カラーセラピー資格は通信講座で簡単取得

カラーセラピー資格は、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で誰でも確実に取得できます。的確な添削指導や回数無制限の質問サービスによる豊富なサポートを受けながら、3資格の同時取得に向けて進めていくカリキュラムとなっています。試験免除のスペシャル講座も非常に便利です。

 

カラーセラピー資格は通信講座で取得できる

一見難解そうに見えるカラーセラピーですが、通信講座を利用することで十分なサポートを受けながら、資格取得まで到達することが可能です。通信講座でサポートを受けられるのかどうか不安に思う場合でも、諒設計アーキテクトラーニングが提供しているカラーセラピー資格講座を受講すれば、「カラーセラピー」「色彩インストラクター」「カラーアドバイザー」の3資格を確実に取得できます。

 

通信講座のメリットを活かしてご自分のペースで学習を進めながら、専門のスタッフの親切・丁寧なサポートを受けつつ、資格取得を目指すカリキュラムとなっています。カリキュラムそのものも、全くの初心者が一から始めることを想定しているため、添削指導や質問サービスを利用した個別指導によってしっかりと内容についていけるでしょう。

カラーセラピー資格通信講座なら試験免除で合格

このカラーセラピー資格通信講座の最大の特徴は、試験免除で資格を取得できるコースが用意されていることです。「カラーセラピー3資格取得スペシャル講座」がこれにあたり、試験が免除されるスペシャルコースということで、価格は通常の講座よりも20,000円高く設定されています。スペシャルコースは、後述するように特別な卒業課題が資格免許の要となっています。これらの資格を提供する協会は、以下の通りです。

 

【カラーセラピー】

日本アロマメディカル心理セラピー協会(略称:JAAMP)

 

【色彩インストラクター】

日本インストラクター協会(JIA)

 

【カラーアドバイザー】

日本デザインプランナー協会(JDP)

 

これらの協会が講座内容・資格を認定しているため、卒業課題に合格するだけで資格試験をパスできます。

卒業課題の提出あり

資格免除で取得するためには卒業課題に合格する必要があります。通常の講座では5回の添削を行い、それぞれ何回で理解度や正確な知識をチェックしていきますが、スペシャル講座ではその5回に加えて1つの卒業課題があり、それを提出し合格しなければなりません。

 

卒業課題にさえ合格すれば、資格試験を受ける必要なく資格を発行してもらえます。このため、スペシャル講座では卒業課題へのための問題の練習や準備が講座攻略の鍵となります。初心者が受講することも考慮してカリキュラムが設定されているため、受講に際しては不安を抱く必要はありませんが、もし少しでも分かりにくい部分や理解できない部分があれば、質問用紙などを駆使してご自身で徹底的に苦手対策を行う必要があるでしょう。提供されているサポートをフル活用すれば、カラーセラピー資格に限らずどんな資格でも取得までしっかりと学習を進められるでしょう。

70%以上の評価でOK

試験免除で資格を取得するためには、卒業課題で70%以上の評価を得ることが必要です。通常講座を受講して、その後別に各協会の資格試験を受ける際も70%の評価が合格ラインとなっており、それに準じた基準が採用されていることが分かります。卒業課題も、その他の添削用の課題と同じように自宅で記入して郵送するシステムを採用しています。70%以上の評価を得るためには、練習問題や模擬試験を駆使してしっかりと試験に慣れておく必要があるでしょう。

 

問題の傾向や対策は、通常のカリキュラムに沿って学習を進めることで十分習得できます。

70%以上という合格ラインもそれほど厳しいものではありませんが、カリキュラムの内容を全く理解していない状態で合格することはできないでしょう。卒業課題までの問題や添削課題にしっかりと集中しておくことで、卒業課題で出てくる問題に対しても落ち着いて回答できるはずです。

丁寧な添削でサポート充実

諒設計アーキテクトラーニングの丁寧な添削によって、安心して学習を進められます。通信課題の一般的な弱点として、目の前に講師がいないため、一人で行き詰ってしまうとにっちもさっちもいかなくなってしまう難点があります。しかし、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座ではその点を十分に踏まえたサポートのノウハウを蓄積しており、初心者がどうすれば資格取得まで到達できるかを熟慮してカリキュラムを準備しています。

 

添削課題はカリキュラム全体で5回あり、それぞれで各カリキュラムの理解度を確かめられます。添削する専門のスタッフが何をどう指摘すればさらなる理解を得られるか、熟慮したうえで添削指導してくれるため、それを踏まえてカリキュラムの復習できます。各カリキュラムでしっかりと復習・苦手対策をしていくことで、次のカリキュラムに必要な前提となる知識を確実に学んでいけるでしょう。ここは各受講者の努力が求められるところですが、諒設計アーキテクトラーニングの講座はその努力に確実に応えられる内容を準備しています。

全部ネットで完結する通信講座

申し込みから資格試験まで、全てネット上で完結することができるのも諒設計アーキテクトラーニングの通信講座の特徴です。申し込みはもちろんオンライン上で行います。氏名や住所、メールアドレスや支払い情報などの個人情報を入力し、申し込みが受理されれば教材が送られてきます。支払い方法もクレジットカード決済に対応しているため、支払いもインターネット上で済ませれば、パソコンやスマートフォン一つですべてを完結出来ます。

 

カリキュラムに沿って学習を進め、添削課題の提出を郵送かメールフォームに入力する方法で行います。メールフォームに入力して提出する場合、紙に書く手間も郵送のタイムラグもなしに学習を進めることができ、時間的にも無駄のない学習スタイルを徹底できます。諒設計アーキテクトラーニングの際立った点として、回数無制限の質問サービスがあります。何か分からない点があった場合、教材に含まれている質問用紙か、諒設計アーキテクトラーニング公式ホームページの受講生専門ページから質問できます。

 

専門のスタッフにより回答が送られ、通信講座という個人での学習に非常に心強い味方となってくれるでしょう。この質問サービスですらインターネット上で行えるため、講座のどの過程もインターネットで済ませられるまさに“オンラインの専門学校”となっています。

カラーセラピー資格講座の受講もネットで完了

カラーセラピー資格講座もインターネットですべて済ませることが可能で、上記のように申し込みから各カリキュラムの添削・回答、そして、卒業課題の提出まで非常に便利に進められるでしょう。今までカラーセラピーに興味のなかった方や知識をまったく持ち合わせていない方でも、初心者も想定したカリキュラムによって確実に資格取得まで学んでいけます。

 

インターネットですべて完結する講座でも、添削の個別指導や質問サービスによるマンツーマンの学習スタイルにより、安心して自分のペースで学習を進められます。

分からない部分に煮詰まってしまったり、苦手な部分を放置してしまったりすることも避けられます。

本番試験もオンラインでできる

なんと、本番試験もオンラインで受験するスタイルとなっています。スペシャル講座ではなく通常の講座を選択した場合、それぞれの協会で各資格ごとに試験を受けなければなりません。各協会ではオンライン試験が設定されており、在宅での学習を想定して試験会場まで出かけていく試験を採用している資格はありません。試験は、郵送されてきた用紙に定められた期間内に記入し、返送するというもので、通常1週間程度の期間が設けられています。

 

この期間内で都合の良い時に記入を済ませ、期日までに回答用紙を返送します。内容が精査され、前述のように70%の評価を受けることで合格となります。もし試験に落ちてしまっても、2か月ごとに試験が開かれる資格が多いため、講座で学んだ内容を復習してもう一度試験に望むことが出来るでしょう。

 

受講期間内であれば例の質問サービスを何度でも利用できるため、不合格となった試験結果を踏まえて再び質問することも可能です。

カリキュラムの内容にしっかり沿って学習してオンラインで試験に挑戦でき、再びオンラインで質問サービスを利用すればさらに理解度の強化も行えるなど、利便性に徹底的に配慮されています。

自宅にいながらカラーセラピー資格が取れる

そのような受講システムとなっているため、自宅での講座学習をカラーセラピー資格取得までスムーズに進められます。カラーセラピーに関する本や雑誌は多く、様々な情報がインターネット上にも出回っています。しかし、資格取得という正式な形で効率よく学習するために、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で学習を進める方が効率的です。

 

カリキュラムの内容が体系的で、知識をバラバラにではなく順序立てて学習できます。まずは自宅で学習して資格を取ることで、カラーセラピーに関する知識をさらに専門的に掘り下げたり、カラーセラピー資格を生かして新たな仕事に挑戦する事も出来るでしょう。

 

自宅で資格取得まですべて進められる諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー通信講座は、専門学校へ通う手間や時間がない方にもおすすめできる非常に効率的な学習方法です。

3資格同時に取得できる通信講座

冒頭で述べたように、カラーセラピー・色彩インストラクター・カラーアドバイザーの3資格を1つの講座だけで取得できるのが諒設計アーキテクトラーニングです。その他の講座でも基本的に2資格の取得を目指す内容となっており、1つの講座で常に複数の資格取得を行えるお得な内容です。

 

同系統の資格を複数取得することで、1つの分野に関してより幅広く知識を習得していることを証明できるでしょう。必要な知識や技術をもれなくカバーしておくことは、就職や職場での活躍に役立つ可能性を高めてくれます。

3つの資格を取れるのは諒設計だけ

1つの講座で3つの資格を同時に取得できるのは諒設計アーキテクトラーニングだけです。似たような資格を扱う通信講座を見てみると、1つの講座では1つの資格にしか対応できないのが一般的です。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは、資格を発行している複数の協会の認定を得るカリキュラムを準備することで、非常に効率的に学習を進められるようサポートしています。

スペシャル講座では、認定講座により資格試験すら免除されることで、さらなる効率的な学習を提案しています。

試験免除で3資格同時取得

3資格を1つの講座で同時に取得するのは、スペシャル講座でも同じです。卒業試験は各協会が認定するお墨付きの内容となっているため、卒業課題に含まれた内容をクリアすることで3つの試験をパスすることが可能です。

 

もちろん卒業課題も1つしかないため、スペシャル講座では試験を2つ省いて取得できます。通常の講座では、試験に必要な知識を通信講座でしっかり学んだあと、それぞれの資格ごとに試験を受けなければなりません。試験費用もそれぞれに発生するため、スペシャル講座で卒業試験に挑む方がやはり効率的です。

講座修了で合格するからコスパ最強

スペシャル講座では、卒業試験の合格と同時に資格取得となります。卒業試験で70%以上の評価を受ける必要があるものの、試験を受ける費用や時間を節約できるためお得に感じられるでしょう。通常の講座では、講座終了後に対象となる資格試験を受けます。

 

しかし、それらの資格試験にも一定の金額が発生するため、卒業試験も含んで資格取得まで進められるスペシャル講座の方がコスパの面でも優れています。自分で試験を申し込む手間も省けて一石二鳥です。

パソコン・スマホともに受講できる

インターネットですべて完結できるオンライン講座であるため、パソコンでもスマホでもインターネットに接続できる端末さえあればどこでも受講可能です。各端末のブラウザーから公式ホームページで申し込み、教材が郵送されてきた後は、添削課題の提出や質問サービスによる質疑応答などもインターネット上で済ませられます。

 

スマホなどの端末にも対応しており、課題の内容や質問の入力も十分に行えます。質疑応答の個別指導も、インターネットにつながってさえいればやり取りを続けられます。1日30分の学習でも2~3ヶ月程度で修了できるように設計されているため、スマホなどの利便性も相まって非常に効率的に学べる講座となっています。

まとめ:通信講座で確実に誰でもカラーセラピー資格を取れる

初心者でもカラーセラピー資格を取得できるよう、最大限のサポート体制のもとに学習カリキュラムが準備されたのが、諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー資格通信講座です。資格試験免除のスペシャル講座や、標準でも回数無制限の質問解答サービスが含まれた通常の講座など特徴が満載です。色によって癒し効果を最大限得るカラーセラピー資格を、通信講座で効率よく取得できるでしょう。