ヨガ資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格も、学習期間は6ヶ月あります。課題提出が5回、卒業課題が1回ありますので、試験免除となって同時に2資格取得できます。試験がないといえ、難易度は平均的なのできちんとポーズを覚えて、自然にポーズを維持できるように地道に努力しましょう。

 

ヨガ資格は最短2ヶ月で取得できる

一般的なイメージとしてヨガ資格を取得するにはどのくらいの時間がかかるものでしょうか。3ヶ月、あるいは半年、スクールに通うとなると1年というイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。 しかし、諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格を勉強すると、わずか最短2ヶ月でヨガ資格を取得することができるよう設計されています。

 

最短2ヶ月と言うと、僅か8週間です。ドラマのワンクールより短い期間の間にヨガ資格を取得することができるなんて本当に可能なのでしょうか? もしそうだとしたら、今からわずか2ヶ月後にはヨガ資格の有資格者になることができるということです。

 

これだけの短い期間の中で有資格者になることができるとすれば、きっとあなたのキャリア形成において様々なスケジュールが前倒しに進んでいくことでしょう。 当然です、資格取得にかかると思っていた時間よりも、はるかに短い期間で資格を取得することができるのですから。

 

そして、その前倒しで進んでいったスケジュールのおかげでより早く経済的に安定することができる可能性も出てきます。 ご安心ください。諒設計アーキテクトラーニングであれば可能です。

 

この講座は非常に学習の密度が高く、また最短2ヶ月できちんとヨガ資格の取得に必要な知識を習得できるようカリキュラムが設定されていますので、きちんと取り組みスピード重視で課題などを提出することができれば2ヶ月という極めて短い期間の間にヨガ資格を取得できます。

 

これであれば今現在育休中という方でも、復帰までの限られた時間の中で有資格者になれるわけです。 もしかし、たら 「育休が終わるまで時間がないので、資格取得は諦めていた」 という方にも希望の光が差し込んだのではないでしょうか?

 

もちろんここまで学習期間と資格取得までの日数が短いのは諒設計アーキテクトラーニングをおいてほかにはないでしょう。

 

この他にも諒設計アーキテクトで資格取得の学習をすることには、さまざまなメリットが存在します。

 

ヨガ資格の難しさと受講方法

完全在宅学習なのでテキストを見ながら学ぶだけ

ヨガ資格を取得するとなると、様々なスクールに通って実技を習わなくてはならないというイメージがあります。 しかし、諒設計アーキテクトラーニングでは完全在宅学習でヨガ資格を取得することができ、先ほどご紹介した通り最短2ヶ月という非常に短い期間で資格取得まで走り切ることができるようになっています。

 

またこの在宅学習はテキストを見ながら学ぶだけとなっており、いわゆるヨガスタジオなどに通って毎週何時間以上拘束されるというようなことも一切ありません。これは外出に時間を調整しなければいけないというストレスから解放される意味合いでも、非常に嬉しいポイントではないでしょうか。

 

在宅学習できるのは通信講座ではよくある仕組みですが、テキストを見て学び、テキストを見てチェックしながら復習して、課題提出をすることもできます。課題提出は郵送とインターネットフォームからの送信という2つの方法がありますので、ネットから提出すれば完全在宅学習も簡単に実現できます。

 

時間配分やペースを守って学べる

一般的にヨガのスクールなどに通うと平日の日中の時間帯、あるいは夕方の時間帯から移動やシャワータイムなどを含め2時間程度時間を拘束されるケースが大多数です。移動にかかる時間によっては1回あたり3時間近い拘束時間になることも考えられます。

 

しかし、諒設計アーキテクトで提供しているヨガ資格の講座は完全在宅学習で進めることができます。つまり、どの時間帯にテキスト学習に取り組むかというのも全て受講者に任せられています。 そのため時間配分や学習ペースという部分は自分の組み上げたペースを守って学ぶことができます。

 

これにより体調が悪い日には翌日に昨日の分をキャッチアップするが如く2日分勉強するという融通の良さもあります。また、時間配分については自分でできる範囲で上限をすることが可能です。

 

一般的に資格講座の1コマあたりの授業時間というのは決められていることがほとんどですが、諒設計アーキテクトで提供するヨガ資格についてはある程度自分で時間を長く取るということも可能になっています。

 

そのため一気に勉強を進めてしまいたいという方については1日何時間でも勉強に取り組むことも可能です。このように

 

短期集中型で勉強することにより最短2ヶ月という期間でのヨガ資格取得を目指すことができます。

 

長くて6ヶ月、早ければ1ヶ月と2週間ですべての課題提出を終えられるという自由度の高さは諒設計アーキテクトラーニングの魅力でもあります。子育てしながらの学習、大学で勉強しながらの学習にも生かせるのがこの諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格の魅力です。

 

子どもやペットがいても学べるカリキュラム

自宅で在宅学習ができるメリットは非常に多く枚挙に暇がないほどですが、その中でも1番大きなメリットの1つに子供やペットがいても安心して学習に取り組むことができるという部分があります。

 

小さなお子様やペットがいる場合だと何かと彼らの存在が気になってスクールなどに出向き授業を受けていても学習に身が入らないというケースがあります。

 

特にお子様が小さい場合は自宅でお留守番をお願いするという選択肢すら取ることができないケースがほとんどで、スクールでの資格取得から足が遠のいてしまっているというママさんも非常に多くいらっしゃいます。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングで学習できるヨガ資格は、お子様やペットがいても完全在宅学習という前提があることから安心して学習に取り組むことができます。

 

またテキストベースでの学習となりますので、お子様が泣いてしまったという場合や急に熱を出して体調不良を起こしてしまったという場合でも即座に学習を一時中断し、お子様やペットのケアに取り組むことができます。

 

ここまで自由度が高く、さらに学習の密度も高いというのは諒設計アーキテクトラーニングならではと言ってよいでしょう。

 

老猫や老犬がいても学べる

ペットが居ると、長時間家を開けられない事が多いものです。この諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格講座ならば、在宅で学習も受験もできますので学習するあなたの負担がほとんどなくなります。お世話が大変で、長時間放置できないペットがいる場合には、こうした仕組みの資格講座が最も学びやすいです。

 

介護をしている方でも学びやすい

高齢者、高齢な親の介護をしながら、仕事も生活もしていて、子育てもしているという方のスキルアップのチャンスとしてもこの諒設計アーキテクトラーニングのヨガ資格は役立ちます。親の介護をしながらでも、在宅で時間が開いている時に取り組めるので非常に学びやすいです。

 

6ヶ月あれば、確実に学びきれる内容に調整されているため、難易度も高すぎず、きちんと学習ができます。在宅で学んで、ヨガの基本的なスキル、実力を身につけられるヨガ資格講座は他にはありません。

 

課題提出の難しさ:中程度

ヨガ資格の課題は少しだけ難易度高め

諒設計アーキテクトラーニングで提供しているヨガ資格の学習はもちろん初心者でも簡単に学ぶことができ、そして、自分のペースで学習し課題を提出していくことで資格習得を目指します。 ただしヨガ自体が非常に奥深く、また幅広い知識を必要とする一種の学問であることからヨガ資格の課題については少しだけ難易度が高めに設定されています。

 

しかし、きちんと諒設計アーキテクトでの学習に取り組んでいれば課題の提出に困ってしまうということはほぼないと言ってよいでしょう。 何もしなくても簡単に課題が提出できるというわけではなく、きちんと学習に取り組まなければヨガ資格の合格を勝ち取ることはできないと思ってよいでしょう。

 

裏を返せば全く学習の中身のない、お金を払えば資格が取れるというような薄っぺらい資格講座ではないということがわかります。

 

実際にポーズが取れれば問題ないかも

諒設計アーキテクトラーニングで取得できるヨガ資格ですが、資格取得のために必要な課題提出の難易度が若干高めに設定されています。しかし、これらについては実際にポーズをとることができれば問題ない可能性があります。

 

ヨガはポーズをきちんと取ることができるか、そして、それらのポーズの動きや体の動かし方にどういった意味があるかという部分を重んじる学問でもありますが、そもそもの前提として実際にポーズを取ることができれば大きな問題にはならないというケースがあります。

 

こういった部分も考えると難易度が若干高めですが、きちんとヨガのポーズを取ることができるようになると言うこともできます。

 

スペシャル講座の6回の課題が終われば資格取得

スペシャル講座というの諒設計アーキテクトのヨガ資格のオリジナル講座があります。 こちらの講座はきちんと資格講座を受講していれば受験などをすることなく、いわゆる受験免除という形で資格を取得することができる大変人気のコースです。

 

こちらの講座ではおよそ6回の課題を提出することが求められますが、この6回の課題の提出が終わればそこで資格取得というゴールを達成することになります。 つまりきちんと学習に取り組み課題を提出すれば、試験などを受ける必要なくヨガ資格を取得することができるようになっているというわけです。

 

これはあまり他の講座では見られない諒設計ならではの特徴と言ってよいでしょう。

 

6ヶ月かけて学ぶときの注意

課題提出6回分が期間内に終わるように

諒設計アーキテクトのスペシャル講座でヨガ資格を取る際には原則的に6ヶ月間かけて学習を進めていくことになります。通常の講座では5回の課題提出になります。 注意点としては完全在宅学習という形での受講になりますので、ペース配分などはご自身できちんと行わなくてはなりません。

 

また、この6ヶ月という期間については課題提出が6回ほど存在することで設定されています。課題提出6回部分については6ヶ月という期間が最長の期間となりますので、不完全な課題提出とならないよう、

この期間内にきちんと全ての課題を提出できるようにしっかり自分だけのスケジュールを組み調整しておきましょう。

 

最後の1ヶ月で6回の課題提出は無理

ヨガ資格の課題は小学校の夏休みの宿題や冬休みの宿題とは訳が違います。 夏休みの宿題や冬休みの宿題については最後の1ヶ月、あるいは夏休みの最後の日に頑張ればなんとかなるというケースもまだまだありますが、このヨガ資格の課題提出についてはそうは言っていられません。

 

特にヨガ資格の課題は最大6回の課題提出が最低条件となっており。またこれらの課題の提出を最後の1か月でまとめて行うというのは不可能となっています。

 

そのため6ヶ月間という期間を無駄にすることなく、予想外の出来事が発生しても大丈夫なよう前倒し気味に学習スケジュールを組み立て学習に取り組んで行った方が安全にヨガ資格の取得に向かうことができると言っていいでしょう。

 

毎月最低1回の課題提出でなんとかクリアできる

ヨガ資格の課題は毎月最低1回の提出を目標にしていきましょう。 受講期間は6ヶ月ですので、毎月最低1回課題を提出することによりなんとかヨガ資格の学習を完遂することができると言った方が良いでしょうか。 人によっては自分の中でかなり早いペースで学習を進めていき最短2ヶ月という期間の中でヨガ資格を取得する人もいらっしゃいます。

 

この場合は最短2ヶ月ということになりますので1ヵ月に3回程度課題を提出していることになります。 これはもちろん最短の場合ですので1日あたりそこまで多くの時間をかけることができないという場合には、毎月最低一回の課題提出を最低条件としてクリアできるように取り組んでいくとより良い結果に繋がります。

 

そして、資格取得が1日早くなればそれだけご自身のキャリアがアップし、履歴書に資格を複数書くことができるという日が早くやって来るようになりますよ。