食育資格の取り方と主な仕事・業務内容

食育資格を取得したあと、スクール講師や料理教室の講師、ブログやウェブサイトなどでのレシピ共有や情報発信、地域の食育指導などの仕事にそのスキルを生かすことができます。食育資格は履歴書にも書けますので、料理系の会社への就職や、弁当作りのアルバイトなどをするときにも生かせるでしょう。

 

食育指導やレシピ共有が主な仕事になる

食育資格を取得すると、その知識を生かして広めていくのが主な仕事になります。食育に沿った料理のレシピや、食育を子どもに学んで欲しいママたち向けのレシピやノウハウ提供がほとんどになります。そのため、レシピを分かりやすく記事で伝えたり、動画で伝えたりするスキルが求められます。

 

地域密着型の食育教室をするのも良いですが、それだけでは世間が狭すぎて人が十分に集まってくれず、仕事として行うには収入が足りなくなってしまいます。そこで、おすすめなのが自宅でもできる調理の動画配信やレシピ紹介、食育資格の知識を活かした講座などの動画配信です。

 

これらの情報配信は、自宅にいながら、子どもがいる中でもできることなので、子育て中の方でも挑戦できるものです。食育資格そのものも家庭で在宅学習することができますので、学びたい、仕事をしたいのに外には出れないという方にぴったりです。

 

食育レシピをブログで共有して稼げる

食育特化のブログと広告収入を仕事にできる

食育資格を取得していれば、食育に特化したウェブサイトやブログの運営ができるようになるでしょう。無資格者でも知識があれば、または、きちんと独学で1から学んでいればそれを記事にできますが、やはり資格があったほうが読者はその記事を信用してくれます。

 

食育の正しい知識があることを証明できる食育資格があれば、食事関係、サプリメント、栄養関係の食育の記事、情報配信にも重み、信憑性が増します。良い記事をかけていれば、広告を出させてほしいという会社や広告配信の許可を取りやすくなりますので、食育資格はあったほうが良いです。

 

YouTubeなどの動画でも、Wordpressやはてなブログなどでも広告収入、収益化をすることはできます。食育資格を持っていて、堂々と正しい情報を発信できるならば、十分成功する可能性がありますので、努力していきたい多くの方にとって、この食育資格は非常に価値があります。

 

InstagramやTwitterでインフルエンサーになれる

食育資格を持っていれば、その知識や調理スキル、料理のかわいらしさ、子どもへの食べさせやすさなどでSNS上で人気を獲得することもできます。InstagramやTwitterなどで、子ども向けに作った料理、レシピ、動画などを合わせて配信できれば、ママたちがそれを真似したいと感じて集まってきてくれるはずです。

 

料理やレシピの考案は、一般的にはとても難しく手間もかかることで、多くのママはそれで疲れてしまいがちです。そのみんなの負担を減らし、子どもの健康にも良いものを伝えられるようになります。

多くのママたちの負担を軽減できるような情報発信ができていれば、SNSで人気が出るのは当然です。

 

きれいな写真、かわいく作った子ども向けの食事の写真などをメインにしたい場合はInstagramでの配信を続けたほうが良いです。逆にレシピや、文章による情報発信、短い動画での配信をしたい場合は、Twitterの拡散に頼りつつ、Instagramも連携させると理想的です。

 

安定・継続収入になれば理想的

ブログやSNSで人気が出てくると、そこには必ず広告収入やスポンサーがついてきてくれるようになります。素人でも芸能人・タレントのような活動をすることになりますので、色々と言動や個人情報保護には制約や難しい部分が出てきてしまいますが、収入にはつながりやすいです。

 

読者やチャンネル登録者、フォロワーが増えれば、それだけ安定してアクセスが集まるようになるため、安定した収入、継続した収入を作りやすいです。もちろん、食育資格を活かした情報提供をし続けることになるため、責任感も大切で、また、読者への感謝も必須になります。

 

食育、食事では、子どもによってはアレルギーが出てしまうことがあるため、不特定多数に情報配信する場合は常にアレルギーになりうる食材への注意喚起を行い、安全面に配慮し、自己責任であることも伝えながら発信する必要があります。安定収入につながれば、それだけで生活することもできるくらいになるため、やってみる価値はあります。

 

地域の料理教室で食育カリキュラムを追加できる

あなたの料理教室で食育プランを導入できる

食育資格を取得すれば、あなたが既に開講している料理教室で、新たに食育専門のコースを追加できます。もちろん、無資格でもコースの追加、料理教室のカリキュラムを増やせますが、資格がある人のプラン追加のほうが受けたいと思う人は多いです。

 

食育プランは、子どもと一緒に受けられるようにしたり、アレルギーや好き嫌いがあっても応用ができるものにしたりすると良いでしょう。

食育プランは、ママたちの料理のスキルをアップさせられて、料理の負担を減らせるものにするのが理想です。

 

親子で参加できる料理教室も企画できる

食育資格を取得していて、ママやちびっこに何が求められているのかわかっていれば、親子向けの食育教室を開くこともできるでしょう。子ども、赤ちゃんの参加も可能な講座となれば、お出かけの負担はあるかもしれませんが、ママたちの息抜きの場として料理教室を運営できるかもしれません。

 

教室でなくても、子育てを頑張っている家庭に家庭訪問して、お宅で料理を指導しつつ、子どもにも食育のお話をしたり、ママさんの料理のお手伝いをしたりするような方法も良いでしょう。個人と個人、根強くつながっていくのも料理教室を大きくするためには大いに役立ちますが、訪問するタイプの料理講座は先生に負担が大きくなりすぎますので、気をつけて下さい。

 

親子で参加して、ママの代わりに子どもにも食育指導ができれば、よりママの負担も減らすことができます。また、ママにも子どもの相手の仕方や食事の作り方のノウハウ、片付けの楽になる料理、少しでも安く食材を入手して、効率的に料理を作る方法なども共有できれば、大いに満足してもらえるでしょう。

 

好き嫌いをなくせる教室なら参加者も増える

食育資格を取得していれば、必ずしも食育だけではなく、子どもの好き嫌いをなくすためのアイデアが人気を浴びることもあります。子どもの好き嫌いを減らすのも食育の一部ではありますので、味付けや調理方法の工夫でアレンジを加えて、なんでもしっかり食べられるように育ててあげて下さい。

 

好き嫌いが多すぎるのは、結果的に人間関係の好き嫌いにも影響し、将来のその子の人間関係に問題が残る可能性もあります。できるだけ、好き嫌いせず、アレルギーでない場合は、食べ方の工夫、調理の工夫などで苦手を減らしていけるようにするのが一番です。

 

子どもに最初に食べさせる食材の味によって、その料理、食材を嫌いになってしまうということはとても多いです。舌も個性はありますが、あまりにも好き嫌いが多いのは世間からもあまりよく思われないことがありますので、少しでも幅広い環境に適応できるようにしましょう。

 

好き嫌いが多くて一番困るのは、学校給食が始まってからです。好き嫌いがあって、野菜を食べられない、牛乳を飲めない、ちょっとしたおかずが食べられないという子どもはそれだけ、学校から返ってくる時に空腹のまま返ってきます。成長も遅れて、その時点で他のこと健康度に差が出るため、好き嫌いは無くせるならなくしたほうが良いです。

 

カルチャースクールの講師もおすすめ

食育カルチャースクールの先生もできる

地域のカルチャースクールや生涯学習講座で講師をするためには資格が必要な場合がほとんどです。こうしたカルチャースクールでの活動は、基本的に大勢の人が集まりやすく、スクール講師を目指す方にとってはとても条件が良いです。

 

食育資格を取得してあれば、こうした地域のカルチャースクールなどで活動でき、FacebookやInstagramなどへの投稿なども含め、色々と手広くやりやすくなります。ただし、開講する場所、料理できる環境での開講、火を使ってもOKな場所での開講をするとなると難しい点も出てきます。

 

理想は、レストランやカフェのマスター、店主がカルチャースクールを開講して、そのお店を貸し切りにして食育に役立つレシピの紹介や作り方のノウハウなどを共有するなどすると良いでしょう。お店の宣伝にも繋がり、お客さんがより気軽に足を運んでくれるようになり、食育講座で知名度と信頼もアップできます。

 

生涯学習講座を開講するのもあり

食育は必ずしも子ども向け、ママ向けだけに開講する必要はありません。高齢者でも学びの場を必要としている方はいて、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞の可能性がある方などは食事にもかなりの制限が出てしまいます。

 

こうした制限がある方への知識提供、レシピアイデア提供も、食育資格を持つものにできることです。子どもの食育だけでなく、高齢者の食育、食事やレシピのアイデア、すこしでもコストを下げて、体に良いものを食べるアイデアなどを提供する教室を開くのも良いでしょう。

 

こうした高齢者向けの講座は、講座内容が濃すぎる必要がなく、むしろ、おはなし会、相談会、談話の場としても、その会を設けると人気が出やすいです。居心地がよく、暇な時間も楽しめるような環境を作れれば、高齢者の数少ない趣味としても楽しんでもらえるでしょう。

 

学校や教育機関の食育指導もできるかも

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格を取得しただけでは、公的機関の講師や活動は難しいですが、既に栄養士や調理師などの資格があり、長年の調理経験、育児経験などがあれば、教育機関、小学校、中学校の食育講義などにも呼ばれるかもしれません。

 

もちろん、学校の集会などで10分、20分話をするだけという仕事をもらえる可能性もありますので、食育資格があれば多方面での活動の可能性が高まると考えておくと良いでしょう。食育資格があるだけで、あなたの活動の可能性は広がりますので、ぜひ資格取得を目指してみて下さい。

 

食育資格を活かした活動は、教育機関だけでなく、会社の研修やPTAの活動などでも役立ちます。食育資格と英語力を合わせれば、食育の知識を世界に向けて発信することもできますので、日本語学校などでの活動もできるようになるかもしれません。

 

食育資格を取得していれば、大きい組織や会社、公的機関や公の場での活動、大きなショッピングモールなどでの講座や、料理教室などでのキャンペーン活動、レストランやカフェでの宣伝活動などにもその知識を生かせますので、賢く計画的に食育資格を応用して下さい。需要は大いにありますので、資格取得者のアナタ次第でどのような形にでも生かせます。

 

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格なら完全在宅・通信講座でOK

諒設計アーキテクトラーニングの食育資格は、外部の会場で試験を受ける必要がありません。完全在宅、通信講座で学ぶことができ、自宅から出かけられない方にはとくにぴったりの講座です。赤ちゃんの子育て中、ペットがたくさんいて家を長く空けられない方などは、この講座で資格を取得すればスキルアップにちょうどよいです。

 

外部の講習を受けて学ぶ場合は、どうしても一気に数時間まとめて時間を確保しないといけませんが、在宅学習できる諒設計アーキテクトラーニングの講座ならば、家庭内で都合の良い時に学習することができ、マイペースに学びを深めることができます。

 

諒設計アーキテクトラーニングで食育資格を簡単マスター

食育資格を取得するならば、試験免除、かつ、最短2ヶ月で確実に食育資格を取得できる諒設計アーキテクトラーニングの通信講座、スペシャル講座がおすすめです。食育資格を簡単にマスターすることができ、資格も一気に2資格手に入るためSNSでの活動にも、ブログでの活動にも大いに役立ちます。

 

食育資格は諒設計アーキテクトラーニングの講座ならば100%取得できます。食育資格、食事関係の仕事を目指すならば、まずは資料請求して詳細を確認してみて下さい。