スポーツフード資格の取り方と主な仕事・業務内容

スポーツフード資格を取得したあとは、プライベートで自分のスポーツのために生かすのも良いですが、仕事のためにスポーツフード資格を生かすのもよいでしょう。スポーツトレーナーやインストラクター、スポーツマンの体重コントロールやスポーツジムの仕事なども始められるかもしれません。

 

スポーツフード資格はダイエットにも生かせる

スポーツフード資格を取得したとき、知識が役に立つのはプロやハイアマチュアのようなスポーツ選手が筋肉をつけパフォーマンスを上げるだけではありません。減量のためにフィットネスをやっているような方がダイエットする際にも生かすことができます。

 

ダイエットの基本は、炭水化物と脂質の摂取をできるだけ少なくすることです。スポーツフード資格を取得した方は、食事全体の糖質、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンのような栄養価を把握し選手それぞれに状態にあったメニューを作成できます。この知識は一般的な食事にも通じるところがあるのでダイエットをする方にも生かすことができます。

 

アスリート自身の体重コントロールに生かせる

食事制限しながら栄養バランスを考えた食事を

アスリートが体重コントロールをするとき、気をつけなければいけいことがいくつかあります。それは、間違った減量によって筋肉を減らしてしまうこと、そして、間違った増量によって体脂肪を増やしてしまうこと。それを防ぐためには、きちんと適度な栄養バランスの食事をとりながら減量することです。

 

ほとんどのスポーツは筋肉量がパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。体重を頑張って落としても筋肉量が減ってしまいパフォーマンスが落ちてしまっては元も子もありません。逆に体重を増やそうとして脂肪だけが増えてしまっても同様です。

 

このような、パフォーマンスを上げるための食事制限が逆にパフォーマンスを下げてしまわないように正しい栄養価の食事メニューを作ることができるのがスポーツフード資格取得者です。

 

スポーツフード資格の知識で効率的に成績UP

スポーツ競技は競技によって全く異なった特性をもっています。成績を上げるために必要とされている身体的特徴は全く別物。 例えば、ラグビーやアメフトの様な競技は身体を激しくぶつけあうため、相手に負けないようにより大きく強い身体作りが必要になります。

 

逆に自転車レースでは坂を登るときに身体が重いとかなり大きなハンデになってしまうので、できるだけ体重を減らすことが求められます。 このように成績アップに必要とされる身体の特徴は異なるので、スポーツフード資格は様々な競技の特性を知り、その競技にあった身体を作るための食事メニューを作るための知識を習得しなければいけません。

 

きちんと管理された食事メニューを食べながらトレーニングすることによってより効率的に成績を上げることができるでしょう。

 

大会に向けた体作りにはスポーツフードが欠かせない

スポーツ競技大会の成績は、当日の身体のコンディションに大きな影響を受けます。特に体重の違いが競技に大きく影響を与える、自転車レース、マラソン、ボルダリングのような競技は繊細な体重管理が欠かせません。

 

また体重だけでなく、マラソン、陸上や競泳の長距離種目のような持久系の競技はスタート前、どれだけ筋肉にエネルギーをどれくらい貯めておけるかということも重要です。

そのために、大会の前日、または1週間前程度からきちんとスポーツフード資格の知識を使い管理されたメニューで食事をとることが欠かせません。

 

ライザップなどで働くためのステップアップにも

食事と運動を合わせた全ての仕事に役立つスポーツフード資格

スポーツフード資格はプロ選手やハイアマチュア選手のようなハイレベルな選手に必要とされるイメージがあります。しかし、そのような知識はもっと気軽にスポーツをやっている方にも有効です。

 

ダイエットの為にジムに通っている、運動不足でジムに通い始めたという方がせっかくジム行って運動をしても炭水化物や脂質の多いものを食べていたら減量はできません。それに栄養が偏った食事をしていると身体の回復が遅くなります

 

朝起きたら身体が重くて仕事に集中できない、家事ができないということも。そこでフィットネスジムやスポーツインストラクターがそのような方に食事面でのアドバイスを行うためにもスポーツフード資格は有効です。

 

自身のダイエットや食事制限にも生かせる

スポーツフード資格はスポーツを行う人自身が取得していても効果的です。 食事を食べるのは選手自身。

 

選手自身がスポーツフードに関する知識を理解しメニューを決め、普段から意識することで自分自身の体重管理をより効果的におこなうことができるでしょう。

 

通常、痩せるためにジムに通っている方が自分専用のメニューを作って貰うためにスポーツフード資格取得者を雇うと言うこともできないでしょう。

 

しかも、スポーツを行っている本人が普段からどんな食事をしていれば太りにくいのか、痩せるのに効果的かを知っていれば毎回、食事のメニューを立てるのに有効です。

 

自分自身でスポーツフードの知識を得ていることはとても効果的なのです。

 

健康的に美しく痩せる知識を得られる

ダイエットに挑戦して失敗してしまったという方から良く聞くのは、「体調を崩してしまった」「肌荒れしてしまった」ということ。これらの原因は偏ったバランスの食事をしていたことによる弊害です。偏った栄養バランスの食事は、免疫力低下、肌荒れ、骨密度の低下などを引き起こします

 

これらはきちんとしたバランスの食事をとることで防ぐことができます。スポーツフードと一般的な食事の根本は同じです。ダイエットも運動してきちんとした食事をとることがもっとも健康的で効果的なので、スポーツフード資格をとることは健康的に美しく痩せる知識を得るために良いでしょう。

 

アスリートの自己管理と仕事の幅拡大に

スポーツフード資格があれば自己管理のできるプロ選手に

スポーツフード資格取得者は、スポーツ選手がそのスポーツでより良い結果をだせるようにサポートする食事メニューを作るための理論的な知識を習得しています。この資格をアスリート自身が取得していることによって、アスリート自身で自己管理ができるようになります。

 

長期間の遠征や大会が拠点から遠い場所の場合、資格取得者がアドバイスを行えないこともあります。プロ選手になるとツアーで長期間の遠征で各地を飛び回ることや、気温や湿度の変化のような環境が厳しい場所で試合を行う必要性がでてきます。

 

しかし、そのような海外遠征や長期ツアーなどでは、選手の食事を管理できる人の帯同が行えない場合も多くなります。

 

そのような中でみずからの知識をもって自己管理ができる選手は、環境適応力が高くなり様々な場所で良い結果を残せるでしょう。

 

スポーツフード資格があれば将来トレーナーとしての道も

現役の選手の間にスポーツフード資格を取得しておけば、引退後トレーナーとして働けるようになるのに役に立つかもしれません。スポーツトレーナーは、競技の特性のこと、身体のこと、食事のこと、さらには心理学のような様々な知識や、自分自身の経験を駆使して選手が良い成績を残すことができるようサポートするという仕事です。

 

なので、現役のうちにスポーツフード資格を取得し実践しておけば、食事での体重コントロールやコンディショニングの知識や経験値を多く積むことができます。

 

それは将来トレーナーになったとき、他のトレーナーとの差別化や選手をより良い方向へ導くことができるはずです。

 

インストラクターやマネージャー業もできるかも

インストラクターやマネージャーにもこのことは当てはまります。アスリートやスポーツトレーナーのように仕事の結果に直接的に大きく関わってくるということはないでしょう。

 

しかし、ちょっとした時に知識が役にたつことや、お客さんや選手に知識を共有することで、相手のためになり、かつインストラクターとマネージャーとしての信頼や評価にも繋がってきます。もし時間に余裕がある、さらにインストラクターやマネージャーとして上を目指したいという方は取得を考えてみてください。

 

スポーツフード資格は運動と食事に関わる仕事に必須

スポーツフード資格は運動と食事に関わる仕事をする人には必須の資格です。もし、運動と食事に関わるような選手の専属のマネージャーやトレーナーのような仕事につく場合に、食事と運動に関する専門的な知識が必要不可欠になってきます。食事と運動はきっても切り離せない関係。

 

運動の効果を最大限に引き出すには必ずといって良いほど正しい食生活が必要となってきます。逆にいくら正しい食生活をしていても運動をしていなければ健康的な生活はおくれないでしょう。

 

運動と食事の両方に関わっている方はもちろん、運動だけ、食事だけに関わっている方も資格を取得できれば、今より高い質で仕事をできるようになり、お客さんにも良い効果があると同時に給料アップも狙えるはずです。なので、ぜひ取得をめざしてみてください。

 

プロ選手の成績向上やトレーニング提案に役立てられる

プロのトレーニング提案に

スポーツフード資格をもっていれば、プロ選手の成績向上やトレーニング提案に役立てることができます。プロ選手は、とても高いレベルで競技を行います。なので、ちょっとした体調の変化、身体の不調で相手選手と大きな差が生まれてします不利になり勝敗を左右することも。

 

さらにトップの選手は人間離れした身体能力で競技を行うため、身体に負荷が相当かかります。 そこで重要になってくるのが、選手が練習後、試合後から次の練習や試合までの間にいかに速く回復できるかということ。その回復に関わってくるのがスポーツフードです。

 

スポーツフードの知識を用いて、選手が次の試合までのできるだけ回復でき、コンディションを上げられるような食事を作ることができれば、選手の成績向上のサポートができるでしょう。

 

減量や試合前のコンディショニング、トレーニングは食事とトレーニングの強度の両方を連携して行っていく必要があります。

 

陸上や水泳のアドバイスも

たとえば、陸上・競泳の長距離種目では試合の1ヶ月まえから炭水化物の摂取量を調整し、試合当日にできるだけ多くのエネルギーをためるという「カーボローディング」という手法があります。しかし、それを行うには、食事とともにトレーニング強度のコントロールも必要になってきます。

 

それには、スポーツフード資格のような食事と運動の両方の知識をもった人がアドバイスを行うようにするのがいいでしょう。 そのような理由から、スポーツフードの知識を用いてプロ選手にトレーニングの提案を行うこともできます。

 

スポーツフード資格は、スポーツ各競技のそれぞれの特徴と食についての知識を理解し、その競技を行う人が効率的により良い成績をあげるために食事メニューの提案、トレーニングのアドバイスを行うことができる資格です。

 

スポーツフード資格は幅広く応用できる

スポーツフード資格はその名称からプロ選手やハイアマチュア選手のような高いレベルで競技を行う人が必要とするイメージ。しかし、実際はプロ選手からダイエットのためにジムに通っている方まで運動の効果を最大限引き出すために有効です。

 

なので、運動と食事に関わる職に就いている方、スポーツをやっている方にはおすすめの資格になっています。

 

もし勉強時間に余裕があり、より選手として、トレーナーとして、またスポーツを楽しむ人として上を目指したいのであればぜひ資格の取得を目指してみてください。

 

スポーツフード資格講座概要

講座名 スポーツフード資格・スペシャル講座
受講料 79,800円(一括)

3800円(24回分割)

※分割初回3891円

期間 6カ月
受講資格 なし
提出課題 添削5回+卒業課題1回
取得資格 スポーツフードマイスター

アスリート栄養食インストラクター

カリキュラム詳細

スポーツフード資格で学べる詳細、カリキュラムは以下のとおりです。

怪我をしないための食事や、少しでもトレーニングの成果が出るようにするための食事などの知識が得られます。自分のためだけでなく、他人のためにも生かせるので、しっかり学んで、スポーツフード資格を応用していきましょう。

 

スポーツ栄養の基本/スポーツ選手が知っておきたい栄養素/スポーツ選手にとって食事がなぜ重要か/栄養素の働き/筋肉や脳を動かすエネルギー源、糖質/動ける体をつくるタンパク質/役割と性質を理解して賢くとりたい脂質/体の機能を正常に保つビタミン/様々な栄養成分を含むミネラル/スポーツ選手に不可欠な水/競技特性・目的別・年代別の栄養と食事のとり方/競技特性に合わせた食事の考え方/持久力アップのための栄養と食事/筋力アップのための栄養と食事/球技系スポーツのための栄養と食事/技術系スポーツのための栄養と食事/疲労回復のための栄養と食事/風邪予防のための栄養と食事/夏バテ予防のための栄養と食事/貧血防止のための栄養と食事/疲労骨折を防ぐための栄養と食事/減量のコツ/増量のコツ/ジュニアのための栄養と食事/高校生・大学生のための栄養と食事/女子スポーツ選手のための栄養と食事/スケジュール別の食事法/トレーニング期の食事/メンテナンス期の食事/試合前日の食事と準備/試合当日の食事/試合後の食事/練習中、試合中の水分補給/オフ期の食事/ケガや故障時に回復を早める食事/・毎日の献立と基本レシピ/バランスの取れた献立の基本/3食の役割/間食・補食のとり方/主食のレシピ例/主菜のレシピ例/副菜のレシピ例/汁物・スープのレシピ例/乳製品・ドリンクのレシピ例/お弁当を用意する際のポイント/外食・中食のメニューの選び方/加工食品・アルコールとの付き合い方/サプリメントの使い方