リフレクソロジー資格の受験料相場と比較まとめ

リフレクソロジー資格はどこの会社の通信講座資格でもだいたい1資格35000円から40000円で取得できます。ただし、講座を受講して取得するようなものは10万円や20万円というようなコストがかかることもあるので、初心者でも学べるわけではありません。学校に通うような場合には負担は増えますので十分比較して適した資格を取得しましょう。

 

リフレクソロジー資格は1資格4万円ほどが相場

リフレクソロジー資格は通信講座資格を行っているものが多いです。そうなると気になるのが1資格の相場がいくらくらいなのか、と言うことでしょう。 これは資格学習のためのカリキュラムを組む会社によっても違いますが、1資格35,000円から40,000円程度で取得できます。

 

ただあくまで平均的な相場であり、高いものだと90,000円近くかかる会社や19,000円以上の会社もあります。 これはむやみに高く設定しているわけではなく、カリキュラムの設定が1年やそれ以上の期間で設定しているため、どうしても高くなってしまうのです。

 

相場の40,000円のものは大体最短で2~3ヶ月、長いもので半年程度に設定してあるため、価格が抑えられているのです。 また価格が高い会社に関しては、スクリーニング授業と言った他社にはないカリキュラムも含まれていることから高くなっている部分もあります。

 

カリキュラム期間や内容などを精査した上で、自分に合った学習期間やサポート、価格の講座を受けるといいでしょう。

 

諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格:スペシャル講座

諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格でもリフレクソロジー資格の講座が設けられています。こちらは以下の2つの資格に対応しています。 ・リフレクソロジーセラピスト ・健康リフレクソロジーインストラクター この2つの資格を同時に取得できると言うメリットがある講座となっているのが特徴です。

 

取得講座の価格は6ヶ月間のカリキュラムで59,800円となっており、2資格取得できることを考えると1資格30,000円ほどで相場よりもお安くなっています。 最短で2ヶ月取得も可能であり、添削用の課題や模擬試験なども付いてこの価格なので、お得と言えるでしょう。

 

分割で月々3,300円(初回4,276円)の20回払いも選べるので安心です。 しかし、諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資の講座はもう1つ、スペシャル講座というものが存在します。

 

スペシャル講座は79,800円

スペシャル講座の価格は79,800円となっており、通常の資格講座より高めとなっています。 カリキュラムの期間も変わらず6ヶ月、最短でも2ヶ月となっており、これなら通常講座のほうを選ぶと考える方いらっしゃるでしょう。 ただ、もちろんこの資格講座の価格が高くなっているのには理由があります。

 

それはこちらには通常講座にはない、卒業課題と言うものが同封されているのです。 通常講座では日々の学習をして定期的に課題を送り添削してもらってカリキュラムが終われば卒業となります。 そのあとは試験申込みを行い、実際の試験を受けて合格ラインに達すれば晴れて資格取得となります。

 

一般的な資格の取得方法と流れは変わりません。 しかし、スペシャル講座では添削課題を終えたあと、卒業課題を提出することで試験が免除され、卒業と同時に資格認定を受けられるのです。 つまりすぐにでも資格を取得したい方や、試験を免除してもらい確実に資格を取得したい方にはおすすめの講座となるのです。

 

2資格取得できる特別講座

通常講座は2資格同時取得が可能と言うことはご紹介しましたが、特別講座であるスペシャル講座でも2資格の取得は可能となっています。 つまり価格としても1資格およそ40,000円となるので相場程度であり、むしろ試験免除で確実に資格を取れる時短講座であることを考えれば、これほどお得な講座もなかなかないでしょう。

 

試験免除&課題提出だけで良い

先述したように、スペシャル講座は試験免除です。もちろんそのための卒業課題が同封されていますが、それまでも課題が5回分同梱されており、そちらを提出しているはずなので、行うことはほとんど変わりません。 ただ課題は練習であり、卒業課題は本番となるので臨む姿勢を変える必要はあります。

 

それでもこれまでテキストや練習問題、模擬試験などで培ってきた知識や技術を活かせば必ず卒業課題をクリアできるはずです。

 

もちろん課題同様、自宅で卒業課題を行い、提出するだけなのでリラックスできますし、提出そのものも楽なので負担にもならないでしょう。 価格が20,000円高くなりますが、それを出すだけの価値はある講座となっています。

 

実技を身につけるには

リフレクソロジー資格の取得には学課での知識だけでなく、実技を身につける必要もあります。 正しい知識を身につけなければ施術はできませんが、いざ施術をするときに、自信を持って実物に触れ施術できなければ意味がありません。

 

そんな実技を身につける方法は以下の方法があります。テキストで学習しながら自分の体で練習 ・家族や友人に協力してもらう ・健康管理や自己管理を学びながら実践 リフレクソロジーでは足裏や手のつぼ押しをすることで施術します。

 

これらは経験を積んで正しい位置での施術ができなければいけません。 またテキストなどで得た情報から健康管理や自己管理方法を学び、お客様となる方に実践してもらえるよう説明などをするのも施術の一環となります。 そうなるとどちらも正しく行えるように、資格学習の時点で練習をしておくことが重要となってきます。

 

テキスト学習しながら自分の体で練習

実技を身につけるためには、まずテキストで学習しながら自分の体で練習するのがおすすめです。 最も身近にある施術できる練習台ですし、なによりも自分の体なので、つぼを押されたときに、相手はどんな感覚を得ているのか知ることにも繋がります。

 

テキストに載っている方法を1つ1つ確認しながら自分の体で実践し、技術を確かなものとしていきましょう。

 

家族や友人にも協力してもらおう

ある程度自分の体で練習し、テキスト通りにできるようになったら、他人の体でも練習しましょう。 最も頼みやすいのは家族です。マッサージではないとは言え、体を触られて、しかも施術となるとある程度の不安があります。

 

そうなると練習台になってもらうのはなかなか頼み辛いことです。家族もその不安は出てきますが、ちゃんと練習して技術を身につけていれば、了承してもらえるでしょう。 もちろんしっかりと自分の体で練習した上で、どういう施術をするのかなど説明をしてあげてください。

 

実際に資格を取得し、お客様に施術するとなれば相手は他人です。その方にも安心して受けてもらえるように説明できるのも施術の1つになります。 まずは家族から、納得してもらって施術できるよう説明するのも必要な練習だと思っておくといいでしょう。

 

もし一人暮らしなら友人などに頼むのもいいです。ただし家族より依頼するハードルは上がるかもしれません。 親しい友人などに協力してもらい、安全であることを納得してもらってから練習するようにしましょう。

 

家族、友人どちらにも言えることですが、人の体はそれぞれ微妙に違います。そのためできるだけ多くの足裏や手のつぼを押して経験を積めるようにしていきましょう。

 

期間は限られていますが、その中でどれだけ練習できたかで実力も自信も身についてきます。もちろん同じ人への施術でもいいので、繰り返し練習しましょう。

 

健康管理や自己管理を学びながら実践

健康管理や自己管理の知識も資格学習の中で学べます。こちらも知識だけ得たところで、活かすことはできません。 知識は実践できてこそ意味があります。そこで学んだ健康管理と自己管理を自分自身で実践してみてください。

 

そうすることで知識も確かなものとなりますし、自分で実感ができるので、施術するときの説明に説得力が増します。自分の健康管理にもなって一石二鳥です。 実感するまでは少し時間がかかることだと思いますが、学んだ先から1つずつ取り入れていことで、実践もしやすいと思います。

 

他社と比べてどうなの?

諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格がいかなるものか分かっていただけたと思いますが、そうなると他社と比べてどうなのか気になるところだと思います。 価格としての相場などは先に触れましたが、学べるレベルとしてはどうなのか、そこもおさえておきたいところでしょう。

 

学べるレベルは民間資格はどこも同じくらい

リフレクソロジー資格もそうですが、学べる民間資格のレベルはどこも同じくらいだと思ってもらって差し支えありません。 先述したように他社では独自の授業方式などを取り入れているところもありますが、資格を受けるための学習である以上、その取得のための試験にあった内容をカリキュラムとして組み込みます。

 

また期間としては限られており、2、3ヶ月や半年、1年など決められた期間で必要な知識を学習し、技術を身につけてもらわなければいけません。 そうなると必然的にカリキュラムの内容としては固まってしまうので、学べるレベルとしてはどこも同等となるのです。

 

そのためあとは価格や期間、諒設計アーキテクトラーニングのカリキュラムのような課題提出など独自の講座の有無などで選ぶと良いでしょう。

 

国家資格:あん摩マッサージ指圧師には敵わない

リフレクソロジー資格は国家資格ではありません。そのためマッサージとして施術すると法律に違反することになります。 マッサージや指圧は体重などをかけ押す、あるいは揉む、叩く、なでるなどの行為をするため、怪我をさせるなどの危険を伴うことから、国家資格として厳重に取り扱われています。

 

そのため、あん摩マッサージ指圧師の資格を得るためには、リフレクソロジー資格とは比較にならないほどの知識や経験を積まなければならず、試験も自ずと難しくなります。 お分かりの通り、リフレクソロジー資格を取るために勉強しても、あん摩マッサージ指圧師には敵いません

 

しかし、リフレクソロジーではセラピストとして役に立てることがあります。敵わないものは仕方ないので、資格の勉強で学んだことを活かせる場を見つけていきましょう。

 

リフレクソロジストを目指す初心者におすすめ

リフレクソロジー資格の学習カリキュラムは平均的であり、無理なく時間がかかっても6ヶ月で学習できる内容となっています。 また他社でもそうですが、そのレベルはどこも変わりません。自宅での学習で完結しますし、課題提出による添削などのサポートもあるので、安心して資格の学習に臨めます

 

さらにスペシャル講座では資格試験免除での取得も可能となっています。 そのためリフレクソロジーに触れたことがない初心者の方でも問題なく資格の勉強ができるため、おすすめとなっています。

これからリフレクソロジストを目指すのであれば、諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格は適した講座といえるでしょう。

 

最初の一歩を支えるリフレクソロジー資格講座

初心者にもおすすめとは言うものの、そうでない方にも確かな知識を提供してくれる講座となっているので、安心して使っていただけます。 ただ、既にプロとして活躍されている方にとっては物足りない内容でしょう。

 

これから学ぶ初心者の方に、あるいは知識はあるけど確たる経験や自信がないという中級者の方にとっては、資格を取る上での最初の一歩を支えてくれる講座となっています。 最初は不安かもしれませんが、多くの方がこちらの資格講座を受講され、リフレクソロジー資格を取得されています。安心して最初の一歩を踏み出すことができる講座です。

 

まずは資料請求と講座選びから始めよう

 

講座のことをもっと詳しく知りたいという方もいらっしゃると思います。もちろん選ぶのであれば細かい内容まで知り、その上でどうするかを決めることが大切になってきます。 そのためにもまずは資料請求をしていただくといいです

 

送られてきた資料をもとに講座内容をしっかりと確認した上で、講座選びからはじめていきましょう。 そうすることでモチベーションも上がりますし、自分に合った内容で始められるはずです。

リフレクソロジー資格を取得しようと思うのであれば、その一歩を踏み出すために、しかっかりと講座選びをしていきましょう。