カラーセラピー資格の学習期間と試験の難易度・徹底調査

カラーセラピー資格は諒設計アーキテクトラーニングの通信講座ということもあり、初心者から学ぶための内容なのでそこまで難しくありません。基本からしっかり学べますので、学生でも、仕事にブランクがあって知識が抜けているかもしれない方でも学習できる資格講座です。

 

カラーセラピー資格は3資格学ぶことになる

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座では、カリキュラムを通して「カラーセラピー・カラーアドバイザー・色彩インストラクター」の3つの資格を取得できる知識を身につけられる内容になっています。3つの資格をまとめて学ぶことのメリットとしては、大きく3つあり「効率面・理解の深化・取得後の活用」という3点になります。

「効率面」

このカリキュラムで学ぶのは、「カラーセラピー・カラーアドバイザー・色彩インストラクター」の3つの資格になります。これらの資格は主催団体が違い、内容も少しずつ違う点はあるものの、「色のスペシャリスト」を目指すという目的は共通しています。

 

そのため、取得に必要な知識も重なる点が多くあり、それらを効率よく学ぶことで、カリキュラム修了時に3資格を取得できる知識を得ることを目的とした内容になっています。

 

「理解の深化」

3つの資格はそれぞれ重要視するところや解釈が違う点がいくつかあります。そのため、色に対するアプローチや、色に対する立ち位置も変わってきます。そういう視点の違いを学ぶことで、1つの事柄を多面的に見るようになり、より一層深い理解を得られるようになります。

 

「取得後の活用」

3つの資格を取得することで、資格取得後のキャリアに役立ちます。資格取得が目的ではなく、その後いかに活用するかが目的となるでしょう。その際に資格の幅が広ければ、キャリアの選択肢が増えます。

 

例えば専門学校で講師を務めることを目指す際には、資格の種類に縛られることなく採用試験を受ける専門学校を複数から選ぶことができるでしょう。このように、取得後のキャリアを考える際にも3つの資格を取得しておくメリットがあります。

 

学習期間は変わらず6ヶ月

3資格が同時に取得ができる諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座ですが、とはいえ取得までに3倍の期間がかかってしまっては意味がありません。通常6ヶ月で学ぶカラーセラピー講座ですが、3資格取得のために1年半かかるようでは、同時取得のメリットはありません。

 

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座では、それぞれの資格で共通する知識を一度で学べるオリジナル教材となっており、徹底的に無駄を省くことで、従来と同じく半年の期間で3資格取得に必要な内容を学べるカリキュラムとなっています。

 

3資格分学ぶので計画性が大切

3資格を同時にまとめて取得するには、1資格のみを取得するための学習以上に計画性が重要になってきます。学習範囲も広くなりますし、資格ごとにそれぞれの特徴を学ぶ必要もあります。

 

しかし、諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー資格は、プロが監修したオリジナル教材を使用しており、3資格に共通する知識など重複する項目などは最初からまとめて学べる工夫がされています。

 

課題の数は変わらず全部で6回

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座では、カリキュラムの中で5回の添削課題と1回の卒業課題の計6つの課題提出があります。課題は各カリキュラムごとに設定されており、そのカリキュラムを正確に理解しているかのチェックを行います。

 

この課題に対しては専属の講師が個人に合わせてどのように伝えればより深いが得られるかを考え指導してくださるため、自分がどこが苦手でどのポイントを理解すればいいのか、そのために必要な対策は何か、ということがしっかり把握できます。

 

在宅受講ができる通信講座の弱点としては、目の前に講師がいないため質問ができず、1人でずっと悩まなければならなくなる懸念がある点です。それも諒設計アーキテクトラーニングであれば、添削課題でカリキュラムごとに細かくチェックしてもらうことができるので安心です。

 

また、受講者専用ページや付属の質問シートを用いて専属講師に質問をすることも可能です。この質問は回数無制限となっているためわからないことがあれば都度質問をし、悩みを解消できるため受講者からも喜ばれています。

 

試験免除なので試験は3回もない

また、卒業課題においても、本来であれば各資格の主催協会に申請をして試験を受ける必要があり

3つの資格を取るためには3回試験課題の提出が求められます。

 

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座のスペシャル講座を受講すれば一度の卒業課題提出だけでよく、卒業課題で70%の合格ラインを越えれば、その時点で3資格の取得ができます。このように、1つの講座で3つの資格を同時取得できるのは諒設計だけの特徴となっております。

 

カラーセラピー資格の難易度・難しさ

カラーセラピー資格の取得を考えている方の中には、資格の難易度がどの程度か、初心者でも資格取得は可能なのか、という不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。実際にカラーセラピー資格を学んでいく上で重要なポイントに触れながら、その難しさや難易度について見ていきましょう。

 

色の学びはセンスが必要かも

カラーセラピー資格を取得する上で必要な受験資格や規定は特にありませんが、強いていうのであれば、色を感じるセンスは必要になってくるかもしれません。カラーセラピー資格は色を扱うため、学習内容に多くの色が出てきます。また、それぞれの色には意味や効果があり、それを効果的に使うための知識も必要とされます。

 

そのため、似通った色を見極める力であったり、色から意味を感じ取るセンスが求められることもあります。 ただ、色のセンスは日常生活から多くの色に触れる機会を作ることで養うことができる力でもあります。

 

色の違いを知り、多くの色に触れることで、自然と色の違いやバランスのいい配色などが自然と身につくものです。

 

そのためには、例えば花屋さんに通い家の中に様々な色の花を置く習慣をつけたり、普段着る服から今までの服より少しカラフルなものを取り入れたり、美術館に行って絵画を見る習慣をつけるなど、小さな積み重ねで色を選ぶセンスは養えます。自信がない方は、そのように少しづつで構いませんので、生活に色を取り入れて見てはいかがでしょうか。

 

初心者でも学べるカリキュラムにはなっている

諒設計アーキテクトラーニングは完全な初心者から始められることをテーマに運営している資格専門スクールです。そのため、どの講座であっても教材は初心者から学ぶことをイメージしてプロが監修して作られたものになっています。

 

また、先述の通り、受講生専用の質問ページを設置していたり、付属の質問シートを用いて直接専任講師に質問をすることもでき、個別で対応できるので、初心者でも一から学ぶことができます。 ただ、カラーセラピー講座を受講したからといっても、もちろん申し込みをしただけでは資格は取得できません。

 

教材を利用し、カリキュラムを着実にこなすことでしか、知識は身につきませんし資格が取得できるようにもなりません。当たり前の話ですが、自分自身が目標を達成するために必要な学習をすることが大前提として必要になります。その努力に対しての全力のサポートを諒設計アーキテクトラーニングでは行なっています。

 

カラーコーディネーター2級と3級の間くらい

具体的にカラーセラピー資格がどれくらいの合格率なのかは公表されておりませんが、だいたいカラーコーディネーター資格の2級と3級の間くらいの難易度といわれています。カラーコーディネーター資格の2級・3級それぞれの2018年の合格率は、2級:40.7%、3級が64.2%となっています。

 

2017年では、2級:45.4%、3級:73.2%となっています。この間の難易度ですので、およそ60%くらいの合格率だと推定できます。 カラーセラピー資格の難しい点は、内容の範囲が広いことです。心理学や色彩効果などの幅広い分野を学び身につける必要がある為、そこが一番の資格取得における難関ポイントと言えるでしょう。

 

ただ幅は広くとも継続してコツコツと学んでいけば無理のある量ではない為、やはり継続した学習を行えばそこまで難しい内容ではないでしょう。

 

在宅受講できるので育児中でも学べる

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座この一番大きな特徴は、完全在宅受講で学べる点です。資料の請求から、申し込み、卒業課題、資格取得まで、全て在宅で完結することが可能です。

 

インターネットにつながる環境があればパソコンでもスマホでも受講できるカリキュラムになっている為、生活スタイルを崩すことなく受講できる為、幅広い受講生に親しまれています。

 

赤ちゃんのお世話があっても学べる仕組み

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座であれば、自宅にいながら学べる為赤ちゃんのお世話に追われているお母様でも無理なく学ぶことができます。カラーセラピー講座を受講される方の中には、現在育児中のお母様や、産休で会社を休んでいる間に資格取得を目指されるという方も多くいます。

 

しかし、多くの専門学校では子供を連れての受講は難しいですし、ベビールームや託児所を併設している専門学校も非常に少なく、身近に見つからない、という方も多いでしょう。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは、そういったお忙しい方でも資格取得ができるよう、在宅で完結できることにこだわりオンライン環境があれば受講でき、支払いすらもクレジットカードを使えば家を出る必要がない受講スタイルを確立しました。

 

1日5分からでも学べるカリキュラム

諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座は、日々の仕事で忙しく、講座受講をためらっていたビジネスマンの方や、子育てや家事などでまとまった時間を取れなかった主婦の方におすすめの内容となっています。

 

カリキュラムを細かく分けることで、1つの項目を学ぶ時間を極力短く設定しており、最短5分から学べる内容にしております。その為、普段は仕事で忙しいビジネスマンや、家事に追われる主婦の方でも、移動時間や通勤時間、料理の間などで学べる内容となっています。

 

さらに、テキストもカリキュラムごとに小分けにしている為、普段から持ち歩きやすく荷物にもなりにくい大きさにしており、ふとしたスキマ時間にサッとテキストを取り出しパッと学習することも可能です。このように、細部にまでこだわり、学びやすさという点で様々な工夫をこらしています。

 

3資格でも6ヶ月あればきっとクリアできる

在宅で受講でき、内容も小分けすることで誰でも学びやすいカリキュラムにこだわった諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー資格では、半年で3つの資格が同時に取得できます。従来であればカラーセラピー資格を取得する為の学習期間は約6ヶ月かかるといわれています。

 

これを別々に学習し、都度試験に挑むとすると、単純計算で3つの資格を取るために1年半はかかる計算となります。また、効率よく勉強をできたとしても、試験はそれぞれ2ヶ月に1度のペースで行われているため、3回の試験を受けるために、受験だけで5ヶ月、学習期間を含めれば約11ヶ月はかかる計算となります。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは、3つの資格を主催する協会から認可を受けているため、一度で3資格の取得ができ、時間を無駄にすることもありません。資格取得を目指される方のほとんどが、取得後に活用されるために学ばれると思いますが、可能な限り短い期間での資格取得を望まれている方が多いでしょう。

 

最短で取得するための後押しとして効率的なカリキュラムを提供しています。

 

がんばる女性や学びたいあなたの思いを叶える資格講座

諒設計アーキテクトラーニングでは、学びやすさやどこにいても好きな時間に学べることに重きを置いてカリキュラムや受講システムを設計しています。それは家事や育児、仕事と多忙の中でもがんばる女性や、忙しくてもスキルアップをしたいという方々の気持ちに応えサポートしたいという思いからです。

 

そのために諒設計アーキテクトラーニングでは、テキストの監修からプロと共に進め、カリキュラムの設計も改善を繰り返しています。通信講座でどうしても弱点となってしまう個別質問に関しても無制限で質問を受け付け、受講生専用の質問ページを設けたり、質問シートの積極的な利用を促しています。

 

どのようにしたら学びやすいか、通信講座でも一人一人の課題に応えられるか、といったことを日々考え最良の学習サポートができるように努力しています。

 

最初の一歩は諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー資格から

資格取得やそれに向けた講座受講をされる方々の目的はそれぞれ違います。しかし、今よりも生活を豊かにしたい、仕事に役立てたい、という思いは誰もが共通している点です。その最初の一歩を全力で応援するのが諒設計アーキテクトラーニングのカラーセラピー講座です。

 

カラーセラピー講座に少しでも興味を持たれた方、カリキュラムの内容を詳しく知りたい方は、諒設計アーキテクトラーニングのHPで資料請求してみてください。無料の資料請求は24時間オンラインで申請いただけます。

 

資料請求に際しては、名前や住所、連絡先を記入するだけで面倒な登録は必要なく、約1~2分で完了しますので、忙しい方のお手間は取らせません。諒設計アーキテクトラーニングと共に最初の一歩を踏み出しましょう。