スポーツフード資格|人気&高評価資格ランキング

世の中にあるスポーツフード資格を取得しやすい順、ステップアップしながら学ぶのに適した順、高評価順にランキング形式でまとめました。いきなりプロを目指すのは無理がありますので、段階をおって、自己投資しながらステップアップしていくのが一番です。

 

初心者でも取得しやすいスポーツフード資格

需要の広がりを見せるスポーツフードは、栄養面から考えても理想的な食事であり、誰にでも役立つものです。普段の生活に活かせるため、今までスポーツフードに興味がなかった方にもおすすめです。

 

栄養学や調理法など学ばなければならないこともたくさんありますが、食事全般に関する非常に専門的な資格というよりも、スポーツが健康な体作りに役立かかどうか、ある一面に特化した資格であるため、食事や栄養に関する資格の中では幾分取得しやすい部類に入ります。

 

運動や健康は、スポーツ選手でなくても多くの人の関心を集め、最近の健康ブームも手伝って、運動や健康に関する情報が手に入りやすいのもメリットです。疲労の影響を受けにくく、怪我しにくい体作りは誰にとっても重要です。

 

小学校や一般のジムでも、正しい食事法や体作りに必要な栄養素を知ることは必要とみなされ始めています。資格そのものも比較的難易度が低いため、無理なく資格取得まで学習を進められるでしょう。

スポーツフード資格一覧まとめ

スポーツフードマイスター(JSFCA)

日本安全食料料理協会(JSFCA)が提供するこの資格は、スポーツフードマイスターとして、スポーツに必要な献立を提案したり専門のレシピを調理できる実践レベルまで身につける資格です。

 

栄養学の要素が多く含まれているため、各栄養素が体にもたらす影響や、筋肉や脳をどのように支えていくか、体の機能や恒常性を保つために必要なのはどんな栄養素なのかを学んでいきます。

 

水の働きやビタミンの効果、ミネラルと呼ばれる各種栄養素がどのように体内で作用するかを知ることで、ちょっとした調味料や副菜がいかに重要なのかを深く理解できるでしょう。年齢別にバランスの取れた食事を摂る必要性を学ぶため、ジュニアや高校生、大学生、社会人、スポーツ選手、シニアに取ってそれぞれ必要な栄養素や食事内容を詳しく理解できます。

 

レシピの内容も幅広く見ていくため、主菜に始まり、副菜や汁物、スープ、汁物、乳製品やドリンクに至るまでそれぞれのレシピをマスターできるでしょう。運動量や競技別に必要な栄養素や食事内容も考えます。

 

試合に向けて調整する食事や、体を鍛える期間に理想的なレシピもあり、スポーツを栄養面から支えていくうえで非常に多くの内容を学べます。食事を管理。指導するためのノウハウを習得できる優れた資格です。

 

アスリート栄養食インストラクター(JIA)

日本インストラクター技術協会(JIA)が提供している同資格は、スポーツ選手に必要な栄養素の基礎から始まり、

 

  • 競技特性や運動量に合わせた献立の考え方やレシピの考案方法
  • 持久力アップに特化した栄養と食事内容
  • 球技系スポーツのためにとりわけ必要となる栄養について
  • スポーツ後の疲労回復のために必要な栄養と食事を考える
  • 風邪予防のために効果的な栄養と食事の内容
  • 夏バテ予防のために役立つ栄養と食事の内容
  • トレーニング期間に必要な食事
  • 体をメンテナンスし回復させる期間に必要な栄養とレシピ
  • 試合前日に身体を強める食事と栄養面での準備
  • 試合当日に力を発揮するための食事
  • 試合後の回復やメンテナンスを目的とした食事の考え方
  • スケジュール別に合わせた食事法
  • 減量・増量する際に食事面で行うサポートや具体的なレシピ
  • 出かけ先の栄養補給である弁当を用意する際の栄養面でのポイント
  • 各種サプリメントを効果的に使う方法

 

などを身に付けていることを証明する資格です。スポーツフードとは何かを十分に学べるでしょう。

スポーツフードスペシャリスト(formie)

「資格取得のformie(フォーミー)」が提供するスポーツフードスペシャリスト資格は、スポーツ選手の戦う身体を作るスペシャリストとして、食事考案や指導に必要な知識や技能を身に付けていることを証明する資格です。栄養面だけでなく、食生活のプランニングや生体理論を学んでいきます。

 

競技で活躍できる身体を作っていくために必要な、食事面でのノウハウを存分に学べるでしょう。ケガの予防やトレーニングをより効果的にするのに役立つ栄養を考えます。スポーツの成績を伸ばすことも目的ですが、長く続けていくために身体にどのような栄養素が必要か、競技ごとにどのように栄養面からサポートしていくかを見ていきます。

 

各種栄養素が体内でどのような働きをしているかをしっかりと学んでいくため、普段の食事や食材がいかに重要かを理解できるでしょう。サプリメントの効果的な使い方を知り、食事以外にも効果的な栄養摂取を学びます。

 

サプリメントを適切に摂取し、過剰摂取や意味のない服用を避けてサプリメントを最大限に活用する知識を学びます。スポーツフードに関する指導や教育を行うためのポイントもカリキュラムに含まれています。

 

スポーツフードアドバイザー(JADP)

日本能力開発推進協会(JADP)が監修するスポーツフードアドバイザーは、アスリートに必要な栄養管理や身体作りを食事面からサポートすべく、レシピを考案する能力や競技・症状別に食材や献立を効果的に提供する技能を身に付ける資格です。

 

アスリートのトレーニングや回復をサポートするべく、栄養をしっかりと補給させトレーニングの効果を引き出します。選手一人一人に適した食事作りや栄養素の補給も学びます。スポーツに役立つ食事だけでなく、栄養補給や健康のための献立も含まれています。

 

成長期の学生や子どもたちを対象にした食事や、成人した方の健康維持や筋力増強に役立つ食事、疲労防止や回復、怪我の予防に効果的な栄養素の補給方法も学びます。同協会が認定する講座で学習することが必須となりますが、初心者でも目指せる取り組みやすい資格です。ご自分でスポーツやトレーニングに取り組んでおられる場合も役立つでしょう。

 

アスリードフードマイスター

株式会社アスリードフードマイスターが運営する同資格は、スポーツ選手の奥さんたちが取得していることで知名度を獲得しつつある人気の資格です。レベルに応じて1~3級まであり、仕事に役立てたい方のための本格的な資格です。

 

食材に含まれる栄養素やスポーツに必要な栄養素、試合や練習、トレーニングなどの時期や内容に合わせた献立の考え方を学んでいく資格です。アスリートの身体や食事に焦点を合わせており、理解を深め最適なサポートを行えるようにカリキュラムが用意されています。

 

「いつ」「何を」「どのように」食べるべきかを学び、スポーツだけでなく身体作りに必要なあらゆる知識を身に付けます。3級であれば合格率は85パーセントと発表されており、初心者の方でも無理なく取得を目指すことが出来るでしょう。

 

スポーツフードについて基礎を学んだあとは、2級、1級とさらに深い知識や応用力を目指して資格取得に取り組むこともでき、発展性のある資格という点でも特徴的です。アスリートのサポートに効果的な資格ですが、お子さんの健康的な体づくりにも役立つ知識が満載であり、スポーツや健康を支えるうえで心強い味方になってくれる資格です。

 

食育や栄養の知識が一番大切

5大栄養素をバランスよく食べれるように

食事では、5大栄養素を効果的に摂取することが基本です。

タンパク質

「たんぱく質」は筋肉や皮膚の栄養素として認識されがちですが、髪や爪の材料、骨格組織の生成にもかかわる非常に重要な栄養素です。内臓や血液を生成することにも不可欠なため、たんぱく質が不足すると健康に著しい影響が出てしまいます。

 

肉や魚、乳製品や豆類に多く含まれています。植物性と動物性のたんぱく質があり、それぞれバランスよく摂ることが重要とされています。摂り過ぎは肥満につながる栄養素であり、バランスや必要量の計算が必須です。

 

脂質

「脂質」は体を動かすエネルギーであり、少ない量でも沢山のエネルギーの変換できる効率良い栄養素です。これも肉や魚、乳製品に含まれており、特に魚の脂質に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の神経細胞を再生する非常に重要な栄養素となっています。摂取し過ぎるとタンパク質以上に肥満の原因となる、バランスが難しい栄養素です。

 

炭水化物

「炭水化物」も体を動かすエネルギーとなりますが、脳にとって唯一の栄養素という意味で非常に特徴的です。ご存知のように、主に穀物に含まれる栄養素で米やパスタ、パンから主に摂取できます。

 

摂り過ぎはやはり肥満につながりますが、不足すると脳へのエネルギーが断たれてしまいます。エネルギーを蓄えることができない脳にとっては非常に重要な栄養素です。

 

無機質

「無機質」は、カルシウムや鉄などを指す言葉で、体内で生成することができない栄養素です。食事から補給する必要があり、体を作る材料や恒常性を保たせる働きを持っています。

 

ビタミン

「ビタミン」は体の中で生成することも可能ですが、体の機能維持するためには食品から付加的に摂取しなければなりません。ビタミンAは成長を助けたり、ビタミンB1によって炭水化物を分解したり、ビタミンCによって血管や骨の健康を維持し、肌の健康を保つ効果が期待できます。

 

アミノ酸とミネラルを多めに

アミノ酸などのミネラル分も体にとって必須の栄養素です。心臓を動かしたり肝臓の機能を維持するために必要で、骨格組織や筋組織の生成、各種栄養素の分解や分解のために必要なエネルギーを補給する役割があります。ミネラル分をしっかり補給することで、体に不可欠な5大栄養素を効率的に吸収することが可能になります。

 

疲労回復にクエン酸やリンゴ酸を

疲労原因物質である乳酸を除去するクエン酸やリンゴ酸は、スポーツ後やトレーニング後に積極的に摂取していきたい栄養素です。激しい運動をすると、筋肉内に乳酸が急激に蓄積し、運動後の疲労回復や筋組織の修復を妨げてしまいます。

 

さらに、クエン酸回路を代謝するために必要なエネルギーとされており、体内でも生成されている必須の栄養素です。現在では、疲労回復とは直接の関係がないのではないかと議論になっていますが、研究が進むにつれて改めて効果が見直されている栄養素でもあります。

 

日本では、疲労回復効果がある機能性表示食品としても認められる栄養素であるため、安全性の高さも合わさって、しっかりと補給していくべき栄養素とみなされています。

 

栄養士や調理師でも使えるスポーツフード資格

アスリート特化の必須栄養素を学べる

栄養士資格は国家資格であるため、より本格的な栄養素の知識を学んでいくものですが、スポーツフード資格を取得することで、栄養学の基礎的な部分やスポーツに特化した知識を効率的に習得することが可能になります。

 

スポーツフードは“スポーツのための栄養学”とも呼べる分野であり、アスリートに特化した必須栄養素や、競技別に特別に必要となる栄養素を体系的に学びます。栄養士や調理師の資格と合わせると、より専門的な分野もカバーできるという意味で非常に有能な資格です。

 

アスリートの食欲や食事のタイミングを学べる

アスリートの生活を支えるうえで必要な、食事の内容やタイミングを学べるのも大きなメリットです。栄養面からトレーニングや疲労回復を効果的にサポートするには、献立を考えるだけでなくタイミングや食事量も計算しなければなりません。

 

体が必要とするときに必要な栄養素を補給するのが最善だからです。スポーツフード資格では、アスリートの食欲を起こさせる効果的なメニューも学びます。厳しいトレーニングには耐えられても、たくさん食べる事が苦痛だというスポーツ選手は意外なほど多くいます。食欲を起こさせるメニューや調理方法を学び、食事を楽しむための工夫も身に付くでしょう。

 

筋肉が喜ぶ食事レシピを学べる

アスリートが最大のパフォーマンスを発揮するためには、筋力がどうしても必要です。普段の食事から間食、ドリンクやサプリメントに至るまで、筋肉を強め回復させるのに効果的な内容を考えることで、筋肉をサポートするのに効率的な食生活を構築できるでしょう。

 

スポーツフード資格はアスリート自身にも必要

アスリート自身が食生活や栄養素に気を配ることで、パフォーマンスやトレーニング成果は大きく向上すると言われています。スポーツフード資格を通して、アスリート本人が栄養素や効果的な食事について理解を深めることが出来るでしょう。

 

効果を理解して食事を行うと、好きではないものを無理やり食べるよりも効果を発揮しやすくなるとも言われています。“プラシーボ効果”を普段の食事から実現することにもなるため、本人が栄養素について学ぶことは重要です。

 

マラソンランナーも食事でタイムが向上するかも!?

マラソンのような持久走では、前日の食事や普段の身体づくりが非常に重要です。トレーニングや減量も競技そのものに大きく影響を与えるのは当然ですが、食事によってトレーニングを大幅に効果的なものにしたり、試合当日のコンディションを整えることが可能です。

 

一流のトレーナーがついていなかったとしても、スポーツフード資格によってみずから栄養管理を行い、効果的な食事を摂るのに役立ちます。マラソンに必要な栄養素や食事のタイミングも、スポーツフード資格を通して深く理解できるでしょう。