リフレクソロジー資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格の学習期間は6ヶ月あり、早ければ2ヶ月あれば合格することもできます。初心者向けのないようなため、きちんと課題提出していけばリフレクソロジー資格は同時に2資格、無理なく取得できます。

 

最短2カ月:講座の学習期間は6カ月

諒設計アーキテクトラーニングの講座ではリフレクソロジー資格は「リフレクソロジーセラピスト」と「健康リフレクソロジーインストラクター」の2資格に対応しています。

 

それぞれの講座を受講し、試験に合格することで資格認定を受けられますが、その講座での学習期間は6ヶ月で組まれており、課題添削5回、卒業課題1回で試験に臨めるようになっています。 しかし、これはあくまで無理なく2資格を取得できるよう組まれたカリキュラムであり、最短であれば2ヶ月で取得も可能な講座となっています。

 

リフレクソロジー資格の難易度は平均的

最短2ヶ月で取得できるリフレクソロジー資格ですが、では難易度は低いかと言われればそういうわけではありません。 あくまでも頑張れば最短で取得できるというだけであり、無理なく取得できるのが6ヶ月ということなので、決して簡単ではありません。

 

しかし、難易度が高すぎるということもないのです。じっくりやっても半年もあれば取得できるカリキュラムを構成しているため、誰もが挑みやすい難易度といえるでしょう。

 

そのような観点で言えば、リフレクソロジー資格の難易度は平均的といえます。 予め経験や知識がある、あるいは日々がっつりと勉強する方にとっては2ヶ月で、リフレクソロジーに触れたことはない初心者の方、なかなか時間が取れないけどコツコツ進める方は6ヶ月程度で取得できるレベルと考えてもらっていいでしょう。

 

初心者からでも学べる内容

先にも触れましたがリフレクソロジー資格の講座は、触れたことがない初心者の方でも学べるような内容になっています。 リフレクソロジーの基本から、その効果や種類など実践的な内容までを網羅しており、1つずつクリアしていくことで、初心者の方でも自宅で問題なく学習できるカリキュラムとなっています。

 

 

また攻略用のテキストだけでなく、資格試験に対応した練習問題や模範解答、試験本番のための模擬試験や、実際に添削をしてもらえる添削課題などがセットとなっているため、試験を受けるまで安心のサポート体制となっているのも、初心者の方にとってはありがたい講座といえます。

 

テキストで学びながら自分に施術するのがおすすめ

自宅での学習となるので、基本は自分で学習を進めていくというシステムになります。 このような療法は実際に施術を必要とします。そのため知識だけでなく、その手で触れて試してみなければ身につかない技術がありますが、学習中に誰かの体を借りて練習してみるのは非効率的となってしまいます。

 

しかし、リフレクソロジーは足の裏に施術を行うことで効果を発揮するセラピーとなっているので、自分に施術することも可能です。 つまりテキストで学びながら、まずは自分に施術することで学びながら実感し技術も身につけられるのです。この方法はただ知識をつけるよりも効率がいいため、おすすめとなっています。

 

課題提出があるので定期的にまとめられる

講座のセットの中には提出用の課題が同封されています。これは課題を送ることで添削してもらうことができ、自分の知識が確かなものになっているか確認することができるので、学習としても有効なものとなっています。

 

それだけでなく、課題提出があるということは定期的に知識をまとめることにも繋がります。 学習のリズムを整えると言う意味でも課題提出は効果を発揮してくれるでしょう。 6ヶ月を目標とするとどうしても長丁場になり、途中で予定がズレてしまう、どんどんモチベーションが保てなくなるなどの問題も起こりやすくなります。

 

しかし、課題提出を挟むことで、要所要所に区切りをつけ、添削されればモチベーションを維持することにも繋がります。 知識だけでなく、学習する上で必要な様々なものをまとめる効果も期待できると言うことです。

 

家族や友人の手足を貸してもらおう

先述したように、学ぶ課程で他人の体を借りるのは非効率的になってしまうとご紹介しました。 確かに予定を合わせるなど自分の都合だけではどうしようもないこともあるので、学び始めはそうなってしまうでしょう。

 

しかし、ある程度の知識や経験を積んだのでれば、家族や友人などの手足を貸してもらい、施術してみるという経験を得ることは大切になってきます。

 

実際に資格を取った後は、もしセラピストとして活動していくのであればお客様の体に触れることとなるため、その練習もしていかなければなりません。 まずは身近な家族から協力してもらい、慣れてこれば友人などにも時間を作ってもらって施術してみましょう。

 

施術の実力を身につけるには実践あるのみ

何事も知識だけでは、技術は身につきません。特に初めてであれば、自分の体でもいいので触れてみて、どのようなものなのか実感してみなければいけません。 上記のように家族や友人に協力してもらうのも技術を身に着ける一環になります。

 

例えば施術する相手に自信がなく動揺した自分の姿を見せてしまえば、相手は安心して体を触らせてはくれないでしょう。 自信とは自らが得た実力と、それを信頼する気持ちから生まれます。

 

自分を信頼するためには確かな実力が必要なのです。 つまり、施術の実力を身につけることが資格取得への近道であり、そのためには実践を重ねるしかないのです。 日々時間があるときには自分の体に、家族がいるときには手足を借りて、友人にお願いできるときは協力してもらい1つずつ経験を積み重ねることで実力は生み出されるのです。

 

足つぼ施術くらいなら練習させてもらえるかも

友人はもちろんのこと、家族であっても体を触られるとなると嫌がるかもしれません。これはまだ資格を持っていないため、下手したら怪我をしてしまうかもしれない、という不安からでしょう。

 

それは多くの施術において腰や肩、骨や筋など一歩間違えれば怪我に繋がりやすい場所を触られるからに他ありません。 ただリフレクソロジーは足裏や手のつぼ押しのみとなっているので、そのような心配はほとんどありません。 それを説明した上で、特に怪我をしにくい足つぼ施術くらいなら、練習させてくれるかもしれません。

 

施術経験を積むためには、様々な足裏や手に触れていかなければならないため、安全であることを説明し、練習させてもらいましょう。 これはセラピストとなった後にも当然起こりえることなので、相手を安心させて触れさせてもらう練習と思って、家族や友人に説明してもいいと思います。

 

触れる前から実践は始まっています。テキストで得た知識も活かしながら、まずは足つぼ施術から練習させてもらえるようにしていきましょう。

 

手のツボ押しも練習させてもらおう

相手への不安の解消、そして、足つぼ施術の練習も慣れてきたら、さらにステップアップとして手のツボ押しの練習もさせてもらいましょう。 足裏と違って手は様々な動作に使用されるため、不安を解消する上でも難易度が上がります。 しかし、手のツボ押しの練習をさせてもらえないまま資格取得はありえません。

 

足裏での練習を幾度か重ねていって、相手に安心してもらい、機を見計らって手のツボ押しの練習も進言してみてください。 このときもまた、相手の不安を取り除くために説明するもの練習のうちです。講座で得た知識をしっかりとまとめ、相手に説明できるようになっていきましょう。

 

おすすめの学習計画

最初にもご説明しましたが、リフレクソロジー資格は最短で2ヶ月、無理なく6ヶ月で取得できるようカリキュラムが組まれています。それぞれの意欲や生活スタイルに合わせて取得しやすい資格です。

 

ただ実際にどのような学習計画でやっていけばどれくらいで終わるのか、というのはイメージが付きにくいものです。 そこで大体の目安を知ることで、どれくらいでカリキュラムを終えられるか、学習計画を立てる上で役立てることができます。

 

  • 1週間に1回の課題提出で6週
  • 2週間に1回の課題提出で3ヶ月
  • 1ヶ月に1回の課題提出で6ヶ月

 

あくまで自分にあったペースで進めることが大切ですが、資格の講座を受ける前に、そして、カリキュラムが届いて中身を確認し、どれくらいで取得する予定なのか学習計画を立てるためにも、この目安を基準として考えるといいでしょう。

 

1週間に1回の課題提出で6週で終わる

1週間に1回の課題提出を行えば6週間でカリキュラムを終えることができます。最短で2ヶ月とのことでしたが、ここまで詰めて行えば1ヶ月少々で終えることも可能なのです。 しかし、平均的な難易度のカリキュラムとは言え、施術の実力も付けていかなければなりませんし、テキストの内容もそう簡単に終わるものではありません。

 

この期間で取るのであれば、本腰を入れて臨まなければいけないことは念頭に置いておきましょう。 知識、実技の両方を短期間で取得したとしても、課題でその実力を発揮できなければ、本番の資格試験でも合格ラインに立つことは難しくなってしまいます。

 

リフレクソロジー資格を短期間で本気で取りたいと言う方は、時間をフルに使い、毎週課題を出すことを心がけることで、この期間でカリキュラムを終えられると覚えておきましょう。

 

2週間に1回の課題提出で3ヶ月で終わる

2週間に1回の課題提出であれば、カリキュラムが組まれた期間の半分である3ヶ月程度で終えることができます。 2週間に1回のペースであれば、それほど無理がかかるほどではないでしょう。毎日きっちり数時間でも学習時間を設けられるのであれば、実現可能な期間となります。

 

難点があるとすれば実技の練習ですが、ご家族などに相談しながら、練習回数を増やすことでクリアすることも可能です。 2週間でじっくりと知識と経験を積んで課題を提出することを6回定期的に繰り返せば、3ヶ月でカリキュラムを終え、試験に臨むことができるのです。

 

慌てずにしっかりした実力を付けたいと言うのであれば、この学習期間はなかなか実施しやすい計画となるでしょう。 専業主婦で、空き時間を活かして勉強したいと言う方にはおすすめとなります。

 

1ヶ月に1回の課題提出でギリギリ終わる

1ヶ月に1回の課題提出であれば6ヶ月ギリギリで終えることができます。元々初心者の方でも問題なくできるよう組まれているので、多少の余裕はあり、時間がない方にもこの期間でコツコツ学習し、課題を提出していけばカリキュラムを終えることが可能となっているのです。

 

特に働きながら視覚を取得しようと考えていらっしゃる方は、長くなってはしまいますが、こちらを視野に入れて計画を立ててもいいかもしれません。 仕事をして帰宅するとどうしても疲れなどから、毎日は出来ないという事もありえます。

 

しかし、せめて1日に30分や1時間でも時間を作り、休日は少し多めに勉強するなど、ゆっくりとカリキュラムを進めていって、毎月課題提出を心がけることで、着実に知識と技術を身に着けることができます。

 

休みだけまとめて学習しようと思うと、休日から休日の期間に前回学習した内容を忘れてしまうことや、モチベーションが保てなくなって課題が提出できなくなり、カリキュラム終了まで行き着くことができなくなってしまいます。

 

自分のライフスタイルに合わせた学習ができるのがこのカリキュラムの利点ではありますが、続けられるように計画を立てられるように心がけることが大切です。

 

学習期間には余裕を持って講座を受けよう

ここまで学習計画についてご説明しましたが、どの計画にも言えることは「学習期間に余裕を持って講座を受けよう」ということです。 切迫した期間では、焦りも生まれ、計画が破綻することが多く、結果として続かなくなってしまいます。

 

ライフスタイルを崩すような学習方法も同様です。あくまで自分の生活に合わせて余裕を持って学習できるよう計画を立てましょう。

 

2資格同時取得できれば履歴書にも書ける

最初に触れましたが、諒設計アーキテクトラーニングのカリキュラムでは 以下の2つの資格を同時取得することが可能です。

 

  • リフレクソロジーセラピスト
  • 健康リフレクソロジーインストラクター

 

こちらの2資格は、同時取得することで履歴書の免許・資格欄に記載できます。リラクゼーション業界では主流となっている健康法なので、そのような業界に就職、転職を考えていらっしゃる方は、資格取得後は是非この資格を記載してください。

 

リフレクソロジーは国家資格ではありませんが、資格試験を有し、それをクリアして得られるものなので立派な資格です。 ただ、マッサージには別途国家資格が必要であり、リフレクソロジーはマッサージではないため、その点は注意してください。