ピラティス資格の取り方と主な仕事・業務内容

ピラティス資格を取得したあと、その資格を仕事に生かすにはアイデアとセンスが必要です。既にピラティス教室をやっている方はすぐに役立ちそうですが、他にも方法はたくさんあります。ここではピラティス資格を実務に生かして、利益を上げるアイデアをまとめましたので、お役立てください。

 

 

ピラティス資格講座には副業支援制度がある

諒設計アーキテクトで資格を取得しようとすると、様々な資格を取得できますが、その中にピラティス資格講座があります。このピラティス資格講座には特別な制度が、諒設計アーキテクトでのみ付随しています。 これが副業支援制度です。

 

副業支援制度というのは大まかに説明すると、諒設計アーキテクトラーニングで講座を受講し、資格を取得した後のいわゆる「卒業生」の方が副業あるいは独立開業として何かビジネスを展開する際に様々な面でサポートを行い、副業を加速することをサポートしてくれるという制度です。

 

もちろん諒設計アーキテクトラーニングの卒業生でなければこの制度を利用することができません。またこれらの制度はこれらの4つの柱を中心に構成されています。

 

教室情報サイトのプレミアムコースを永久無料で使える「仕事マッチングで無料で自己紹介」「ネットショップ出店料も永久無料」「教室運営に必要な備品を特別価格で購入可能」まず、教室情報サイトのプレミアムコースを永久無料で使えるというのは非常に画期的なポイントです。

 

通常このような教室を開業した際には集客という部分で大変苦労することになります。 すでにあなたが有名人であれば、この集客という部分に苦労はしませんが、卒業生あるいは開業する方全員がこのように有名人というわけではありません。

 

そこで生徒の募集広告を打つことになるわけですが、その広告宣伝の費用が非常に高額になることが予想され、これらのコストダウンという部分から様々なコミュニティFMなどに地道に出演したりする必要が出てきます。

 

しかし、教室情報サイトに情報を登録するとどうでしょう。 インターネット経由でお客さんがどんどん入ってくるようになります。 ただ、これらの教室情報サイトはどうしても高額になりがちです。 特に、プレミアムコースなどの特別なコースになると月何円から数十万円単位の費用が発生することも可能性としてはあります。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングはどのような集客チャネルを持つことが1番効率的かということを経験から知り尽くしています。 そのため1番集客につながりやすいチャンネルである、教室情報サイトのプレミアムコースを卒業生に限り永久無料で使えるようにしました。

 

これによりあなたの教室も、開業してすぐに特別な教室情報サイトにプレミアム待遇で掲載することができるようになる、というわけです。 続いて仕事マッチングサイトで無料で自己紹介ができるというポイントについても、ご紹介しておきましょう。

 

お仕事マッチングサイトというのは、いわゆる自営業者とプロの仕事を求める人達との出会いの場でもあります。 これはビジネスマッチングといいますが、これらのサイトに無料で自己紹介を掲載できるというのも諒設計アーキテクトラーニングならではの特別な特典と言えるでしょう。

 

多くの場合こういったビジネスマッチングサイトには技術を持っていて仕事を求めている人は有料で情報を掲載しなくてはなりません。 この情報掲載料も開業したての頃は特に、痛手になりがちで非常にコストのかかる代物です。諒設計アーキテクトラーニングでは卒業生に限り、このマッチングサイトへの掲載も無料で出来るようにしてしまいました。

 

その他にもネットショップ出店料が永久無料になったり、教室運営に必要な備品を特別価格で購入することができるなど「かゆいところに手が届く」至れり尽くせりなサービスを展開しているのが諒設計アーキテクトラーニングが提供している副業支援制度、というわけです。

 

ここまで盤石な体制が整って開業する人というのはほとんどいないのではないでしょうか。

 

ピラティス資格を資料請求すればヒントがあるかも

他の人の考えていることが学べるかも

ピラティス資格を取得するのはやはり諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。なぜなら副業支援制度が存在するからです。 その他にも様々なおすすめのポイントはありますが、やはり詳しい情報を手に入れなければ「どこで資格を取得するか」という決定をすることは難しいと言ってよいでしょう。

 

そこでおすすめしたいのがまず、最初の1歩として資料請求をするということです。 ピラティス資格に関連する資料を諒設計アーキテクトラーニングに請求すると何か今後のヒントがあるかもしれません。 資料請求でもらえる「通信講座設計ガイド本」というものがあります。

 

こちらには過去に受講した人達の体験談が掲載されています。やはり百聞は一見にしかずというものですが、こういった先人たちの体験談を聞くことができるのは何よりも貴重な情報と言えるでしょう。

 

これらを読むことで取得した資格を具体的に今後どのように活用していくのかというイメージをつかむことができるといっても良いでしょう。 このような生の声を得ることができるのはやはり、諒設計アーキテクトラーニングならではと言えるのではないでしょうか。まずは資料請求を行い、その上で情報を取得するようにしましょう。

 

講座運営母体の熱意が感じられるかも

 

資料請求をすると、すでに諒設計アーキテクトラーニングで講座を受講し、そして、卒業した方々の体験談を読むことができます。 この体験談には様々な内容が掲載されていますが、特に諒設計アーキテクトラーニングで受講して良かったポイントなどについては講座運営母体の熱意を感じることができるかもしれませんよ。

 

諒設計アーキテクトラーニングは非常に熱意のある講座です。 その証拠に、卒業してしまえば通常であれば関係ないはずの卒業生についても、副業支援制度を用意して手厚く今後のビジネスをサポートするなどしています。

 

言ってしまえば「おせっかい」のような部分まで完璧にサポートしているからです。 これは情熱なくして決してできることではありません。

 

講座内の独自ランキングも参考に

諒設計アーキテクトラーニングの資料請求を行うと様々な資料が届きますが、その中には様々なランキングがあります。

 

例えば諒設計アーキテクトラーニングの総合人気講座ランキング、あるいは転職に役立つ講座ランキング、在宅ワークに役立つ講座ランキング、など、様々な観点からランキングがされていますので、自分自身で最もメリットのあると感じることができる資格受講の目安にできます。

 

またこれらの資格にはそれぞれに受講生や卒業生のコメントがついていますので、よりイメージがわきやすいと言えるでしょう。 特に、あなたの先輩からのメッセージというのは非常に有力な情報と言えるのではないでしょうか。

 

ピラティス資格を生かせる仕事

心理カウンセリングに応用できる

世の中には取得した資格を元にオリジナルのレッスンを開業してビジネスとしている人がいらっしゃいます。 例えばピラティスと心理カウンセラーを組み合わせたものについては、非常にオリジナリティーが高く、またセラピーの効果も高いとして人気を集めていると言った具合です。

 

このように体と心は繋がっていますので、メンタルケアやボディケアを行う際にはこの両方を大事に扱ってあげるというのが何よりも重要なポイントとなります。 ピラティスのレッスンで体をほぐした後に、今度は心もカウンセリングという形でほぐしてあげると体も心も一旦爽やかにリセットすることができるようになる、というわけです。

 

またピラティス資格を持っている人はあまり知られてはいませんが、実はヨガ資格も持っているという方が多くいらっしゃいます。 諒設計アーキテクトラーニングの卒業生もピラティスとヨガ資格を同時に取得したという方が多くいらっしゃいます。

 

このピラティスと心理カウンセリング・あるいはヨガと心理カウンセリングという組み合わせは大変人気で、実際にセラピーの現場でも複数組み合わせて使われることがあります。 完全プライベートレッスンという形で行う人が多く、大手女性雑誌にも人気の先生が取り上げられています。

 

 

このようにしてビジネスを展開するにあたってナンバーワンよりオンリーワンを目指すというのは非常に重要です。 諒設計アーキテクトラーニングで複数の資格を同時に受講することにより、このようなオンリーワンの教室を開講することができるようになる、というわけです。

また完全プライベートレッスンとなると予約制ということになりますので、どんどん人気が集まれば集まるほど「予約の取りずらいプライベートレッスンの先生」になることも出来ますし、その分だけ値上げを行うこともできるようになります。 そうなると安定してビジネスを展開していくことができる、というわけですね。

 

 

企業の福利厚生サービスにも

時代の変化とともに企業にも様々な福利厚生のラインナップが増えてきました。 最近では 「ピラティスで心身ともに健康になろう」 というモットーのもと、大手企業でもピラティスなどを福利厚生として取り入れているケースが出てきました。

 

例えば出張ピラティスという形で企業の従業員向けに法人価格でピラティスに通わせることができる福利厚生などを展開しているケースもあります。

 

そして、この時出張ピラティスとなるとやはり外部からピラティス講師が呼ばれるわけですが、もしあなたがピラティス資格を持っているとこの大手企業の出張ピラティスの先生になることができるチャンスが巡ってくる、というわけです。

 

またこの出張ピラティスに興味を示している企業にはIBMやIntel、Apple、マイクロソフト、ナイキなどの外資系企業も含まれており、ピラティスを健康増進として取り入れていると言われています。

また体の歪みを矯正したりする施術もピラティスには含まれていますので、職種によって立ち仕事が多いのか、はたまた座り続けているデスクワークが多いのか、という部分を事前にヒヤリングして診断することも求められます。

 

これにより、よりおすすめなピラティスのメニューを考案することができるようになるというのも資格を持っているメリットではないでしょうか。 正確に従業員の方たちの体と心のケアをすることができる先生は重宝されます。

 

施術の結果として仕事に皆さん邁進できるようになれば、成績の良いピラティスの先生ということでまたお声がかかることでしょう。

 

老人ホームや福祉施設でも活躍できる

今から半世紀ほど前までは60歳の還暦を迎えると、もう現役引退でヨボヨボのおじいさん・おばあさんというイメージがありました。 しかし、今は違います。 高齢化社会を迎え、70代でもまだまだ現役・まだまだ若い!と言われる時代です。

 

そして、高齢者の方の健康増進やリハビリという部分にもピラティスが使われていることをご存知でしょうか? 老人ホームなどで定期的にクラスを受け持っているピラティスのトレーナー先生もいらっしゃいます。それくらい老人あるいは介護業界からも需要があるピラティス、今後益々需要が高まることでしょう。

 

今後の需要が高まるということは、今のうちにピラティス資格を取っておいた方が良いというのは言うまでもありません。 ピラティス資格を持っていればその日からピラティスの先生、あるいはピラティスのインストラクターとして活動することができる有資格者ということになりますから、今のうちに資格を取得しておいてなんら損はありません。

 

親子向け教室・ピラティス講座もおすすめ

新しいピラティス学習コースを作ろう

親子向けのピラティス講座教室というビジネス展開をすることも十分に考えられます。 最近は特に、親子向けの教室や親子向けのピラティス講座が人気を集めており、様々な資格を取得することによりオリジナリティ溢れる新しいピラティス学習コースを作ることができるようにもなります。

 

親子で取り組むことができるピラティスとなると、やはり難易度などを多少引き下げなくてはなりませんが、それと並行して楽しさもあるようなカリキュラムを作っていく必要があります。 それができるのは、柔軟な思考を持ち様々な分野の資格を持っているピラティスの先生のみということになります。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは並行してヨガの講座などを受講し資格を取得することができますので、ヨガとピラティスの合わせ技で楽しくレッスンを!というような形で教室展開をすることができるようになるでしょう。

 

赤ちゃんがいてもOKなピラティス講座は需要が高い

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんや産後まもないママさん向けのピラティスクラスも存在します。 特に、妊娠中は体の変化に伴い腰痛を起こしてしまったり骨盤の歪みが発生するケースがありますが、妊娠によるこのような身体の変化をピラティスでは負担軽減させてあげることができるケースもあります。

 

これらは一般的に マタニティクラスや、マタニティピラティスという名前でクラスが開催されています。 インターネットでマタニティクラスピラティスというキーワードやマタニティピラティスという名前で検索してみると様々なクラスが出てくることでしょう。

 

特に、マタニティクラスはこれから出産を控えたプレママ同士の交流の場にもなります。 ママ友はやはり情報交換が必要ですから、このような場を提供できるというのも、非常に社会的意義のあること、ではないでしょうか。

 

そして、出産後も同じように妊娠出産により大きく変化した体を引き続き調整していくのがピラティスの先生の役目です。 産後ケアとしてのピラティスの人気は今現在非常に高く、テレビなどでも扱われるほどになりました。

 

産後リカバリーピラティスや産後ピラティスというような名前で開催されていますので、こちらもお住まいの地域の情報を検索してみると良いでしょう。 もし検索結果にこういったクラスが出てこないとなれば、あなたがその地域で初めてのピラティスの先生になることができる可能性も大いに残されています。

 

そして、ピラティスクラスにはお子様と一緒に受講することができるクラスも存在します。 生まれたばかりのお子様は基本的に、主治医のお医者様から運動の許可が出なければクラスに参加することができませんが、1度許可が出ればクラスに参加できます。

 

お子様と一緒のクラスは1歳未満のお子様向けあるいは3歳くらいまでのお子様向けなどお子様の年齢によって参加クラスが変わることが多い傾向にあります。

 

妊娠中や出産直後はママ友も少なく心細いというママさんが非常に多いのですが、そのような時にピラティスの講座で橋渡しをしてあげることができれば非常に良いことではないでしょうか。 マタニティ・あるいはベビーピラティスにはニーズがある、というわけです。

 

親子教室・ピラティス出前講座もおすすめ

子連れピラティスとして、子連れOKのピラティスクラスを設けているスクールも存在しますが、これらは親子教室というのような名前で開催されます。 諒設計アーキテクトラーニングでピラティス資格を持っていると、このような親子教室の開催も可能となります。

 

参加者は1人、または複数のお子さんと一緒にいらっしゃるお父様やお母様もいらっしゃいますし、その中にはお孫さんと一緒に参加するというおじいさま・おばあさまもいらっしゃいます。 地域のコミュニティセンターや教育サロンなどお子様がいらっしゃる人が集まるコミュニティで、「出張講師をしてください。」というニーズも非常に高く、地域に根ざしたピラティスの先生としての活動をしていると、ある日突然InstagramなどのSNS上からコンタクトがあり先生として呼ばれるケースも多くみられます。

 

ピラティス普及やピラティス指導が主な業務になる

このようにピラティス資格を持っていると、ただ単純にピラティスができる、あるいはピラティスの施術を施すことができるということ以外にも、ピラティスの普及そのものやピラティスの今後の指導という部分で業務を行うことが増えてきます。

 

もちろんこれはこれでピラティスの人口を増やすことが出来、ひいては様々な形で社会貢献ができるということなので嬉しいことです。 しかし、これと並行してやはり先生と呼ばれるような立場になっていくと、その分だけ収入のランクが上がっていくというのも、嬉しい副産物ではないでしょうか。

 

今後の生活を安定させたい、自分1人でも稼げるようになりたい ということであれば、ピラティス資格を持ち、このような形で先生になるというのが1番近い早道です。

 

ピラティスのブログやSNSを拡大するのもあり

ピラティスのブログやSNSを作ってみるというのも、1つの方法でしょう。 諒設計アーキテクトラーニングではピラティスの講座やヨガ資格を受講し、資格を取得することができますが、その勉強の中では非常に基本的な部分から応用的な部分まで幅広く内容を学習することができるようになっています。

 

それらの知識を使わないのは非常にもったいないのではないでしょうか。 こういった知識をもとにして専門的なブログやSNSの投稿を増やしていくことにより、あなた自身のブランディングにつなげることができるようになります。

 

やはりブランド力があれば、それだけお客さんも集めやすいということになりますので、まずはピラティスのブログや SNS を作りそこから拡大して自分自身の集客ツールを持つというのも、1つの方法といえるでしょう。特に、ブログや SNS はひと昔前のホームページのように作成が難しいというものではありません。 また、今現在そういったSNSを使っていらっしゃる方もいることでしょう。

 

とにかく、いまは簡単にSNSで情報発信できますので、まずは諒設計アーキテクトラーニングに資料請求を行い、ピラティス資格を取得し、その後でブログやSNSを拡大して教室運営を行っていくというのが1番良い成功への道筋になります。