幼児食資格の受験方法・資料請求方法

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は、公式サイトから必要事項を入力して資料請求が完了します。数日すると冊子が送られてきて、登録したメールにもお知らせやお得な口座の情報が届くようになります。受験は在宅、通信講座の受講も在宅で良いのでマイペースに学びたい方にぴったりです。

 

まずは気軽に資料請求(無料)

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は、完全在宅受講することができ、受験免除で同時に2資格を取得できる数少ない資格です。幼児食資格は、受験しなくても資格を取得できるタイプの講座形式のもので、課題提出さえしてクリアしていれば資格を取得できます。

 

取得できる幼児食資格は、幼児食マイスター資格とベビーフードインストラクター資格の2つです。スペシャル講座という79,800円の講座を受けて、課題を合計6回提出すれば資格を取得できますので、ぜひスペシャル講座を活用しましょう。

 

資料請求は諒設計アーキテクトラーニングの公式サイトから誰でも無料でできます。資料請求する時にメールアドレスが必要になりますので、メアドも用意して申し込みましょう。メールには特別な匠コースやマスターコースなどの案内も送られてきますので、しっかり確かめておくことをおすすめします。

 

幼児食資格講座概要

幼児食資格には通常講座とスペシャル講座の2つがあります。通常講座は59,800円で、講座を通して資格の学習ができ、試験はあなた自身で行います。在宅受験ではありますが、試験を受ける前に日程を調整し、在宅受験で合格しなければ資格を取得できません。

 

スペシャル講座は以下の表にもあるように79,800円の講座で、2資格100%取得できる資格です。幼児食マイスター、ベビーフードインストラクターの2資格を取得できます。このスペシャル講座ならば家から出られない方でもしっかり学んで、課題提出するだけで資格を手に入れられます。

 

分割での支払いにも対応しているため、一括での支払いでなくてもよいという安心感があります。一括で支払ったほうが負担は少ないですが、分割にすれば毎月の幼児食資格取得コストが分散され、毎月の家計の負担は軽くできます。ある程度支払った所で一括支払いに切り替えるのもよいでしょう。

 

講座名 幼児食資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 幼児食マイスター

ベビーフードインストラクター

 

勧誘や営業はしつこくない

資料請求後はメールは数回送られてくる

資料請求をすると、1週間以内に郵送で資料が送られてきますが、その間、メールでの案内なども送られてきます。こまめに丁寧に、うるさく感じない頻度でメールのお知らせが送られてきます。電話での営業はなかったように感じましたが、電話に関しては気づいていなかっただけかもしれません。

 

資料請求をした際に申告したメールアドレスには、何度か連絡が来ますが1ヶ月ほどするとほとんどメールは来なくなります。一定数案内を送っても反応がなければメールは来なくなるようです。メールが激しかったのは最初の2週間ほどだけで、それでも1週間に1通あるかないかくらいでした。

 

電話営業や電話勧誘はたぶんなかった

 

資料請求後は、どこの講座でも営業セールスなどが激しいと言われており、資料請求するのが嫌な方も多いでしょう。しかし、諒設計アーキテクトラーニングでは、しつこい勧誘やうるさく感じるほどの営業電話はなく、安心して資料を読めました。

 

資料請求をすると、丁寧な手紙と担当スタッフの名刺、連絡先などが記載されたものも一緒に届けられますので、これらを参考にして、最も魅力的な講座、最もメリットのある講座を厳選しましょう。ガイドブックやガイダンスブックなどもよく読み、理想の講座内容になっているか確かめるようにして下さい。

 

しつこい営業・勧誘がないので気軽に資料請求を

幼児食資格は資料請求をしても、営業や勧誘がほとんどありませんので、安心して資料請求できます。幼児食資格を受講しようと思う時期によっては、お得な講座を申し込む定員や期限が切れてしまってもったいない思いをするかもしれませんので、早めに申し込みできるように準備しつつも、その月の最初に資料が届くようにしましょう。

 

資料請求する時には興味がある資格講座を3つまで選んで申し込みできます。幼児食資格、食育資格など同時に学びたいならば、最初から特別なコースへの受講申込を検討して、資料請求後の案内やお得なコースの活用も検討しましょう。

 

在宅受験・卒業課題提出なので簡単

試験なし・課題提出で資格取得OK

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格のスペシャル講座ならば試験免除で2資格:幼児食マイスター資格・ベビーフードインストラクター資格を取得できます。その試験免除になる代わりに、添削課題が5回、卒業課題が1回あり、この合計6回の課題を必ず提出する必要があります。

 

この課題は添削課題で課題の出来具合によっては再提出を求められることもあります。そのため、学習期間6ヶ月を目一杯使用して提出するよりは早めに課題を提出しておき、万が一の再提出があっても間に合わせられるようにするのが良いでしょう。

 

他の講座では試験を受けてでないと資格を取れないことも多いですが、諒設計アーキテクトラーニングでは在宅での課題提出だけでOKです。その分、中身がゆるいわけではなく、きちんと幼児食資格に関するカリキュラムを習得していることを証明できるくらいに学んでないと課題ができませんので、十分スキルになります。

 

最初のステップアップにおすすめ

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格は、プロ向けの内容ではなく、初心者やブランクがある方に適した内容構成です。カリキュラムもそこまで難解ではなく、はじめての幼児食資格学習にぴったりです。最初のステップアップにピッタリの内容ですが、決して楽に学びきれるものではなく、資格取得後は仕事にもプライベートにも生かせます。

 

幼児食資格を取得すれば、赤ちゃんの離乳食や小学生以下の子どもに適した食事を作るスキルが有ることを証明できます。幼児食資格を学んでいる間にも子どもと一緒に、子どもの好きな食材や料理を探していけるかもしれないので、課題提出はサクサク終わらせて、子供との食事、料理の時間を長く取るようにすると良いでしょう。

 

幼児食資格を取得することで、ベビーフードづくりの参考にすることもでき、時には、食育や子ども向け、親子向けの料理教室を開くための礎にできるかもしれません。こうした幼児食資格があれば、その後の仕事やプライベートにおけるステップアップになりますので、きちんと学んで肩書きも手に入れておくと良いでしょう。

 

プロを目指すための最初の一歩に

幼児食資格は、プロのシェフやカルチャースクールの講師、子ども向けの料理のレシピ考案のプロを目指すための第一歩に適しています。初心者でも基本を身につけられて、資格も取得できますので、アルバイトから現場に入って経験を積むためにも役立つでしょう。

 

もちろん、幼児食資格を取得して、家庭で、自分の子どものための料理としてそのスキルを生かすのも効果的です。料理ができる人でも、子どもに食べさせる料理は全く勝手が異なり、食べさせ方や料理の仕方も大人のそれとは差があります。

 

まだ赤ちゃんがいない方でも、幼児食資格を取得しておけば、いずれその資格とスキルが役立つ時が来るでしょう。もちろん、赤ちゃんの子育て中にでも幼児食資格を学んで身につけ、家庭での赤ちゃん向けのお粥やスムージーに生かせればきっと効果があるはずです。

 

送られてくる資料の内容

資料請求して送られてくるのは、ガイダンスブック、ガイドブック、担当スタッフの名刺、挨拶の手紙などです。

 

資料の中には基本受講料が3ヶ月から6ヶ月になるという案内も入っていました。公式サイトでは6ヶ月が学習期間と書かれていましたが、実際の学習期間は3ヶ月で、無料で学習期間が6ヶ月まで伸ばせるという事情が本当のようですので、ご注意下さい。

 

ガイドブックは薄い冊子のようなもので、資格取得に役立つものと言うよりは、幼児食資格のメリットや魅力が記載されていました。受講生をきちんとバックアップするというコンセプトが記載されており、ひとまずこれが事実ならば安心して学習できそうです。

 

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格も支払い方法はいくつか用意されています。代金引換や現金、クレジットカード、デビットカードでの支払いも可能なようです。その他コンビニでの後払いもできるようですので、支払い方法には特に制限はないでしょう。

 

幼児食資格で、分割払いや教育ローンを利用したい方は、オリコの教育ローンを利用することになりますので、既に借り入れているものがないかチェックすると良いでしょう。受講料がだいたい8万円はかかりますので、文化にするとおおよそ33回から40回位は分割払いが増えると考えておいたほうが良いです。

 

幼児食資格を取得するときでも、クレジットカードの分割払いやキャッシングなどでの支払いはトータルで支払うお金が増えてしまいますので、できるだけ一括、分割の場合でも少ない回数で支払ったほうが良いです。少しでもお得に、家計の負担を増やさずに資格を取得するためには、支払い方法にも注意をはらいましょう。

 

幼児食マイスター資格は、子どもの安全な食事のために、ママの強い自信につながる資格でもあります。赤ちゃんを迎える前に、赤ちゃんのための料理や食事に関して自信があれば、安心して子育てに集中できるでしょう。子どもの健康な成長や、風邪などにも負けない強い子に育ってもらうためには、こうした幼児食資格での学習が役立ちます。

 

幼児食資格があれば、赤ちゃん向けのレシピだけでなく、食事を楽しんでもらうためのアイデアや、子どもの遊び食べ、好き嫌いへの対応なども学んだことになります。この幼児食資格と食育資格をあわせて特別なコースで取得すると、家庭だけでなく、外部の教室やカルチャースクールでもその力を生かせるでしょう。

 

ガイダンスブックには、幼児食資格の詳細、協会などの情報が掲載されていますので、申し込み前に他の特別なコースと合わせて確認してみて下さい。幼児食資格スペシャル講座よりも魅力的なコースがあればそちらを選んだほうが良いでしょう。

 

資料請求は月初がおすすめかも

資料請求すると、そこには特別な講座の案内も送られてきます。どんな内容なのかは資料請求してからでなければいけないため、ココで記載はできませんが、非常にお得なコースになります。先着、早いもの勝ちな講座なので、最初に3つほど、内容が近い受けたい講座を選んでおくと良いでしょう。

 

幼児食資格ならば、食育資格やスポーツフード資格をあわせて受けると受講料が大幅に安くできるかもしれません。毎月の先着講座の場合は、月初に資料が届くようにしないと月末頃には定員が埋まってしまっている可能性があります。資料請求のタイミングにも気をつけて、月末に請求し、月初に届くようにすると良いでしょう。

 

マイペースに6ヶ月かけて学習できる

幼児食資格は、学習期間が6ヶ月あり、課題提出6回もその6ヶ月の学習期間のうちに完了させられれば問題ありません。6ヶ月時間を使えるため、日々の料理でも幼児食資格講座で学んだ知識を応用させて、少しずつ見につけながらスキルアップすることもできます。

 

完全在宅で6ヶ月学習することができますので、講座に出席したり、外部の試験を受けに行ったりしなくてもよく、完全にマイペースに、場所も学習する時間も気にせず学べます。テキストがあればお風呂でも布団の中でも、赤ちゃんと添い寝しながらでも学べるというメリットがあります。

 

まずは資料請求から

諒設計アーキテクトラーニングの幼児食資格講座の資料請求は無料で、いつでもネットからできます。24時間ネットから申し込みできますので、気軽に資料請求してみてください。

 

資料請求する時は、興味がある資格講座を3つまで選ぶように言われますので、事前に3つまで選んで資料請求するとよりオトクなコースの情報も入手できるかもしれません。賢く資格講座と資格を生かして、ビジネスにもプライベートにも生かしてみてください。