の子どもの世話やカウンセリング

子どものカウンセリングや精神医療は、残念ながらここ日本では未だ発展途上にあります。反抗期や思春期の一時的な揺れ動きや不安定さだと勘違いされやすい子どもの精神的な不調は、ご想像の通り、放っておくとその後の人生に長期にわたって影響を与える危険性があります。

 

大抵の親御さんは、ご自身の子どもだけはしっかりと守ってあげたいと強く願っておられるものです。心理カウンセラー資格を取得すると、民間資格であったとしても子どもの精神医療に関して基礎や実際の症例、自分の子どもに応用できるケアやサポートの知識や子育てに効果的な情報を学べるでしょう。

 

子どもに必要なのは安心して成長できる環境ですが、一見恵まれた環境にいてもストレスを抱えがちな子どももいます。

一人一人に合わせて必要なサポートを導き出し、順調な時だけでなく問題を抱えた時にも適切なケアを行っていくには、子どもの心理状態に関する知識や精神医学的な知識が求められます。

 

ご自身との関係が子どもに与える影響や、良くない影響を受けた時の親としてできるサポートなども学ぶことができるでしょう。ある程度大きくなった子どもの悩みや問題への接し方を知ることで、より応用的に子どもをサポートし、その成長を出来るだけ築き上げる仕方で見守ることが出来るようになるかもしれません。

 

親の子育てと子どものアイデンティティーは非常に複雑に絡み合っているとはいえ、資格を通して見えてくるものは非常に大きいはずです。

 

自身のメンタルコントロール

大人でも時折必要とするのが、メンタル面でのサポートです。「アダルト・チャイルド(アダルト・チルドレン)」といった言葉が聞かれるようになって久しくなりますが、たとえ年齢だけが十分に進んでいったとしても、誰もが大人として精神的な余裕や抵抗力を身につけているとは限りません。

 

非常に複雑なストレスの多い現代社会においては、うっかりすると誰もが心身の不調に陥ってしまう危険性があります。今まで縁がないと思っていた心理学やカウンセリングの知識を学んでおくことで、現在心の不調がない方は未然に防ぐための予防策を、心の不調を感じておられる方は回復していくための道程を見いだすことが可能になります。

 

残念ながら、精神衛生上のケアや予防策は日本ではそれほど重視されていません。周りが知らない分野だからこそ、一般的な考えや集団の圧力に屈することなく、メンタルケアの分野でしっかりと自分をサポートすることが求められています。

 

心理カウンセラー資格を取得することは、他人にカウンセリングを行うのみならず、自分が精神的な強さを身につけたり回復力を身につけたりするために非常に有効な手段です。メンタル面でストレスやプレッシャーに負けにくい精神を鍛えることができれば、それだけ有意義な人生を送ったり誰か他の人をサポートする余裕も身につけられます。

 

臨床心理士でも十分働ける

通信講座だけでは実務は無理

現実的なことを考えると、通信講座で学んだ知識だけを利用してカウンセリングをいきなり行うことは危険です。カウンセリングは非常に高度なケアや医療にあたる行為であり、それだけ人の人生に良くも悪くも影響力を与えてしまいます。

 

心理学やカウンセリングの基礎を学ぶと、それだけで非常に高度な技術を身につけたような気分になってしまうのも無理はありませんが、一度冷静に自分の経験や技術を見つめ直し、本当にカウンセラーとして勤務するためには、はるかに難易度の高い専門的な知識の勉強や、臨床的な研究が必要であることを思いに留めておきましょう。

 

カウンセリングが今後普及していけば、国家資格が充実したり手軽にカウンセリングを受けられるまでに知名度が上がったりすることも期待できますが、まがいもののカウンセリングによってこうした分野での医療やサポートが非難されないためにも、本当にカウンセラーとして勤務できるレベルに達するまで、無責任な治療やカウンセリングは避けるべきです。
 

カウンセリングを誤ると自殺してしまうことも

本来、カウンセリングを必要とする人々は非常に弱い状態にあります。一時的にストレスに負けてしまっている方や、心身のバランスを完全にくずしてしまった方など、その種類や幅も非常に広いものがあります。精神医学や心理学的に同じ症状を発症している方々の場合でさえ、それぞれに必要なサポートや治療が同じとは限りません。

 

生半可な知識や思い込みによってカウンセリングを行ってしまうと、本人でさえ正しく理解できていない心の問題や危険性を正しく診断できず、悲しみを募らせたり傷を広げたりすることで対象者が自殺に至ってしまうことさえあります。

 

「悩みを十分に理解してくれない」という気持ちは非常に大きなストレスとなるため、ここでつまずいてカウンセリングに苦手意識を持ってしまう方もいます。カウンセラーには非常に大きな期待が寄せられたり、責任が投げかけられたりするものです。

 

友達が話を聞いてあげるように、ただ同意して会話を促すだけがカウンセラーの仕事ではありません。「利用者や患者さんの自殺」=「カウンセラーの責任」ではないとはいえ、その責任の重さはカウンセラーとしての影響力を強く意識させるものはずです。

仕事にするなら実力を身につけて

そのような理由から、本当に利用者や患者さんの悩みを適切に扱えるカウンセラーになるためには、それなりの経験や臨床的な知識が必要となります。全てのカウンセラーが完璧な治療を行えるわけではないため、やはり民間資格と言った自分にできるところから始めていくのが最善ですが、学んだことの影響力や良くも悪くも人の人生を左右するポテンシャルを有しているということを忘れないようにしてください。

 

適切に使用されるのであれば、心理学やカウンセリング技術はあなたの周りの家族や友人、職場の同僚にとって人生の宝や心の支えとなるでしょう。良かれと思って話したり行ったりしたことが、事情をよく理解していなかったために相手の傷を広げたり回復できないダメージを与えてしまうことにならないよう、実践する際には細心の注意が必要です。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの心理カウンセラー資格でできること

心理学の基礎を自宅で学べる

諒設計アーキテクトラーニングではあくまで初心者も対象に含めており、受講する全ての方が心理カウンセラーに関する民間資格を取得できるように万全のサポートを行っています。心理学の基礎を学ぶことで、最低限知っておかなければならない専門用語や概念を理解し、更なる心理学の奥深い一面に迫っていく準備ができるでしょう。

 

そのような講座を自宅で受講できるため、仕事や学業に専念しながら民間資格を取得したい方や、いきなり転職やその業界に入っていくことはためらわれるものの、とにかく基礎的な知識から学んでみたいという方に非常におすすめです。

 

1日30分勉強すれば、約3ヶ月で資格取得まで到達できるようカリキュラムが準備されているため、大抵の方が無理なく学習を進めていけるはずです。

 

心理学の一面を見て学べる

心理学の一面をどのように応用するかを、専用のテキストや練習問題を駆使しながら学ぶことが可能です。患者の状態を知るための知識や、発症の原因となる様々な要因の解説、特徴的な症状として現れる実際の体の症状などが、テキスト内で詳しく説明されています。

 

幼児期から思春期、中年期から老年期に至るまで、様々な年代別に抱える可能性のあるストレスの要因と症状や、それらをタイプ別に分けた体系的な分類法も学びます。

回復のために必要な治療法として、まずはカウンセラーが治療に際して知っていなければならない注意点や確認事項、自律神経失調症やうつ病などの症状を元による対処法、症状の経過ごとの治療方針や、急性期や休息期、回復期などに現れる利用者の変化、入院しなければならないケースの紹介など、図解で見ながら現実に発生しうる状況を詳しく学んでいくことが可能です。

 

抗不安薬やビタミン剤などの投薬に関する知識や、精神療法や認知行動療法など内面から行っていく治療法についても学びます。

 

心理学を志すモチベーションが高まる

心理学を志すモチベーションを高めるためには、やはりその一端に触れてみることが必要でしょう。初心者を対象に含めているとはいえ、各協会が提供している一般の民間資格を取得できるよう高度な知識を身につけさせる同講座では、心理学について学んでいくにつれモチベーションを高めることもできるかもしれません。

 

心理学やカウンセリングについて、ある程度全体像や概要を学ぶことは、より専門的な分野に進むための前段階であり、次のステップに進むための重要な第一歩となります。初心者でも無理なく続けられるペースで提供されるカリキュラムや、回数無制限の質問サービスを利用したマンツーマンによる指導などによって、心理学を学びたいというモチベーションを保ちながら学習を続けられるでしょう。

 

注意:心理学は人の心を変えてしまう

心理学が人を操り悲惨な結果を生み出してしまう最大の例として、ナチスやファシズムがいつも挙げられるのをご存知でしょう。これらは群衆心理や人の反応をコントロールすることで、殺人や人種差別を犯させた最も極端な例として世界中で認識されています。

 

当時の人々は、普通の感覚であれば想像することも嫌になるような残虐な行為や危険な思想を、いとも簡単に正しいと信じ込んでしまいました。現代社会ではこういった極端な例はなくとも、心理学には人の心に作用し、その後に人生を及ぼしうる大きな影響力があるため、熟練のカウンセラーでさえカウンセリング中には細心の注意を払います。

 

世の中には、主観的な意見を常に並べたてたり、十分に利用者の話を聞かないまま役に立つないアドバイスを与えてしまったり、最悪の場合には批判やレッテル貼りによって利用者がカウンセリング前よりも心にダメージを負ってしまうなどの行為を働くカウンセラーもたくさん存在しています。

 

それだけ、心や精神構造に関する専門知識は非常に強力なため、心理学を学んだ者にはそれなりの責任が発生します。利用者はお金を払ってカウンセリングを利用するため、思っていた効果が得られなかったばかりかより心を傷つけられたとなると、訴訟にさえ発展してしまう可能性もあるのです。

 

心理カウンセラー資格で基礎を習得

非常に難しく奥が深い心理学やカウンセリングの世界に足を踏み入れるにあたっては、まずは通信講座によって基礎を習得することがおすすめです。必要最低限の基礎知識や、カウンセリングに関する技術的な知識を学ぶことで、その後より専門的な分野に進んでいくための土台を据えることができるでしょう。