幼児食資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

幼児食資格は諒設計アーキテクトラーニングの講座でも取得できます。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は共通で、学習期間は6ヶ月、試験難易度は初心者向け、課題提出で幼児食資格取得できるスペシャル講座というものがあります。課題提出がありますが、きちんとテキストを学んでいればクリアできるレベルです。

 

6ヶ月で課題を6つ提出すればOK

幼児食資格を取ろうと考える方の中には、忙しい人もいます。 まさに今、子育て中で今後のわが子の成長に役立てるために幼児食について勉強したい人。 子どもに関わる仕事に就いていて、食についても学びたい人など。

 

そんな忙しい人が課題のある通信講座で幼児食資格を取得しようと考えたときに、心配になることの一つが勉強の時間を確保して幼児食資格の課題をクリアできるのかどうかです。 でも、こちらの幼児食マイスター資格取得講座なら余裕を持って勉強できるため、無理をすることなく勉強に打ち込むことができます。

 

なぜなら幼児食資格は、6ヶ月の間に課題を6つ提出すればいいという仕組みだからです。 6つの課題を提出し卒業することで「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」の資格を取ることができます。 6カ月もの期間があれば安心です。

 

子育て中は、子どもの体調不良などの予測できないハプニングが起こりがちです。 子どもが寝ている間に勉強しようと思っても、身体の調子が悪い子どもはすぐにぐずってしまったりします。 そうなれば、勉強どころではなくなってしまいます。

 

また、仕事をしながらの学習はなかなか時間の確保も難しいことがあります。 残業があったり、急に休みがつぶれてしまうこともあります。 休みたい日もありますよね。 課題の提出に余裕があれば、そんな問題はクリアになります。 1月に1つなどの決まりもないので自分のペースで学習を進めることができます

 

幼児食資格は決して難しくない

子どものアレルギー反応には注意と慎重さが必要

食物アレルギーは乳幼児の5%から10%がその症状を起こしてしまうといわれています。 特に割合が多いとされている卵を例に出します。 はじめて食べさせるときは固ゆでした卵の黄身を耳かき一杯の量からはじめます。 何も問題なければ、さらに1回の量を増やしていきます。

 

食べさせる時間や曜日も考慮しなければなりません。 何か問題があった際にすぐに病院に行くことができる、平日のかかりつけ医が開いているときを狙って食べさせる必要があります。 慎重になる理由は赤ちゃんの内臓機能が未熟なことにあります。

 

卵のたんぱく質をうまく分解できないために、身体が異物だと判断してアレルギー反応が起こってしまいます。

蕁麻疹やかゆみ、赤み、ひどい場合はアナフィラキシーショックという状態で症状が現れます。 これを防ぐためには、正しい量を正しい時期に正しい調理法で食べさせてあげる必要があります。

 

卵に限らず、こういった注意をしなければならない食材がたくさんあり、それに対応する必要があります。 アレルギー患者の数が多い乳、卵、小麦、えび、かにと、重篤な症状に至ることが多いそば、落花生は特定原材料7品目として知られています。

 

その他にも、特定原材料に準ずるものとして、大豆やリンゴなどの20品目があります。幼児食資格の学習ではこのようなアレルギーに関する知識も身につけることができます。

 

幼児のいる家庭では安全に学びやすい

幼児食資格に関する学習を進めていくと、子どもの身体のつくりや発達についても理解できます。 乳幼児の身体や脳は日々成長していきます。 その成長を助ける食事内容を意識し最適な環境を作るためにはどうしたらいいのかを食事の面から学ぶことができます。

 

幼児食資格では、アレルギーへの対策方法が学べるほかにも、発達状況に応じた食事形態に関しても学ぶことができます。

 

離乳食の段階では、どのような硬さのものをどのくらいの大きさにしてあげるのが適切かを特に注意して準備する必要があります。

柔らかすぎるとかむ力の発達を妨げます。硬いと噛みきれずに口から出してしまうことがあります。 反対にそのまま飲み込んでしまうこともあります。 そのまま食事自体を嫌がってしまう子どももいるほどです。 これを防ぐためにも幼児食に関する学習は有効です。

 

通信講座の学習期間は6ヶ月

早ければ2ヶ月で取得できる

自分のペースに合わせて学習できるのがメリットである通信講座。 ゆっくりと学習することが可能ですが、逆に短期間に集中して幼児食資格を取得することもできます。 最短で2ヶ月の学習で幼児食マイスターとベビーフードインストラクターの資格を取ることができます。

 

幼児食マイスターの資格はJSFCA(日本安全食料料理協会)が主催する資格です。 この幼児食資格は、子どもの成長に合わせて栄養バランスを考えた献立を作ることができる知識や離乳食から幼児食に変える時期、幼児食に向く食材・不向きな食材など幼児食に関する知識をもつ人に対し与えられるものです。

 

アレルギーに対して適切な対処をすることができたり、子どもの手づかみ食べや遊び食べの克服するためのしつけができるようになります。 もうひとつのベビーフードインストラクターはJIA(日本インストラクター協会)が主催する幼児食資格です。

 

子どもの成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、幼児に与えるおすすめの食材を使用した献立、四季折々の献立、行事に合わせた献立を考え、食事を作ることができる方に与えられる幼児食資格です。 幼児の体格や体質、運動量によって食事量を考えることができるようになります。

 

2つの資格はたとえば、子どもに関わる仕事に就くことが決まった学生さんや、もうすぐ子どもが産まれる妊婦さん、はたまた離乳食を始める時期が迫りつつある新米ママさんにもおすすめです。 子どもに関わる仕事でも、直接食事には関係しない仕事に就く人もいるでしょう。

 

そんな方でも食に関する勉強は大切です。 食事のことで悩むママの悩みに答えることができるかもしれません。

また、幼児食資格を持っていることでママの信頼を得ることもできます。 そして、わが子のために幼児食について勉強をしようと考えている方。

 

いざ離乳食の時期が近づいてきてはじめて幼児食に関する資格があることを知る方もいるでしょう。 離乳食をはじめつつ勉強していっても全く問題はありません。 2ヶ月で学習を終えれば、まだまだ離乳食中期なのでその後知識を活躍させる場面は多々あります。

 

半年あるので課題提出も遅れずクリア

もちろん2ヶ月のつもりで勉強をはじめても計画通りいかないこともあるでしょう。 出産まで時間があるからと思って勉強をはじめた場合でも、出産が早まって急に時間が無くなることもあります。 離乳食がスタートする前後に学習をはじめた場合、子どもが寝た後の時間に勉強しようと考えていたとします。

 

ところが、夜泣きがはじまってうまく時間を確保することができなくなった、というのもその時期の赤ちゃんであればよくある話です。 予定がくるってしまって焦ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。 半年の期間内であれば課題を提出することができるので、無理せず学習を進めていくことができます。

 

初心者でも学びやすい内容・カリキュラム

 

料理できる人には比較的簡単

離乳食・幼児食といっても特別難しいものではありません。 大人の食事を作るようにレシピもあります。 食事の味付けを薄味にするとか、柔らかくなるように工夫する必要があるのですが、それらもテキストに載っています。

 

それに加えて、テキストではツナやクリームコーン、高野豆腐などさまざまな食材が幼児へ与えるための簡単食材として紹介されています。 これらは大人の食事でも普段から利用するような食材です。 いつもしている料理と違う点を理解したり、普段の献立のアレンジを増やすヒントにもなる場合もあります。

 

日常的なこれまでの料理の過程にすこし手間を加えたものが幼児食です。 そして、その手間の部分を教えてくれるのが、幼児食マイスター資格取得講座です。

 

幼児食を作る時に大変なのは、作る量の調整の難しさと、作る頻度、そして、食べさせて、片付けるところまでがセットになっているということです。幼児食をまとめて作って、食べさせるまでの手間を減らすことはできますが、作り置きしすぎると食材が悪くなって、食中毒や赤ちゃんの嘔吐などが心配です。

 

幼児食を作って、手間を減らしても、食べさせる時に赤ちゃんが食べるのをサポートしたり、こぼしながら食べるのに気をつけてあげたり、食べながら寝て窒息しないように気をつけてあげたりしないといけません。床に落ちたものを食べないように気をつける必要もあるため、なかなか気が抜けません。

 

さらに食べ終わったあとも赤ちゃんがゲップするのをサポートしたり、食べた後に急に理由なく嘔吐したりするのにも対応しながら、食器を洗って乾かし、赤ちゃんの様子も見ていないといけません。こうした総合的にお世話するのが大変なのが幼児食も大変さです。

 

片付けもしやすい幼児食を

幼児食を作るだけではなく、片付けもしやすいように工夫する必要があります。たいていはお粥のようにサラサラした食事になるので、洗うのは簡単ですが、お皿が小さく、食洗機などで洗う場合、こまめに洗うほどの手間もかけられません。

 

手で洗っても良いですが、両手が濡れている時に急に赤ちゃんが転んだり、椅子から落下したりするような事があると危険なのでできれば、赤ちゃんから手と目が離れない状態でお世話する必要があります。せめて、片付けは旦那さんがやる、食器洗いやお皿の枚数を多くして手間を減らすなどの工夫がなければ幼児食づくりは楽になりません。

 

食洗機があっても、食洗機の中が汚れていれば、洗っても雑菌の影響でノロウイルスになったり、食中毒になったりして危険です。お手入れやケアが必要になる部分も理解した幼児食づくりができるのが理想です。

 

同時に食育資格を取得してもいいかも

幼児食をいつまで食べさせるのかは家庭によっても異なります。 5、6歳になるまで大人の食事よりも薄味のものを用意する家庭もあります。 咀嚼能力は6歳でやっと大人の3~4割程度といわれています。 そして、幼児食を卒業した後も食事に関しては一生お付き合いしていくものですよね。

 

そこでおすすめしたいのが食育資格です。 食育資格では、糖尿病や高血圧など食事に深く関係のある生活習慣病について学習できます。 また、さまざまな栄養素についても知ることができます。 幼児食の学習と共通する部分もあり、幼児食の学習をしているのであれば勉強の負担を減らすことができます。

 

また、何かの勉強をしているときはその習慣がついていくものです。 たとえば、子どもが寝た後に30分間幼児食の勉強していたのであれば、そのままその時間を食育資格のための時間に充てることもできます。 なにかを習慣化するためには長い時間が必要になります。

 

せっかく習慣化した学習する時間が幼児食資格を取得することで途絶えてしまうのはもったいないです。 幼児食資格と共通する学習内容の多い食育資格の取得をおすすめします。

 

初心者でも学べる頼りにできる通信講座

幼児食資格は諒設計アーキテクトラーニングの講座でも取得できます。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は共通で、学習期間は6ヶ月、試験難易度は初心者向け、課題提出で資格取得できるスペシャル講座というものがあります。課題提出がありますが、きちんとテキストを学んでいればクリアできるレベルです。

 

まずは諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格の資料請求を

 

小さい子どもがいて、これから始まる離乳食の時期を乗り越えられるのか心配な方。 子どもがご飯を食べてくれなくて、工夫したいのだけれどどうすればいいのかわからない方。 子どもに関わる仕事をしていて、子どもの食生活全般についての知識を深めたい方、幼児食について学びたい方は多くいると思います。

 

すこしでも幼児食について学びたいという気持ちがあるのであれば、一度諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格取得講座の資料請求をしてみてください。

資料には詳しい講座内容や、受講期間に関する説明、料金について書かれています。

それらをじっくりと確認してみたうえで、幼児食資格講座にトライしてみてはいかがでしょうか?