タイ古式マッサージ資格の取り方と主な仕事・業務内容

タイ古式マッサージ資格を取得するには、講座を受講すればよいだけなので簡単ですが、課題提出の義務があるので安易に取り組んでもダメです。 タイ古式マッサージ資格を取得できたら、主にセラピーやエステなどの仕事、タイ古式マッサージの施術道具の使い方教室なども開けるでしょう。

 

タイ古式マッサージ資格はちゃんと仕事にできる

タイ古式マッサージ資格を取得すると、マッサージ施術師としてはもちろんのこと、さまざまな仕事の道が開けます。 タイで約2,500年もの歴史ある伝統的なタイ古式マッサージは、「世界で一番気持ちの良いマッサージ」とも言われ、近年日本で多くの人に知られるようになってきました。

 

認知度にともなってタイ古式マッサージを受ける人の数も増え、施術院の需要も年々増えていっています。 セラピストとしてタイ古式マッサージ師の求人もあり、施術院に雇用されての働き口も都市部を中心に多くなってる傾向にあります。

 

資格は国家資格がなく民間の団体が発行する資格となっているので、雇用に条件などない場合もありますが、資格を持っていることでより優遇した条件での採用がなされています。

 

タイ古式マッサージ師の認知度も年々上がっているので、施術院でしばらく働いたのち独立して自分で施術院を開院することもできます。 今後も認知度に合わせて、タイ古式マッサージ師が求められる需要環境も増えていくでしょう。

 

世界で一番気持ちの良いマッサージと言われるだけあり、リピーターが多いのも特徴。 マッサージ施術に限らず、施術用の道具の販売や指導者としてマッサージ指導に当たることもできます。 資格を取ることで、その先のいろいろな選択肢が生まれてくるので、その中から自分にあった道を選ぶのが良いでしょう。

 

ハーブボールやホットストーンの販売もできる

ハーブボールを専売する仕事にもおすすめ

タイ古式マッサージ資格有者なら、ハーブボールを専売する仕事もおすすめです。 タイ古式マッサージと同じタイで生まれて約1,000年の歴史を持つとされるハーブボールは、数種類のハーブを布に包み、スチームなどで蒸して温めたものを人の体に直接当てて使います。

 

温められたハーブによる血流改善効果のほか、更年期障害など女性の体調不良を癒すリラックス効果があると言われています。

 

タイ古式マッサージとハーブボールを併用して施術する所もあります。 マッサージによってほぐれた体にハーブボールを使用することで、より高い効果を発揮するので、同じタイのセラピーとしてハーブボールはタイ古式マッサージとの相性もバツグンです。

 

中に入れるハーブによって効果も変わるので、使う人に応じたハーブを選択してよりその人に合ったカスタマイズ・ハーブボールを作ることも可能です。

 

施術院などで施術してもらった方が気持ちはいいですが、ハーブボールは自分で自分に使用することもできます。 相手の体調を伺い、タイ古式マッサージの観点からその人に合ったハーブボールをおすすめする販売も行える強みがあります。

 

タイ本場のホットストーンの販売もできるかも

タイ古式マッサージ資格を取得すると、身体のバランスを整えてくれるプロとして、タイ本場のホットストーンを取り扱うのもいいかもしれません。 ホットストーンを使ったホットストーンセラピーは、50度前後に温められた石を使い、体を温めて筋肉の緊張やこりをほぐします。

 

ホットストーンは優しく体を温めることによりリラックス効果もあるので、女性に人気があります。

 

指圧で筋肉を柔らかくほぐすタイ古式マッサージは、同じく体を温めて筋肉をほぐすホットストーンとの相性もいいです。 ハーブボール同様に、タイ古式マッサージと相性のよいタイ本場のホットストーンの販売も行うことが出来ます。

 

お客さんがホットストーンの誤った使用をしないためにも、古式マッサージの資格で学んだ知識がアドバイスとして役立ちます。

 

マッサージ施術だけが全てではない

タイ古式マッサージ師として施術をする以外にも、資格取得の後は活躍の場がいくつもあります。 タイ古式マッサージを教える教室であったり、カルチャーセンターなどタイ古式マッサージの知識を生かして、家庭でもできるマッサージを教えたりと、マッサージ施術だけにとどまらずいろいろな資格の使い道があります。

 

タイ古式マッサージと相性のよいハーブボールなどの施術道具の販売もできますし、資格を取得することで、そこで得た知識を生かし施術道具の使い方を教える教室を開くこともできます。 マッサージ施術だけが全てではなく、講師や施術道具の販売などいろいろな方面での道が開けます。

 

タイ古式マッサージ教室にもおすすめ

教室の先生の資格として活用できる

タイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターの資格を取得すれば、タイ古式マッサージを教える教室の先生として活躍ができます。 タイ古式マッサージ資格を取得するためにそれまで学んできたことをそのまま生かせるほか、得た知識は外に出すことでより定着しますので、教えることによって自分のスキルアップにもつながります。

 

 

これまで学んできたことをもっと多くの人に伝えたい、発信してみたい!そんな気持ちを持っている人は、タイ古式マッサージを教える講師として活躍ができるでしょう。

 

一定以上の水準の知識を持っているということの証明が資格でもあるので、資格が学ぼうとする人からの信頼も厚くしてくれます。 自宅で教室を開くほか、カルチャースクールに講師として教室を開くこともできます。 教えてみたい気持ちがある方は、ぜひタイ古式マッサージ教室の講師としてご活躍ください。

 

カルチャースクールの講師としても活躍できる

公共団体や企業が運営するカルチャー講座やスクールの講師として、これまでタイ古式マッサージについて学んできた知識が生かせます。 これからタイ古式マッサージ資格を目指す方向けに、自分の体験談や資格学習の進め方、外せないポイントなど的確なアドバイスを行えるので、タイ古式マッサージ資格の取得までの過程が役に立ちます。

 

大手ショッピングマーケットのイオンではカルチャースクールを開き、講師を募集していることもあります。 年齢とかではなく、生徒さんと共に楽しめる講師を募集しているので、タイ古式マッサージ資格を取ることでそのようなカルチャースクール講師への道も出来ます。

 

現在タイ式マッサージの講座がないカルチャースクールであっても、新たに講座を増やしてくれる所も。 中には講座の数を増やしたいカルチャースクールもありますので、気になったらカルチャースクールにお問い合わせを。

 

ハーブボールの使い方教室も需要が高い

好きなハーブを組み合わせ、自分なりのアレンジをして楽しめるハーブボールの使い方教室も人気があり需要も高いです。 ハーブボールはハーブのお灸とも呼ばれ、何種類かのハーブを布に包んでスチームなどで蒸して温めたものを、体に直接押し当てる伝統療法です。

 

押し当てるハーブとハーブから発する薫りがリラックス効果を生み、自律神経のバランス調整うをはじめ冷えの改善や様々な疾病に効果があると言われています。

 

本場タイのハーブボールもいいのですが、タイ人は生活環境も違いより強いハーブを好む傾向にあり、日本人の体質には向かないことも。 タイ古式マッサージで学んだ知識を生かしながら、日本人の視点で日本人に合ったハーブがおすすめできます。

 

ハーブボールもタイ古式マッサージと同じく、体のエネルギーの通り道であるセンに働きかけることで気の流れをよくする施術ができるので、タイ古式マッサージとの相性もバツグン。 ハーブの効能を学べば、タイ古式マッサージの知識を生かしたハーブボールの使い方教室も開くことも出来ます。

 

家庭でできるタイ古式マッサージ施術教室も

自分でできるマッサージを指導する講座もおすすめ

家庭で自分でできるマッサージを教える教室を開くこともできます。 タイ式マッサージを応用し、自分1人でできるメニューを組み立てて、その方法をしっかりと教えることもできるようになります。

 

タイ古式マッサージは 2人ヨガとも言われ、指圧やストレッチのほかにヨガの流れも組んでいます。 これまで学んできた知識の中から、ヨガのように1人でできるメニューを組み立て、指導するオリジナル講座を開くこともおすすめです。

 

カルチャーセンターなど新たに講座を開設してくれるところもあります。 講座開設の相談時にも資格が信用に厚みを付けてくれるので、資格を有していることでより前向きに検討してくれるようです。 学んできたことを多くの人に伝えたいという方は、指導者として講座を開く道も。

 

PTAや会社の福利厚生などでも役立つかも

タイ古式マッサージは従業員の健康を管理する福利厚生にも役立ちます。 優良企業の多くは福利厚生が充実していると言われます。 健康保険や厚生年金などの法邸福利厚生のほか、持ち家補助や健康に関する費用を一部会社が負担する法定外福利がしっかりしている傾向にあります。

 

法定外福利厚生は従業員満足度にもつながる費用で、優良企業は一定の金額を投じ、従業員が少しでも働きやすい環境を作ることに力を入れています。 大企業を中心に社内に診療所などを設けている企業もあり、仕事の疲れを癒しリフレッシュさせることのできるタイ古式マッサージは、まさに会社の福利厚生と合致しているでしょう。

 

何かと心労の多いPTA、会社の福利厚生に役立てられるタイ古式マッサージと言えます。 タイ古式マッサージ資格を取得すると、企業内の施術セラピストとしての新たな活躍の場もあります。

 

危険な施術は絶対に試さないこと

タイ古式マッサージ資格を有していたとしても、危険な施術は後々トラブルの原因にもなります。 お客さんが求めてきても、そこはプロの観点からしっかり断ることも必要です。 体に関する施術ですので、普段自分が行っている施術から外れた施術は絶対に試さない事です。

 

安易な気持ちが後々のトラブルを引き起こすことにもなり、それまでの努力が水の泡ともなりかねません。 危険な施術は絶対に試さないということをしっかり守り、判断に迷ったらやらないという選択も時に大事です。

 

まずは諒設計アーキテクトラーニングの資料請求を

タイ古式マッサージは人の体に関することなので、安易なマッサージはトラブルの原因になりえます。 トラブルを防ぐためには、しっかりとした知識と技術を身に付けておく必要があります。

 

また、タイ古式マッサージは国家資格がないため民間の団体による資格認定となっています。 中でも諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式整体ボディセラピーアドバイザーW資格取得講座は、タイ古式マッサージ師としても未来のマッサージ師を生み出すインストラクターとしても活躍できる資格合格講座です。

 

資格の認定団体も、心のケアを中心としたスキルを持つ人に資格を認める、日本アロマメディカル心理セラピー協会と、教える立場として一定のスキルを持つ人に資格を認定する、日本インストラクター協会が主催する資格認定に沿っているので安心の内容です。

 

「タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー」と、「タイ古式ヨガボディヒーリングインストラクター」の2つの資格を取得できる、諒設計アーキテクトラーニングのタイ古式整体ボディセラピーアドバイザーW資格取得講座があります。

 

資格取得にかかる期間や費用などが分かりやすくまとめられた資料を無料請求できるので、まずは資料請求をしてみて内容を確認してみてください。 タイ古式マッサージとはどういうものなのかを改めて確認することもできます。

 

タイ古式マッサージ資格の受験が免除され、卒業すれば取得できる優遇された講座を受けられるのは、諒設計アーキテクトラーニングのみ特権となっています。 資格認定を行っている協会の協力により実現している受験免除は、諒設計アーキテクトラーニングの講座の内容が協会の水準を満たしていることの証明でもあります。

 

試験を受験することなく資格を取得できるので、早く資格を取得したい方は一度チェックをしてみてください。

 

タイ古式マッサージ資格を取得する事で、できることが一気に広がりますね。 エステやマッサージセラピーはもちろん、カルチャースクールなどの講師として活躍ができたり、マッサージ施術道具の販売もプロの視点できます。

 

世界一気持ちの良いマッサージと言われる話題のタイ古式マッサージ資格を取得して、「やってみたかったこと」をぜひ実現させてください。