ヨガ資格の取り方と主な仕事・業務内容

ヨガ資格を取得すると、ヨガ関係のヨガ教室の講師、ヨガ・ブログ記事の執筆、ヨガ教室のプラン増設なども可能になります。また、既に請け負っているヨガ教室の宣伝や講師としてのステップアップ、知名度アップも期待できるでしょう。資格があれば工夫次第でいくらでも活用できますので、まずはヨガ資格取得を目指して検討してみてください。

 

美ヨガライフセラピストとは?

ヨガには世界各地に様々な流派があり、日本にも様々な種類のヨガを体験したり、習うことができます。 ヨガ講師になるには一般的に民間のヨガ資格を取得してから講師となりますが、その中の1つに美ヨガライフセラピストがあります。

 

こちらの資格は日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する資格の1つで、ヨガに関する知識はもちろん、より効果的なヨガなどセラピストとしてその知識がある方に授与される資格です。 ヨガ資格の中には取得に数十万円以上かかったり、講習を200時間受けないといけないといったかなり上級者向けのコースもあります。

 

しかし、美ヨガライフセラピストは自宅で勉強でき、自宅も受験できることから初心者の方からも大変人気がある資格です。 また、受験料は1万円と安くはないお値段ですが、諒設計アーキテクトラーニングの受講料にしっかり受験料が含まれていますので安心して勉強に打ち込むことができるのも人気のポイントです。

 

美ヨガ資格でできること

ダイエット目的のヨガもできる

諒設計アーキテクトラーニングでヨガ資格を取得する場合、実に様々な選択肢が用意されています。 そのうちの一つに、美ヨガという資格があります。

 

この資格はどのようなことができるかと言いますと、ダイエット目的のヨガ、体を美しくするヨガ、心を美しくするヨガなど、ヨガ資格を美の要素にスポットを当てたヨガに取り組むことができるようになっています。 そのため美しさを追求する方たちに対してヨガを教えることができるようになる資格、と言い換えることも可能です。

 

心を美しくするためにヨガを生かせる

心を美しくするためにヨガを生かすことができるというのは、あまり聞いたことがない内容かもしれません。 ヨガといえば「体を美しくするためのアクティビティ」だと思っていらっしゃる方があまりにも多いからです。

 

しかし、ヨガは本来 「自分の在り方や心の在り方」 について自分自身に問いかけるような、非常にスピリチュアルな要素を含んだアクティビティなのです。 日本ではヨガといえば単純に体をほぐしたり柔らかくしたりすることでデトックス効果を見込むという風潮がありますが、それは本場では全く異なります。

 

もちろんヨガにもこのような部分のアクティビティがありますが、これらはどちらかと言うとピラティスの要素となります。 ヨガは本来、心を美しくするために活用できる非常に素敵なアクティビティとなっており、より高い次元に自分を導くためにヨガを取り組んでいるという方も多くいらっしゃいます。

 

芸能界で活躍スつ、ヨガに取り組んでいることで有名な「あの俳優」さんもヨガは自分自身との対話が重要であると以前おっしゃっていましたよ。

 

部分痩せホットヨガなども可能になる

最近はホットヨガなどもテレビCMで非常に話題となっており、ホットヨガに挑戦してみたいという方も多くいらっしゃいます。 実際、諒設計アーキテクトラーニングで部分やせのホットヨガに関する知識を得られるのかどうかと気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるヨガは、基本的な部分から幅広い内容に渡るまで総合的にヨガのことについて勉強できます。 そのためこれらの知識を応用することによって部分痩せのホットヨガなどに取り組むことも可能となるわけです。

 

部分痩せホットヨガについては非常に人気のキーワードとなっていますので、これらを活用して人にヨガを教える、あるいは人と一緒にヨガをするコミュニティ作りをすることもできるのではないでしょうか。

 

ヨガは心を大切にするもの

ヨガは心・理念をきちんと学んで

ヨガは身体的なポーズをとることによって、その効果を高めることができます。 しかし、本来はヨガは非常に「心」というものを大切にします。 そのためヨガの基本的な理念や行動原理、あるいはヨガの心というものを深い部分から理解しておかなければ真のヨガ資格保持者になることはできないと言ってよいでしょう。

 

もちろん、諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるヨガ資格では、こういった心のあり方や理念という部分からきちんと体系立てて勉強することができるようになっています。 こういったカリキュラムがあるからこそ、ヨガのなんたるかを理解した上で資格を取ることができるというわけです。

 

反対に、このような心の部分や理念などの部分を一切無視して技術的な部分のみであったり、体のポーズだけを教えようとするスクールもあります。 ですが、これらについては決して肯定できるものではありません。 また、同様に推奨できるものでもありません。

 

正しくヨガを勉強したいのであれば、諒設計アーキテクトラーニングから提供されているヨガ資格講座できちんと勉強するようにしたいところですね。

 

ヨガの呼吸とポーズの意味を理解しよう

ヨガの呼吸とポーズの意味を理解することは、大変ヨガの学習の効率を高め、そして、正しくヨガを理解することに役立ちます。 ヨガの呼吸とポーズの意味を理解していなければ、正しくヨガを理解し・資格を保持している状況であるとは決して言い難いのが現状です。

 

それほどまでに、ヨガは呼吸およびポーズの意味を理解していること、という部分を重要視するものなのです。 「ある程度ポーズされとれていればそれでいいのでしょう?」 という方もいらっしゃるかもしれません。 また、ヨガの講座やインストラクターの養成講座でもこのような教え方をしているところが決して0とは言えません。

 

しかし、これではあまりにこういったスクールで卒業した方々がかわいそうでなりません。 彼らはヨガの正しい知識を得ずに活動しているのです。 諒設計アーキテクトラーニングでは、きちんとヨガの呼吸法や正しいポーズの意味など深い部分から学習をできます。

 

どうせ資格を取るのであればこのような部分からきちんと学習するようにしましょう。

 

呼吸法は実践的に学んで欲しい

たかが呼吸法、されど呼吸法。です。 ヨガにおいて呼吸法というのは非常に重要な意味を持ち、またこれらの呼吸法をきちんと実践することができなければ正しいヨガに取り組むことは不可能と言ってよいでしょう。 呼吸法はテキストなどで学習することは十分に可能です。

 

実際、諒設計アーキテクトラーニングで提供しているヨガ講座でもこれらの呼吸法は十分に学習可能です。 しかし、ヨガの呼吸法についてはどうしても実践的に学ばなければならない部分があります。

 

そのため、諒設計アーキテクトラーニングで学習することができるヨガ講座の他にも呼吸法の部分については様々な動画サイトを利用するなどして実践的に呼吸法を学習するようにしましょう。 これにより、効率的に、そして、深い部分でヨガを理解することができるようになり、今後ヨガ資格を取得した後も後々まで役に立ちます。

 

ヨガ教室の先生の肩書きにできる

無資格でヨガ教室をするよりは信頼が高まる

諒設計アーキテクトラーニングのヨガ講座で資格を取得した後、あなたはどのようなキャリアを形成していくか、すでに決めていらっしゃいますでしょうか? まず、どのような行動をとることができるようになるかと言うと、ヨガ教室の先生の肩書きを持つことができます。

 

つまり諒設計アーキテクトラーニングのヨガ講座で資格を取得すると、あなた自身がヨガの先生になることができるというわけです。 そして、実際のところヨガ教室というのは無資格者でも開業することが可能です。 日本国内では現在ヨガに関する国家資格は存在しません。

 

そのため、たとえ無資格であってもヨガ教室というものを開き、生徒を募集することは制度上可能となっているのです。 しかし、どうでしょう、完全無資格でヨガが得意だと言うだけの人が行っているヨガ教室と、きちんと民間資格ながらもヨガ資格を取っており肩書きのある先生が行っているヨガ教室、どちらが流行りそうでしょうか?

 

そして、どちらが信頼して受講できそうでしょうか? 答えはどう考えても後者ではないでしょうか。 このようにヨガ資格を持っていると、無資格でヨガ教室をするよりもはるかに信頼度が高まります

 

信頼度が高いということはそれだけ、口コミで評判が広まりやすいということに他なりません。 もしあなたが、今後ヨガ教室の先生になってみても良いかな?、あるいは、絶対にヨガ教室の先生になってやるのだという意思をお持ちの場合は、まず間違いなく諒設計アーキテクトラーニングでヨガ資格を取った方が良いでしょう。

 

特に今あなたが育休中である、あるいはお子様がいらっしゃるという場合にはなおのこと、諒設計アーキテクトラーニングでの受講をおすすめします。 なぜなら、この講座では完全在宅の通信制という形で講座を受講することができるからです

 

国際資格を持っているなら通信講座は必要なし

もしも現時点でヨガに関する国際資格を持っていらっしゃる場合には、諒設計アーキテクトラーニングのヨガ講座を受講したり、資格を取得する必要はありません。 日本国内で資格を取得した人についてもヨガの先生ということができますが、実際のところ国際資格を持っている方には及ばないというケースが大多数です。

 

また国際資格を持っているのであれば、日本国内の資格を取る必要はないと言ってよいでしょう。 こういった条件に該当する場合には、すぐにでもヨガ教室を肩書きを伴った上で開業することができますので、今すぐにでもブラウザを閉じ、教室の開業に向けて動き出しましょう。

 

これから教室を開くなら資格より実力の方が大切

これから教室を開く予定がある方で、日本国内のヨガ資格を取得しようと考えている方については今すぐに諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格に関する資料請求を行うべきです。 資料請求には通常、数日程度の時間がかかります。

 

資料請求が1日遅れると、それだけ実際に資料が届くのが1日遅れ、資料が届くのが遅れれば絶対に受講を開始するのも遅れが出始めてしまいます。 そうなると卒業に遅れが生じ、最終的には一年単位で開業に遅れが生じてしまうことも十分に考えられます。

 

決してこれは大げさな話ではなく、一日のズレが最終的に一年単位のズレになるというのはビジネスの世界ではよくあること。 とにかく今すぐにでも、資格を取得したいところです。 ただし、これから教室を開くのであれば資格よりも実力の方が大切です。

 

それは一見すると矛盾しているかもしれませんが、そうではありません。 「資格よりも実力の方が重要だ」 というよりは、きちんと資格を持った上で「その上に実力が成り立つ」と言った方が良いでしょうか。

 

とにかくこれから教室を開くのであれば、資格という部分に恋々としがみついている場合ではありません。 いち早く資格を取得した上で実力をつける方向にシフトしていかなければならないのです。

 

諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格はちゃんと仕事に活かせる

ヨガ資格は持っていても、それを仕事に生かすことができなければ全く意味がないものでもあります。 多くの方はヨガ資格を仕事に活かしたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか? 諒設計アーキテクトラーニングでは、この辺りの部分についてもきちんと理解しています。

 

諒設計アーキテクトで学習することができるヨガ資格は、きちんと仕事に生かすことができるようなカリキュラムと支援制度を備えています。

 

そうです、諒設計アーキテクトラーニングには副業支援制度というものが存在し、これにより資格を取得した卒業生の方でもアフターケアを受けることができるというわけです。

 

とにかく「資格を取ったその先」のことを考えてくれるのは諒設計アーキテクトだけの特典と言ってよいでしょう。

 

ヨガ資格は講師活動や先生の仕事に

実際問題、ヨガ資格を持っているとどのような仕事をすることができるのでしょうか? もちろんヨガ資格を持っているヨガの先生として教室を開くこともできます。 ただし、教室を開くだけではありません。

 

様々な方面にビジネスを展開できます。 例えば、講演活動・セミナー講師としての活動はどうでしょうか?

 

講演活動・セミナー講師業というのは一般的に資格を持っている人の方が需要が高く、自分で集客をするという選択肢の他にも、セミナーや講演会のプロモーターの方とタッグマッチをするという選択肢を取ることで、ご自身は集客という部分を考えることなく講演料やセミナー講師料金を受け取ることができるケースもあります。

 

もちろん、その場であなたの技術や知識を教えるだけではなく、セミナーや講演会からあなたのコンサルを受けたいというお客様を獲得しても責められることはありません。

 

このように資格という肩書きを持っていると、お金をいただいて講演会などに参加し、そして、その場でさらに営業活動をすることができるという一石二鳥なビジネス展開も可能となります。 さらにそのようにして集客した方々からは、あなたは「先生」と呼ばれることになります。

 

このようにしてビジネスを展開すると、もう元々のOLには戻れないと語る、現役のセミナー講師やヨガの先生も非常にたくさんいらっしゃいますよ。