スポーツフード資格を仕事に生かすためのノウハウ完全攻略

スポーツフード資格を仕事に活かすためのアイデア、ノウハウをここだけの話、こっそり公開いたします。スポーツフード資格だけあっても稼げませんが、どんな活用方法があるかわかっていれば、最初から収益化も考えて資格取得を目指せるでしょう。まずは、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座から始めてみてください。

 

少年サッカークラブのサポート役に

 

サッカーは、持久力も瞬発力も要求される非常に複雑なスポーツです。年々試合の要求水準や技術レベルは向上しているため、非常に高度なレベルでの身体能力が求められており、プロの選手は一度の試合で10キロ痩せるとも言われています。

 

怪我への耐久性や回復力も重要で、ケガしない体づくりは選手生命や競技の継続年数に深く関わってきます。そのような複雑な要素が絡み合うサッカーでは、スポーツフードを通して強い身体づくりをすることが必要です。

 

少年サッカーでは、成長期にある体への十分な栄養補給に加えて、トレーニングや試合で消費する膨大なエネルギー補給も求められます。トレーニングや試合の最中の効果的な間食や普段の食生活を指導することは、チームのパフォーマンスのみならず子どもたちの生育や健康的な成長にも大きく関わってくることでしょう。

 

競技そのものにも影響を与えます。持久力を向上させる食事はトレーニング中の集中力やトレーニング量を左右し得るものであり、試合当日のパフォーマンスや終盤の勝負強さにも影響するでしょう。

高強度の運動パフォーマンスを向上させる食事によって、試合中のコンディションをキープしスプリントの瞬発力や持続回数を向上させます。

 

短い時間で身体を回復させることは、激しく流動的な動きが何度も求められるサッカーで非常に重要です。短距離走のスピードも、スポーツフードでサポートすることが可能です。特に、20メートル程度の距離を素早く走り切る瞬発力は、試合でのパフォーマンスや成績を左右します。

 

スポーツフードによって瞬間的な集中力やパフォーマンスを向上させ、試合中の判断力や実際に体を反応させる力を養います

 

スポーツフード資格は「広報誌でレシピ紹介」できる

スポーツ少年向けレシピの提案

スポーツフードのレシピ提案は、多くの保護者や競技者本人にとって大きな関心の的となります。日本では少子化が進んで久しくなりますが、文部科学省は常にスポーツ少年・少女の育成に取り組んでおり、将来のスポーツ選手を生み出すための非常に重要な礎となっています。

 

食事のレシピは、食べ物に関する情報誌やウェブサイトだけでなく様々な媒体で掲載されるため、健康やパフォーマンス向上に役立つレシピ提案は非常に大きな関心を集めます。スポーツ少年向けの新しいレシピ、より味や食感を楽しませるレシピを考案すれば、それが少年スポーツの世界で新たなトレンドとなることもあるでしょう。

 

より手軽に食べられるレシピや美味しく誰でも食べたくなるようなレシピ、少年期にとりわけ必要な栄養素を効果的に摂取できるレシピは、いつの時代にも必要とされる情報です。これらは、主に少年スポーツを指導する立場にある方や、親の皆さんにとって価値ある情報となります。

 

スポーツフードによって少年期のパフォーマンスや健康を促進できれば、スポーツフードをより広く早い段階で普及させることにも役立ちます。

 

高齢者向けスポーツフードの提案

高齢者の健康が問題となっている中で、スポーツフードが普及すれば健康促進や維持を促すことが可能になります。高齢者の人口は今後も拡大の一途を辿るため、今後の需要拡大や関心の高まりが予想されています。高齢者でも健康にスポーツを営むことが出来れば、日本の社会を健やかで健全に保つ土台作りにもなるでしょう。

 

地域のスポーツやコミュニティーを健康に保ち、お年寄りが健やかにスポーツを楽しめるよう栄養や食事面からサポートすると、地域の活性化や健康問題の改善などといった、非常に広い範囲での副次的な効果も見込まれます。

 

高齢者が必要とする情報は増えていくため、レシピや効果的な食材を掲載すればアクセス数や閲覧数を稼ぐことにつながります。

生活習慣病や各種疾患は、不適切な食事が原因であることがほとんどといっても過言ではありません。

 

スポーツフードを、より簡単に調理したり手軽に取り入れたり、高齢者にもなじみのある味付けに仕上げるレシピで提供することで、時代にニーズを先取りしたスポーツフードを提案できるかもしれません。

 

ママ向けダイエット&スポーツフードレシピの提案

体形や健康が気になるのは、母親の立場にある方も同じです。ママ向けのスポーツフードという発想は珍しいかもしれませんが、料理に覚えのある層へスポーツや体づくりの観点からレシピを提供することで、違った視点で料理や食事を楽しめるようにアイデアを提供できるでしょう。

 

スポーツフード資格は、レシピを提供する際の肩書きや根拠となります。スポーツフード資格をバックにレシピを考案することで、一定の知識の元に食材選びや味付けを行っていることを証明できるでしょう。

 

スポーツフード資格は民間資格ですが、スポーツや体づくりに必要な栄養素に特化して知識を習得している、という点に関心を集められます。

料理上手なママさんの場合、味付けに関しては腕に覚えがあっても栄養素の働きや各器官への作用まではよく分からない、ということもあるでしょう。

 

あるいは、ダイエットしてみたいものの具体的にどんな食事内容に変えていけばいいのかはっきりとは分からない、などのケースもあるかもしれません。スポーツフードとして、目的を明確にしたレシピを提案することで、味や食材を参考に料理のアイデアを提供できます。

 

スポーツフード資格は「プロの食事コントロール」のサポートも

アスリートの体重管理にも

種目によっては厳密な体重が決められているスポーツの世界では、食事による体重管理が非常に大きなウエイトを占めています。アスリートは、極端な食事制限による過度のダイエットを行いません。試合前のボクサーやマラソンランナーなどの場合は例外として、基本的には筋力や持久力を犠牲にせずに体重を落とすのが理想的です。

 

一例として、炭水化物は肥満の主要な原因となり、無駄なエネルギーを脂肪という形で蓄えてしまう栄養素ですが、一方で身体を動かす貴重なエネルギー源でもあります。炭水化物制限は、一時的な体重減少には効果があるものの、長期にわたって行うと脳へ十分なエネルギーが送られず、集中力を低下させたりトレーニング強度が下がってしまったりなどの弊害を発生させます。

 

トレーニングや試合後の疲労蓄積などのデメリットもあり、体重管理に極端な食事が害をもたらすことは明白です。アスリートがスポーツフードで体重管理していくには、制限以外にも朝食をとったり夜食を控えることで、栄養素を無駄なく摂取しながら体重増加を抑える、しっかり噛んで食べることで、量を抑えながら満腹感を得るなどの方法があります。

 

カロリーを緩やかに制限しながら脂肪増加を抑えるなど、効果的に体脂肪を落とす食事を提案するのもスポーツフードの役割です。

 

スポーツジムのボディコントロールにも

身体を鍛え体型を変えていくジムでは、食事の重要性がかつてないほど叫ばれています。食事の内容や量はもちろんのこと、取るべきタイミングや組み合わせなど、身体づくりに関して様々なメソッドやレシピが考案されています。

 

身体を鍛えるための食事はスポーツフードの真骨頂で、筋力増強や持久力増加、筋肉痛、疲労回復など、様々な場面や目的に対応できるふさわしい食事が求められています。

 

筋肉を太くたくましくしていくには、とにかくプロテインドリンクを飲んでおけばいいと思われがちですが、プロテイン(タンパク質)を効果的に分解・消化するために必要な栄養素、筋組織の生成や瞬発力・持続力強化に必要な栄養素など、トレーニングの目的別や強化したい部位ごとに、求められる食事は変わってきます

 

筋組織の生成や栄養素の働きに特化して食事を提供することで、ジムでのトレーニングから最大限の効果を引き出せるようにサポートします。食事以外にも、サプリメントをどのように活用すれば最もトレーニングを活かせるかを伝えていくのも、スポーツフード資格が目指す目標の一つであり、トレーニングに取り組む本人が理解することも重要となります。

 

バレリーナのスタイル維持にも

バレリーナも、食事制限が厳しいと連想される種目の一つでしょう。ダンサーによって感覚は異なりますが、基本的には食事管理によって体形や運動能力を維持することが必須です。バレリーナの世界では、本来食事を取るべき時間に食べられないことも珍しくないため、朝食でしっかりと体調を整えることが重要だと言われています。

 

確かに、痩せるためにはある程度食事の量を制限することが重要なのですが、ダンサーは身体に激しい負荷をかけながら優雅な動きを披露しているため、食べずに体が動かなくなってしまうことよりも食べることが重要です。

 

量を食べられなかったり、食事の時間がずれることで空腹感が増し加わってしまうことを避けるために、腹持ちの良い食材を選んだり、よく噛んで食べる食材を献立に含めたりする工夫が必要です。

 

スポーツフード資格では、バレエという特殊な環境で戦っていくために必要な食事を考案する、栄養学と実際の食べ心地を考慮したレシピを考案するノウハウを学びます。

 

スポーツフード資格は「部活動・クラブ・サークル活動」でも役立つ

選手個人の意識向上に役立つ

スポーツフード資格は、食事を指導する側だけでなく競技に参加する選手本人の意識を変えることにも役立ちます。トレーナーやコーチは、選手の食生活すべてをコントロールできるわけではありません。選手自身が食べようと思えば何でも食べられるでしょう。

 

そこで、各種栄養素が競技や運動能力にどれほど必要か、なぜこの食材を食べることが明日のパフォーマンスに重要なのかを選手自身が理解することで、食事そのものを有意義なものにしたり本人の意識改革に役立てられます。

 

選手自身が納得して食事制限や管理を受け入れることで、競技へのモチベーションを向上させるだけでなく、食事の効果を信じて実際の競技に影響を及ぼすことが実証されています。よりプロ意識を持たせることにもつながり、食事の面から選手生活を支える大きな効果を発揮します。

 

マネージャー職のスキルアップに

マネージャーやトレーナーも、食事に関してスポーツに効果的な知識やノウハウを習得しておくことが望ましいでしょう。食事や休息がスポーツに与える影響は計り知れないものがあり、トレーニングや睡眠のポテンシャルをしっかりと発揮させるかどうかで、同じトレーニングに取り組ませても成果がまるで変わってくることもあるとされています。

 

トレーニングそのものだけでなく、身体づくりに関する栄養素や食事のタイミングなども含めて総合的に指導できるマネージャーやトレーナーは、トレーニングに詳しいだけの立場よりはるかに効果的な指導を身に付けています。

スポーツに直接関係のない立場にいても、食事の面までマネジメントするスキルは大いに歓迎されるでしょう。

 

怪我しない体作りに最適

栄養素をしっかりと補給することは、怪我に強く回復しやすい身体づくりに不可欠です。怪我の多くはミスやアクシデント的な要因が関係していますが、骨格や筋組織が十分な栄養補給を受けていれば、激しい負荷に耐えられる頑丈な体を作っていくことが可能です。

 

炭水化物やたんぱく質はもちろんのこと、ビタミンたアミノ酸などのミネラルも十分に摂取できていなければなりません。万が一怪我が発生した場合も、食事の量を適切に保ち身体の回復力を補うことで、一刻も早い復帰に役立つ食事を提案できます。

 

摂取エネルギーを抑えながら、回復に必要な栄養をしっかりと補給するためには、栄養学だけでなくスポーツに特化した食材の知識が必要です。

普段の食事で怪我を防ぐには、栄養素を欠けることなくしっかりと吸収することが必要です。

 

供給できていない栄養素があると、体の一部が弱ったり、そこをカバーしようと他の器官に負荷がかかることになります。そうした、身体の内部で気づかないうちに起こるトラブルを防ぐためにも、スポーツフードによって常日頃から栄養満点の食事を摂ることが理想的です

 

スポーツフード資格は運動する全ての人に必要なスキル

以上のように、スポーツに携わる人すべて役立つ知識を得るのスポーツフード資格の目的です。どんなスポーツに参加しようと、どれほどの頻度で参加しようと、普段の食事によってしっかりと体を養っていれば、パフォーマンス向上や持続力強化、怪我の予防や効率的な回復に役立ちます。

 

スポーツフード資格によって、各スポーツで必要とされる異なった身体づくりに効果的に対応できるようになるでしょう。

 

まずは諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格から初めよう

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座では、日本安全食料料理協会(JSFCA)が提供する「スポーツフードマイスター」と、日本インストラクター協会(JIA)が提供する「アスリート栄養食インストラクター」の2資格を効率的に取得することが可能です。

 

スポーツフードに興味がおありの方は、まずは無料の資料請求で講座の内容をチェックしてみましょう。試験免除で資格を取れるスペシャル講座など、スポーツフード資格取得に向けて豊富なサポートが用意されています