スポーツフード資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

スポーツフード資格も学習期間は最大6ヶ月ありますが、早ければ2ヶ月で資格を2つ取得できます。試験なしのスペシャル講座ならば、課題提出だけでスポーツフード資格を取得できます。確実に資格を取得できますので、スキルアップ、ステップアップのために役立てられます。

 

スポーツフード資格は課題6つを6ヶ月で提出できればOK

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は、「スポーツフードマイスター」と「アスリート栄養食インストラクター」の2つの資格が取得できます。

 

2つのスポーツフード資格が取得できる講座は、最短で2か月で取得することを想定されて作られており、標準学習時間は3か月となっていますが、最大で学習期間を6か月に延ばすことが出来ます。

 

諒設計アーキテクトラーニングにスポーツフード資格講座の無料資料請求を行うと、資料請求の特典として、基本学習期間の3か月から倍の6か月に延長できます。 期間の延長をしても受講費が変わることはありませんので、学習期間を6か月に延ばしたい場合はまずは無料の資料請求をして、特典を上手く活用しましょう。

 

インターネットからのお申込みでは6か月に延長はされませんので、ご注意ください。 卒業と同時に2つの資格が取得できるスペシャルコースでは、6つの課題(学習課題 5回、卒業課題 1回の合計 6回)を提出すれば卒業となります。

 

学習期間を6か月に伸ばせば、1か月あたり1回のペースで課題を提出すれば講座を修了できます。 1日30分の学習時間で標準学習期間が3か月ですので、忙しくて学習の時間があまり取れない方でも、標準学習時間の倍の6か月あれば、講座を終える事ができるでしょう。

 

スポーツフード資格の学習期間は最短2ヶ月

毎週課題提出していれば2ヶ月目には資格取得できる

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は卒業後の資格取得試験が免除となる、スペシャル講座があります。 スポーツフード資格のスペシャル講座は、卒業課題を含んだ 6回の課題を提出することで卒業と同時に資格取得でき、試験が免除となります。

 

卒業後に資格試験が必要な通常コースでは 5回の課題提出となりますが、どちらのコースでも週に1つずつ課題を提出していけば、2か月目には卒業できます。 諒設計アーキテクトラーニングの講座は、基本学習期間は3か月に設定されていますが、1日30分の学習で最短 2か月で資格取得できる力を身につけることができます。

 

1日30分以上学習時間が取れる方は、2か月よりも短い期間で講座を終える事も可能で、中には1か月ほどで取得する人もいます。 ゆとりを持って2か月ないし3か月ほどで講座を終えることができるようになっているので、もう少し学習時間を取って毎週課題を提出していけば、2か月目で卒業することもできます。

 

添削課題は終わり次第まとめて提出することもできますので、時間にゆとりがある方や早く資格を取得したい人は、まとめて課題を提出することでより早く講座を終えることができます。 平日は30分、休日は倍の1時間の学習にしたりと、徹底して自分のペースで学習できる諒設計アーキテクトラーニングの講座です。

 

試験免除の分、課題提出に真剣に:再提出に注意

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は1講座あたり、5回の添削課題と1回の卒業課題の全 6回課題を提出し、卒業課題をクリアすると資格取得となります。 卒業と同時に資格が取得できる受験免除は、試験団体の協力がある諒設計アーキテクトラーニングだけの特権ですが、受験免除の分真剣に課題に取り組む必要があります。

 

添削課題は受講者1人1人に付いたプロの専任講師が採点を行い、丁寧な添削回答をしてくれますが、回答の採点結果によっては課題の再提出が必要となることもあります。 修正や回答し直すなどした後、再提出する時間も必要になってきますので、再提出とならないよう最初から真剣に課題に向き合い、提出するように取り組みましょう。

 

諒設計アーキテクトラーニングの講座は、受講生1人1人に担当講師が付く個別指導の担任制。 受講中に分からないことがあれば、専任の講師に回数無制限で質問できます。 疑問が出て来たら積極的に質問をするようにして、学習を円滑に進めていきましょう。 課題は真剣に取り組んで、より効率的な資格取得を目指してください。

 

最大6ヶ月あれば初心者でも学びきれる

学習期間延長の特典を使うと、通常3か月の学習期間が最大6か月に延長となり、よりゆとりを持って学習に臨むことができます。 通常は3か月の学習期間を 6か月に延長する、学習期間延長の特典を使うには無料の資料請求が必要となります。

 

日頃忙しくてなかなか学習の時間を取れない方や、3か月ではちょっと不安という方はぜひ資料請求をして、無料の学習期間延長の特典を使いましょう。 6か月あれば初心者でもゆとりを持って学びきることができます。

 

諒設計アーキテクトラーニングの講座は全講座初心者に対応した、初心者が理解しやすい内容となっています。 また、受講生の80%以上が初心者の方ですので、これから学習を始める方でも安心して学習に取り組むことが出来ます。

 

もともと初心者に完全に対応した講座ですので、6か月あれば初心者でもそれほど学習時間が取れない人でも十分に資格の取得ができるでしょう。

 

スポーツフード資格の難易度は初心者向け

栄養学やスポーツトレーニングの基礎を学べる

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は、スポーツ栄養の基本を始め、栄養素の働きやスポーツの種目や年齢に合わせた体の作り方など、スポーツトレーニングの基礎をしっかり学ぶことが出来ます。

 

競技の内容を問わず、各種目別にスポーツ選手に合わせた献立の組み立て方もできるようになるので、スポーツ選手のみならず、日常でも応用が利く内容です。 日常においてもウォーキングやハイキングなど汗を流す場面では、フードアドバイザーとして活躍できます。

 

スポーツフード資格講座の「スポーツフードマイスター」と「アスリート栄養食インストラクター」の2つの資格が役立つ場面が多々あるでしょう。 スポーツの種目や年齢、体の状態に合わせて臨機応変にスポーツフードのアドバイスが出せるスポーツフード資格ですが、初心者でも負担なく進められるように作られています。

 

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座の難易度は、初心者向けとなっています。

 

初心者でも6ヶ月で学びきれる内容・カリキュラム

諒設計アーキテクトラーニングは受講者の80%以上が初心者となっています。 もともと初心者でも1日30分の学習で、最短で2か月(標準学習3か月)で合格を果たせるカリキュラムになっています。

 

その道のプロが初心者でもしっかりと理解し、着実に力をつけていけるように作り上げたテキストになっているので、初心者であっても安心して効率的に学習を進めていくことができます。

 

初心者でも最短 2か月で習得できますので、6か月あればさらに十分なゆとりが生まれ、ゆっくり確実に学んで資格取得を目指すことができます。 プロの講師がより効率的に学べるよう、内容を凝縮して厳選したカリキュラムとなっています。

 

諒設計アーキテクトラーニングは、全ての講座がこれから学習を始める完全初心者でも6か月あればしっかり学びきれるカリキュラムとなっています。

 

試験免除・課題提出だけなので学びやすい

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は、講座終了後に資格を発行する団体で資格試験を受け、合格すると資格が取得できる通常コースと、「試験が免除となるスペシャルコース」があります。

 

スペシャルコースは卒業と同時に資格を取得できる、試験免除の特典がついたコース。 学習課題 5回と卒業課題 1回の合計 6回の課題を提出すれば卒業となり、資格を取得できます。

 

諒設計アーキテクトラーニングの資格講座は学習に沿って課題を提出していくだけなので学習を進めやすく、さらにスペシャルコースでは試験免除となるので、課題を提出していくだけで資格を取得できます。

 

試験の合格が必要な通常コースが59,800円で、スペシャルコースが79,800円となっていますが、2つの試験を受けるにはそれぞれ受験費用 1万の合計 2万円が必要です。

 

資格取得に必要な合計金額が、通常コースもスペシャルコースも同じなので、スペシャルコースで卒業と同時に資格を取得できるほうが、受験の手間も省けお得です。

 

スポーツフード資格は暗記することが少なめ

トレーニングメニューや競技ごとのレシピも学べる

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座を学ぶことで、スポーツの種目や年齢、体の状態に合わせたレシピが作れるようになり、トレーニングメニューや競技ごとのレシピを作ることができるようになります。

 

スポーツは種目によって必要な栄養素が違うので、それぞれの種目や体の状態に合わせた適切なスポーツフードが作れることや、アドバイスが出せることが必要となります。

 

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は、栄養に関する基礎知識に始まり、スポーツに必要な栄養の摂り方やスポーツフードの作り方まで、スポーツフードに関する内容を一通り学びます。 学習をすることで、トレーニングメニューや競技に合わせたレシピも身につきます。

 

スポーツに合ったアドバイスを出すことができるようになりますが、暗記することは意外に少なめになっています。

 

運動強度に合わせて必要な栄養を理解できる

スポーツフード資格講座を学ぶことで、体に必要な栄養素を理解でき、栄養素が体にどのような働くのかが分かります。 激しい運動を繰り返す競技では体が酸欠状態になりやすく、逆にゆっくりジョギングは酸素を取り込みながら長時間走る有酸素運動なので、それぞれ優先して必要な栄養も変わってきます。

 

栄養素の働きが理解できるようになることで、運動の量に応じてその時の体が求める栄養素が理解できるようになります。 栄養素を理解することで、いろいろな体の状態に合わせたスポーツフードのアドバイスを出せるようになりので、スポーツに限らず日常でも使える場面が出て来るでしょう。

 

アスリート以外の仕事の道も見つけられる

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は、スポーツフードに関する知識を得てスポーツフードマイスターの資格が取れるほか、アスリート栄養食インストラクターの資格も取得できます。

 

アスリート栄養食インストラクターの資格を取得すると、自宅やカルチャーセンターなどで講師として活動することができますので、講師として指導していく立場での活動もできるようになります。

 

スポーツフードマイスターとアスリート栄養食インストラクターの、2資格にまたがった知識を得ることができるので、スポーツフードのアドバイザーとして、スポーツ競技に合わせたスポーツフードの管理や指導を行えるほか、講師として自宅やスクールで指導する道も開けます。

 

スポーツフード資格は在宅で学べるのでやりやすい

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフード資格講座は在宅学習なので、好きな時間に自分のペースで学習を進める事ができます。 スクールまで通う時間や手間もかからず、空いている時間に好きなだけ学べるのが在宅学習の強み。

 

諒設計アーキテクトラーニングではサポート体制も充実で、学習で分からないことが出てきた場合は専任講師による回答を求めることもできます。 分かるようになるまで何度でも質問ができ、質問できる回数も無制限ですので、安心して在宅で学習を進めることができます。

 

ゆっくり学習したい人は6か月かけてもいいですし、逆にすぐにでも資格が欲しい人は2か月で学習を終えることも可能。 在宅で学べるので、完全に自分の都合に合わせることができ、学習を進めやすいです。

 

ただし、学習をしないからと言って誰からも叱られることもなく、学習しなくなるのではという不安もあるかもしれません。 1日1回、5分でもいいのでテキストを開くことを続ければそれが習慣となり、学習から完全に意識が離れてしまうのを防げます。

 

課題を提出することでモチベーションにもつながりますので、少し学習が辛いなと感じ始めたら、まず次の課題を提出するまで頑張ってみると目標を立てるのもいいでしょう。 自分のペースでできること、それが在宅の学びやすさです。

 

アスリート自身でも役立つ知識が身につく

スポーツフード資格講座は自身がアスリートでも役に立つ知識が身につきます。 体調管理が必要なアスリートはより口にするものに気を使う必要があるので、自信がスポーツフードの知識を得ることで、より体調管理に役立つでしょう。

 

自分の体調を一番分かるのが自分自身なので、他人のアドバイスよりもより的確な献立やレシピの組み立てができます。 栄養素の知識も豊富になりますので、体を作っていくために必要な栄養素が何なのかが分かり、より効率的に体を作っていくことができるでしょう。

 

親御さんのお子さんがアスリートを目指す際のアドバイザーとして、スポーツフード資格講座はとても役立つ資格となります。 ジュニアや高校生、大学生のための栄養と食事やバランスの取れた献立などを学ぶので、お子さんの成長に合わせたフードのアドバイス、管理が可能になります。

 

他人へのアドバイスも自分自身がアスリートの場合でも役に立つ、スポーツフード資格講座です。